レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ホリスティック医療
Reikiサロン&スクール
    ~風の城~  
 
先日、産経新聞の「ホリスティック医療」(2008/7/9)という記事の中で、レイキに関する記述を見つけました。それは横浜のとある病院のホリスティック医療への取り組みに関する内容で、ホメオパシー、バイオレゾナンス、気功や経絡刺激といった療法とともに、「日本生まれでハワイで発展したレイキ」という形で紹介されていました。
この病院では自由診療ではありますが、こうした療法を積極的に取り入れ、西洋医学だけではもはや解決できない症状に対応しているそうです。
  
ホリスティック治療では帯津三敬病院が有名ですが、わたしの身近なところでもこうした病院が現れたのは頼もしい限りです。西洋医学だけでは限界を感じる今、レイキなどの代替療法を含めた統合的な医療への発展を期待したいです。
  
ただ、レイキの実践を通じて感じることは、病気に至る前の早めの対応が大切だということです。「病気」になる前から、わたしたちの身体は強烈なサインを発しています。レイキの場合「ひびき」としてその情報を主に手の平でキャッチしますが、これは、ちょっと疲れた・・・という程度から非常によく感じられます。この段階でこまめにレイキをしておけば、病気に至らずに済みます。
   
予防的に家庭の中でレイキを実践していけば、医療費も抑えられ家族間の良いコミュニケーションにもなります。レイキには様々な魅力がありますが、家庭の中で生かしてこそその特性が存分に発揮されるのではないかと思います。
【2008/07/11 09:21】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
<<夏の便り | ホーム | サイン>>
コメント
帯津先生の粗食のすすめという本を読んでホリスティック医療について知りました。
最近では、西洋医学の先生でも積極的に代替療法や断食をすすめている治療の一環として上手に取り入れている先生が増えていますよね☆自力整体と同じ、できれば病名がつくまえに体の不快感をそのままにしないで、自分の管理に目覚めてくれる方が増えると嬉しいですよね♪
【2008/07/12 15:46】 URL | ゆっこ #-[ 編集]
ほんとうにそうですね!
文明の発達が皮肉にもわたしたち
人間の感性を奪ってしまったのかもしれません。まわりに惑わされず、シンプルに
自分の感覚を頼りに
生きていきたいですねv-22
【2008/07/12 20:46】 URL | kaoru #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/88-562f1eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。