レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アラン夫人の言葉
1226.jpg


クリスマスも終わり、今年も残すところわずかとなりましたね。ここのところ、すっかりと冷え込むようになり、体にこたえることといったら!!!冷え取り用の絹の靴下を取り寄せてしまいました。どうぞ、みなさまもくれぐれもお体を冷やさないように、ご自愛くださいね。


今年は奮発して生のモミの木で作ったクリスマスリース。まだまだ緑は元気。さすが、ever greenと言われるだけありますね。せっかくなので、オーナメントを変えてお正月飾りとしてそのまま生かすことにしました。


さて、このところたびたび話題にしている赤毛のアンですが、今日は、アラン婦人のことばをご紹介させていただきますね。(Gyaoストアで購入してみています)


アラン夫人は、村の教会の牧師夫人で、何かとアンの良き相談相手として登場します。


クィーン学院を卒業と同時に、レドモンド大学入学の権利と奨学金を得たアンは、自分の夢の実現のために年老いたマシューとマリラを残して4年間もグリーンゲイブルズを離れることに心を痛めていて、その胸の内をアラン夫人に打ち明けます。(第46話 「マシューの愛」より)


そんなアンに投げかけたアラン夫人のことばです。


「アン。人間は苦しいからと言って、悩みを切り捨てる訳にはいかないのよ。それが人間の良心というものなの。あなたがそういう悩みを抱えていることを、わたしはとても嬉しく思いますよ。良い大学に入れたからといって得意になっているだけでは、人間として駄目ですものね。」


この前置きのあとのことばに、わたしは痺れました。思わず涙しましたね。


「人生というものは、割りきれなくていいのよ、アン。


いいえ、割り切れてしまってはならないの」



その言葉を聞いたアンは、「わたし甘えていたんですわ」と、ひとつのひらめきを得たようなまなざしでアラン夫人にこたえます。


いや~。ミセスアランはすばらしいカウンセラーですね。ありのままのその人をまず受け入れて、それでいて、悩める人の心の視点をちょっと違う方向に向けてあげるような言葉を投げかける。


すてきですよね。アンがミセスアランにあこがれて、こうして胸の内を素直に語る気持ちが本当によくわかります。


そして・・・。

わたしも、そんな女性になりたいと思うから、アンと同様、ミセスアランのイメージとをしっかりインプットしておきますよ。


この年の瀬は、あと数話になった「赤毛のアン」とともにすごし、新しい歳を、大人になったアンの気分で迎えたいなと思っています。


みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいね





【2012/12/26 18:32】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
<<はじまり☆ | ホーム | アンとダイアナ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/666-781662b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。