レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
レイキスクール選びは大事!
11262.jpg
 
これからレイキを学ぼうとする方にとって、スクール選びはとても大切です。
 
レイキには、いろんな系統があり、それぞれが独自の活動をしています。影響力のある大きな団体というのもなく、公認というものもありません。
 
その自由さこそが、レイキの大きな魅力でもあるのですが、結果として、「レイキを伝える(教える)」という方法に関しても、実にさまざまなスタイルが生まれました。お伝えする内容、アチューンメントの仕方もいろいろです。そこには、マスターのレイキに対する理解、活用の仕方、レイキで何を伝えていきたいかということがそのまま反映されています。 
 
ときどき耳にするのは、とにかくアチューンメントは受けたものの、レイキに対する説明や実習が十分でなく、せっかくレイキを習っても、暮らしの中でレイキを生かして行けていないというお話です。

ですから、レイキスクールを探す時には、それぞれの講座の特性や、どんなマスターなのかを事前に確認しておくことを強くお勧めします。
 
風の城では、レベル1を受けたあと、個人のレイキの実践状況に応じて順次レベル2、レベル3へとステップアップしていただくスタイルでレイキをお伝えしています。
 
それぞれの講座の中身も、アチューンメントだけでなく、「実習」を大切にしています。レベル1では手をあてること、レベル2ではシンボル・マントラの使い方、遠隔の仕方、レベル3では直観力を高めるワーク、レイキを使った瞑想などです。そして、わたし自身の体験談も踏まえながら、レイキって役に立つだけじゃなくて、楽しくて面白いものなんだな~という側面にも光をあててお伝えしています。
 
アチューンメントでできることはありますが、何よりも個人の実践がレイキの理解に不可欠だとわたしは思っています。ですから、アフタフォローとして、レイキの実践の場(交流会や練習会など)を提供させていただくことも、わたしにとってはとても重要なのです。
 
レイキは、実践をともなって初めてわかることがたくさんあります。実際に習ったことを、自分でも実践してみて、「たしかにこうだな」「これがレイキの感覚なんだな」という体験がとても大切です。
 
その体験なくして先に進むことは、多くの人にとって、結局「レイキはよくわからないもの」となってしまう可能性が高くなります。事実、そういう体験をなさってきた方のお話をよく耳にします。
 
ですから、レイキを習ってみようと思う方は、どんな人がレイキを教えているのか、その人は何を伝えようとしているのかということを、HPやブログなどその人が発信している情報をつかまえて、感じてみていただきたいのです。 
 
気があいそうだな。この人に会ってみたいな。共感できるな・・・。
 
そう感じた時には、そのスクールの練習会に参加してみたり、マスターのヒーリングを受けてみたりして、事前に確認してみるのも良いでしょう。
 
ちなみに、わたし自身は、2度レイキを習いましたが、事前に交流会に参加して、マスターがどんな人なのかということはちゃんとチェックしましたよ^^。
  
せっかくレイキに興味を持ってくださった方が、できるだけ、「レイキを習ってよかった!!!」と思えるようこの記事を綴らせていただきました。
 
みなさまが、ご自身にぴったりのレイキマスターに出会われるよう心より願っています。
 
それこそが、レイキの明るい未来ですから!!!
 
【2012/01/16 08:04】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<りんじの練習会~こかげの会もどき~ | ホーム | こころ磨き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/568-4e4bea56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。