レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人の治癒力
rose0526.jpg


昨日の夜でした。寝床に入って添い寝しながらhshimaへのレイキを始めたところ、思いがけず長丁場になりました。


腰は腎臓ともかかわりが深く健康の要です。普段のお手入れ次第で健康の質がアップします。このところ調子がよさそうなhshimaでしたが、腰だけはレイキをしておこうと手を当て始めました。すると、腰のヒビキとしては穏やかなのですが(レイキを始めた数年前を比べるとエネルギーの質がずいぶん滑らかで暖かくなりました)、レイキをしている間に、胸が冷えている感じと、左の耳の奥、目、左の股関節に違和感が出てきました。


hshimaが寝ている状態なので、レイキをするポジションには制限が出てきます。そこで、ある程度腰が落ち着いた段階で、片手を頸椎に、もう一方の手を左肩に乗せてレイキをしました。(hshimaは私に背を向けて右側を下にして眠っています)


しばらくすると肩のあたりの筋肉がピクリピクリと動いてヒビキが治まったので、今度は、胸に手を載せました。なるべくhshimaの呼吸を邪魔しないよう手の圧力には十分注意します。胸は、会社で何か嫌なことでもあったのかな・・・と思うほど、ヒビキが治まるのに時間がかかりました。そのあと、左耳にレイキをしましたが、こちらも耳自体が冷えている感じがありました。
 
この夜のレイキでおもしろかったのは、どの場所にレイキをしても、体の内側で何かがピクリピクリと動くということが何度かあった後、ヒビキが治まるという現象でした。おそらく、関係する筋肉だろうと思うのですが、レイキを流すことによって気の流れが回復し、該当する箇所が自分で何か調整をしているという感じでした。
 
レイキをする方は、リラックスして相手の体のヒビキに耳を澄ませながらひたすらレイキをするだけなのですが、その人の体が必要に応じてレイキを使うのだなということがよくわかる出来事でした。人の体とはよくできたものです。


普段から、なるべくこの人の体に備わった自然の治癒力が存分に力を発揮できるような状態であることが望ましいのですが、わたしたちが暮らしている社会や、破たんの兆しさえ見えるこの自然環境の中では、それもままなりません。
 
だからこそ、レイキでエネルギーを補充しながら、自然治癒力がその力を発揮できるよう手助けしていくことが、より健やかに豊かに生きていくための秘訣のひとつではないでしょうか。


レイキのエネルギーは無限です。お金もかかりません。自分に、大切な人に・・・。いますぐ手を当てることを始めましょう。
【2010/05/27 18:45】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<光の海 | ホーム | 詩人たち>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/333-a48d9209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。