レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
叱る
juria0514.jpg


Reiちゃん母子と一緒に、屋外に設置する木製のベンチを組み立てていました。
 
DIYなんてまったくしないわたしたち。説明書をみながらも慣れない手つきでネジやボルトと格闘することしばらく。
 
無事にこんなベンチができました~☆

isu.jpg


さっそくティタイムをたのしむわたしたち。お気に入りのパン屋さんのマフィンと紅茶と。もちろん、風もごちそうですね。ここは二階なので、街路樹やご近所さんの緑の眺めもまた良いのです。空も広いしね^^。
 
Reiちゃん宅にお邪魔するたのしみが、またひとつ増えましたね^^。
 
ところでReiちゃんといえば、早いもので来月で3才になります。「おおきくなったね~」と声をかけると、「おっきくなってないの!」と必ず答えるReiちゃん。言葉のコミュニケーションがかなりできるようになってきました。
 
写真の白いベンチを組み立て中、こんなことがありました。
 
何事にも好奇心旺盛なお年頃。わたしたちが、ああでもないこうでもないとベンチを組み立てている最中にも「Reiちゃんもやる~」とやる気満々。ネジやボルトを触ってみたり、組み立て中のベンチを一緒に支えようとしてくれたり、小さいなりに一生懸命。
 
でも、わたしたちも慣れないDIYに少々よゆうがなくて。ちょっぴり置いてきぼりな気分にさせてしまったのかもしれません。
 
突然、Reiちゃんが大きな金属のパーツをベンチに向かって投げつけました。
 
わたしはそれを見た瞬間、これは見逃せないなと思いました。というよりは、頭で考えるより早く体の方が、この事態の重さに反応したといった方が近いかもしれません。
 
とっさに、「いまね、イスが痛いって言ったよ。Reiちゃんだってこんな風にされたら痛いでしょう?イスにもこころがあるんだよ。」 
 
こういう時って、自然に腹から声が出るものなのですね。いつもよりあえて語気を強め、ゆっくりと厳しい調子で伝えているわたしがいました。 


子育てをしたことがないわたしにとって、小さい子供を叱るという体験は初めて。自分からこういう言葉と態度が出てくるということにちょっと驚きました。
 
そのあと、どの位時間がたったでしょう。ふと、「ちゃんと、イスさんにあやまった?」と尋ねてみました。すると、照れくさそうに小さな声であやまった後に、「いたいのいたいの飛んでけ~」と、自分が金属でぶつけてしまったところを撫でながら、イスを気づかっていました。


いつもはパパやママに自分がしてもらっていることを、イスにもしてあげたんだね。


こどもの柔軟なこころに感動した瞬間でした。


また、わたし自身、「叱る」ということを覚えた体験でもありました。


そしていま。こころをこめて叱ったその瞬間の感覚が忘れられなくて、なんどもなんども思いだしてしまいます。なんだかね。とても温かくてそして懐かしい感じがするのです。 


こういう、こころとこころのやりとりを、わたし自身、長い間希求していたのかもしれない・・・。


ふふふ^^。またひとつ心の扉が開きましたね~☆


冒頭の写真は、今年我が家の南側の軒下で咲いてくれたバラたちです。 
【2012/05/18 23:45】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゆたかさ | ホーム | 花に託す>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/599-0082cc39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。