レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
フィンドホーンの花
フィンドホーンの花フィンドホーンの花
(1994/11)
アイリーン キャディ

商品詳細を見る



この妖精の世界を思わせる装丁の本と初めてであったのは、もう何年も前。突然の意識の目覚めがもたらした自身への変化が何なのかを知りたくて、図書館で精神世界や心理学系の本を読みあさっているころでした。


当時は、綺麗な本だなと思って手にとってパラパラと中を見るのものの、決まって本棚に返すということを何度も繰り返していました。無自覚に、当時のわたしにはまだタイミングでないことを知っていたのですね。


その本に、ひょんな流れから出会ったのが数日前。ネットで調べ物をしていた時に、フィンドホーン関連のサイトに導かれ、この本のことを思い出したのです。


「今だ!」と思いさっそくアマゾンでお取り寄せ。今は、時間があればこの本とともに居ます。


著者のアイリーンのようには劇的ではないにせよ、自分の体験と重なるところも多く、深い共感とともに読み進めています。


そして今。こんな時間にブログを綴っているのは、お風呂に入る前に少しだけ・・・と思って読み進めていたくだりで、痛く感動してしまったから。


愛を持って互いの生き方の違いを理解し尊重することの大切さを、著者アイリーンのエピソードから感じとった時、ハートの奥底が緩み、こみあげる温かなものと一緒に、わたしを頑なに縛り付けていたものが一瞬にして溶けていきました。


この本を読み進めるにつれ、いつのまにか大事なことをおざなりにしていたなぁと反省しつつ、もう一度、その光と一緒に生きていきたい。そして、もう、今度は見失わない。そんな決心がどんどん固まっていく中での出来事でした。


本当は、読み終わってからこの本から得た体験を綴らせていただこうと思っていたのですが・・・・。根がおしゃべりなわたしはがまんできない(笑)


さらなる感動が待っているかもしれないのにね!
【2012/07/16 23:22】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
<<フィンドホーンの花~その2~ | ホーム | 積み木の森>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/619-da97f05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。