レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
無限の可能性
0320Crose.jpg
 
先月から、riccaさん主催のレイキ練習会星の会に参加しています。
 
風の城のこかげの会で、みなさまとても楽しそうにレイキに向き合われ、真摯にご自身への取り組みをしていらっしゃるご様子を拝見して、わたしも同じような練習会に参加したいと思ったのです。もちろん、自分のエネルギーメンテナンスにもなりますしね^^。
 
今回もまた、楽しく豊かな時間を過ごさせていただきました。
 
昨年末に、riccaさんにヒーリングを受けた時に出た頭部の痛みが、先月の星の会でも顕在化しました。それは、自己レイキでは浮いてきたことがなかった違和感だったので、この問題が溶解するにはまだまだ時間がかかると思っていたのですが、先々週の月曜の夜に自宅で再現されました。
 
ちょうど夕食の準備時だったので、すこしソファで横になって頭部へのレイキをすると、よくもまぁこんなに冷たいものを頭のなかに押し込めていたものだなぁと驚愕するほどの冷えが出てきました。しばらくして落ち着いたのでそのあとは日常に戻ったのですが、それから数日はその問題に自己レイキでアプローチし、かなりの時間を費やしました。
 
結果、先だって、公園で独自のワークをしている時に、その問題の個所(左頭部)から左半身に抜ける気の流れが活性化(あるいは再生)されたことが体感できました。
 
そして今回、星の会で1時間、マスターを含めてお二人からレイキをしてもらいましたが、あの痛みは再現されることはなく、わたしの頭部を担当していたriccaマスターからは、「芯のあるようなあの冷えがなくなったね~」という言葉が出ました。
 
この日は、レイキを受けている心地よさにただただ包まれて、こういう時間を自分に与えることの必要性をしみじみ感じていました。
 
そして、春にむけての体の動きでガタガタしていたエネルギーが全体的に調整されて(この時のわたしの体の動きは相当おもしろかったようです^^;)、心身の爽快さを感じるとともに喜びと希望に満ちた本来の自分のエネルギーを感じることができました。
 
おもしろいなと思ったのは、その時に浮かんだイメージ。
 
そこは、ふわふわの雲の上。白い服を着た大柄の男性の神様がいて、まわりにはたくさんの天使たちがいる・・・。
 
自分のイメージで、「男性の神様」というシンボルが浮かぶのが珍しく、ここ最近のわたしの一連の変化を反映しているのかなと思いました。
 
レイキへの可能性は無限。つまり、自分自身への可能性は無限なのだということを改めて教えてもらった星の会でした。
 


 
【2012/03/24 20:28】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
「教える」ということ
0226.jpg
 
教えるとは、ものごとの「こころ」を伝えることだと思います。
 
ところが、残念なことに、その「こころ」がいつの間にかどこかに置き忘れられ、ただ伝え聞いている「形」だけになってしまっている・・・そういう「レイキ」がかなりの数に上るようなのです。
 
レイキは目には見えません。だからこそ、レイキを伝える人は、それを自分でしっかり実践して、その効果や素晴らしさを自らの体験として語っていく姿勢が求められます。
 
それが、ものごとの「こころ」を伝えるということだと、わたしは思っています。
 
レイキの本質をきちんと伝えていくことのできるマスターを、わたし自身も育ていく必要があるのだと、ようやく気がつきました。
 
それは、わたしにとって、新しい一つの覚悟なのかもしれません。
 
ということで、風の城のマステーディグリーコースの内容をより具体的にアップしてみました。将来はレイキマスターを目指したい!というかた、ぜひご覧になってみてくださいね。
 
風の城マスターディグリーについて
 
レベル1からしっかりじっくりステップアップしていただき、レイキを教える人ご自身が「レイキ」そのものをどれだけ体験し理解しているかはとても大切です。そして、その道に終わりはありません。
 
教えることは学び続けることでもあります。ともに、レイキを研鑽できるお仲間としても、風の城のマスター受講を目指される方、お待ちしていますよ! 
 
また、すでに別のところでマスター(あるいはティーチャー)をとったものの今一しっくり来ない、レイキを生かせていないという方も大歓迎です。その場合も、ぜひ、あらためて風の城のレベル1からご体験してみてくださいね。きっと、レイキを教えていく上でお役にたつことがあると思います。 

【2012/03/04 18:29】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
りんじの練習会~こかげの会もどき~
cake0121.jpg
 
いつもは、木曜日のお楽しみ、「こかげの会」なのですが、今日は、3名の方に風の城におこしいただき、こかげの会、もどきの練習会となりました。
 
いつものこかげの会では、60分ずつレイキをする体験と受ける体験をしていただくのですが、今日は、お一人様40分レイキをご体験いただき、レイキをする体験は80分という配分となりました。
 
平日の「こかげの会」にはなかなか参加できない方のために、休日開催とする場合、せっかくなのでお一人さまでも多くご参加いただきたいなと想い、今回初めて3名での「こかげの会」もどきを開催してみたわけです。
 
実際、行ってみてみると、このバランスもなかなか気に入りました^^。
 
お一人あたりレイキを受ける時間は短くなりますが、頭、胴部、脚、とそれぞれ一人ずつ受け持つことができるので時間が短い分はカバーできますし、担当エリアで他の人を気にせずにじっくりヒビキをとることもできます。また、40分でも「じっくりレイキを受ける」という範疇としてOKだろうと、わたしなりに納得できました。
 
わたしが開催する練習会の意図として、レイキ実践者こそが「レイキを受ける体験」をしっかりして、レイキの効果を体感していってほしいという目的もあるので、ご参加いただける方を3人にするというのは、ちょっとチャレンジだったわけです。
  
