レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
エネルギーの世界
midori-hikari.jpg


ひさしぶりにゆっこ先生の自力整体教室に参加してきました。


太極拳のクラスに毎週参加するようになり、日程の関係で自力整体教室への参加を見送っていたのですが、今週は、思いがけずお休みとなった太極拳クラス。そこで、チャンスとばかりに自力整体教室に参加してきました。


久しぶりの参加ということもあり、わたしには馴染みのない動きも多かったのですが、慣れない動きにこそ、新たに調整されうるエネルギーラインとの出会いがあります。この日は、うつ伏せで腰を調整する動きなど、日常の生活で取り入れていきたいと思う動きがありました。体がその刺激を要求していうということなのでしょうね。


青空のもとで太極拳を十分に行うと、さすがに自己レイキや自力整体をしたいと要求が格段に減ります。わたしの場合は、太極拳でエネルギーラインが活性化され強化される時、軽い筋肉痛のような症状や体への違和感が生じます。そんな時は、あき時間を利用してその部分へレイキをしたりします。そんな時、「レイキの手」があると、エネルギーの変化から、体が確かに調整されているということがよくわかるのでとても面白いです。


また、太極拳で体を動かしていると、自分の弱点もよくわかるので、余裕がある時には、就寝前にその部分の経絡をほぐすような自力整体を軽く行っています。


太極拳を始めた直後は、大腸と肺のラインがものすごく活性化されました。そして、今は、胆の経絡が太極拳により強化されていると感じています。そして、エネルギーラインを感じながら動くという太極拳の動作を通じて、スタミナや滑らかな動きなど運動系の能力は胆の経絡の状態が大きくかかわっていることを実感しています。遠藤先生の本にも「肝・胆経は全身の筋、および関節を司っている」という記述があります。


太極拳を初めてすぐに、ここまで効果を実感できるのは、すでにレイキの実践で、エネルギーに対する感覚が豊かになっていたことも大きいでしょう。


レイキというのは、最初はまず「手をあてる」ということから始めてみて、そこに、「こうしなければならない」という規則は何もありません。あまりのシンプルさに、複雑で知的なことに慣れている現代人にとっては、こんな簡単なことで何ができるというのか!と最初はばかげているとさえ思えるかもしれません。


しかし、そこにレイキの本質があるのです。実践を重ねて行くと、ただ「手を当てる」ということを通して、エネルギーとはわたしたちの内と外にあまねく存在しているということが分かります。それはイメージする必要もなく、ただそこに在るものです。そして、ヒビキとは、そのエネルギーの状態を感じ取るほんの入り口なのだということが理解できてきます。


レイキは誰にでもできるものです。しかし、「手をあてる」実践を積み重ねてこそ分かるエネルギーの世界というものがあります。


太極拳という新たなエネルギーワークに取り組むことによって、レイキの素晴らしさを改めて認識している今日この頃です。
【2010/11/05 08:57】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<子どもへの遠隔 | ホーム | Eteranal Truth>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/413-38b503b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。