そして今日の練習後のティータイムには、Kaoruお手製のチーズケーキをご用意させていただきました。とても良いクリームチーズが手に入ったので、前の晩に丹精込めて焼き上げたのです。
 
・・・と、ブログを綴っていると、今日ご参加いただいたKさんから嬉しいメールをいただきました。
 
今日も、素敵な時間を有難うございました。

今回の練習会は、私にとって自我の気づき【怒り】と皆さんから流していただいたレイキが見事にひとつになった感覚の【調和】でした。

私に伝わってきたレイキは今回は優しく甘い感じがしました。3人の方々にある優しさをキャッチ出来たこと、嬉しかったです。

チーズケーキも優しい甘さで最高でした。
ご馳走様でした。

 
Kさん、ありがとうございます。
こうして、それぞれに、何かしら気づきをお持ち帰りいただけるのはとてもうれしいです。
 
今回も、レイキをたくさんして、おはなしもたくさんして、楽しい楽しい練習会でした。みなさん、ほんとうにありがとう!!!
  
【2012/01/21 22:55】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
レイキスクール選びは大事!
11262.jpg
 
これからレイキを学ぼうとする方にとって、スクール選びはとても大切です。
 
レイキには、いろんな系統があり、それぞれが独自の活動をしています。影響力のある大きな団体というのもなく、公認というものもありません。
 
その自由さこそが、レイキの大きな魅力でもあるのですが、結果として、「レイキを伝える(教える)」という方法に関しても、実にさまざまなスタイルが生まれました。お伝えする内容、アチューンメントの仕方もいろいろです。そこには、マスターのレイキに対する理解、活用の仕方、レイキで何を伝えていきたいかということがそのまま反映されています。 
 
ときどき耳にするのは、とにかくアチューンメントは受けたものの、レイキに対する説明や実習が十分でなく、せっかくレイキを習っても、暮らしの中でレイキを生かして行けていないというお話です。

ですから、レイキスクールを探す時には、それぞれの講座の特性や、どんなマスターなのかを事前に確認しておくことを強くお勧めします。
 
風の城では、レベル1を受けたあと、個人のレイキの実践状況に応じて順次レベル2、レベル3へとステップアップしていただくスタイルでレイキをお伝えしています。
 
それぞれの講座の中身も、アチューンメントだけでなく、「実習」を大切にしています。レベル1では手をあてること、レベル2ではシンボル・マントラの使い方、遠隔の仕方、レベル3では直観力を高めるワーク、レイキを使った瞑想などです。そして、わたし自身の体験談も踏まえながら、レイキって役に立つだけじゃなくて、楽しくて面白いものなんだな~という側面にも光をあててお伝えしています。
 
アチューンメントでできることはありますが、何よりも個人の実践がレイキの理解に不可欠だとわたしは思っています。ですから、アフタフォローとして、レイキの実践の場(交流会や練習会など)を提供させていただくことも、わたしにとってはとても重要なのです。
 
レイキは、実践をともなって初めてわかることがたくさんあります。実際に習ったことを、自分でも実践してみて、「たしかにこうだな」「これがレイキの感覚なんだな」という体験がとても大切です。
 
その体験なくして先に進むことは、多くの人にとって、結局「レイキはよくわからないもの」となってしまう可能性が高くなります。事実、そういう体験をなさってきた方のお話をよく耳にします。
 
ですから、レイキを習ってみようと思う方は、どんな人がレイキを教えているのか、その人は何を伝えようとしているのかということを、HPやブログなどその人が発信している情報をつかまえて、感じてみていただきたいのです。 
 
気があいそうだな。この人に会ってみたいな。共感できるな・・・。
 
そう感じた時には、そのスクールの練習会に参加してみたり、マスターのヒーリングを受けてみたりして、事前に確認してみるのも良いでしょう。
 
ちなみに、わたし自身は、2度レイキを習いましたが、事前に交流会に参加して、マスターがどんな人なのかということはちゃんとチェックしましたよ^^。
  
せっかくレイキに興味を持ってくださった方が、できるだけ、「レイキを習ってよかった!!!」と思えるようこの記事を綴らせていただきました。
 
みなさまが、ご自身にぴったりのレイキマスターに出会われるよう心より願っています。
 
それこそが、レイキの明るい未来ですから!!!
 
【2012/01/16 08:04】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
こころ磨き
1031minamo.jpg
 
こころは鏡。
みがいて、みがいて、みがきあげてこそ、映し出される真実がある。
わたしは、その心で見たいものを見たいと思っている。
 

 
何事においてもそうなのだと思いますが、結局のところ、一番大切なのは「こころの在りよう」だと思います。
 
日々、レイキとともにあることで、わたしはそのことを教えられます。
 
手をあてた時。ヒビキの感覚が進化していると思うことがあります。
 
そんな時は、たいてい、一つの課題をクリアし、こころが一段磨かれた状態の直後におこります。


それは、死ぬまで終わりのない「こころ磨き」の旅です。わたしは、それが面白くて仕方がありません。だって、磨き上げた心には、微細な情報がくっきりと映し出されるのですから。
 
もちろん、人間ですから、日々いろいろなことを想います。どんなことを考えても、思ってもいいのです。そのことで、自分を判断せず、「あ、いま、自分はこう思ったんだな」「こう感じたんだな」と認めた後は、青空を流れていく浮雲のように心の空から手放してしまえば良いのです。
 
そうして、人さまに手を当てさせていただく時には、できるだけ澄んだ心で臨むこと。そして、ただヒビキの感覚に耳を澄ませる。
 
その積み重ねが、人としても、レイキマスターとしても、わたしを成長させてくれます。
 
【2012/01/13 20:17】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。