レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
母とレイキ
0417bara.jpg


一週間ほど滞在していた母が帰って行きました。


母と過ごした後は、きまって彼女の朗らかな笑い声と温か~い気持ちがいつまでも胸に残ります。


簡単な植え替えや小さな鉢植えなどは自分だけでもできるようになりましたが、ちょっと広い面積になるとガーデニング上級者の母のセンスと経験がどうしても必要になります。今回は、花壇の衣替えと称して、ゆっくりのんびりと母に滞在してもらうことができました。


春の花が終わり、風の城の小さな花壇も夏に衣替え。今回はアフリカンマリーゴールドという珍しい花を見つけました。オリーブの葉影でゆれるそのクリーム色の愛らしいこと!その他にはレースラベンダーやハーブを入れ、爽やかで涼しげな花壇になりました。


普段は離れて暮らしている母ですので、こうして一緒に過ごす時には、必ずレイキをさせてもらいます。母はたいてい夜の10時には床につくので、その時を見計らって、2時間程度毎日レイキをさせてもらいました。時にはこちらも居眠りながら(^^;)、腰や、股関節、足裏など、じっくりレイキをしているといつのまにか12時を過ぎている・・・。そんな毎日でした。
 
連休中に、左足の痛みに苦しんでいた母ですが、まだまだ万全ではありません。車への乗り降りや、立ち上がる時など、左の股関節への痛みがまだまだ辛いようです。
 
それでも、連日レイキをしていると、徐々にエネルギーが活性化されていくのがわかり、時間はかかるけれどもよくなるだろうとわたしは楽観しています。本人にもできるだけ、股関節や腰に手をあてるよう伝えておきました。


今回、いろいろと一緒に行動して気がついたのは、何事にも全力投球で純粋な彼女のエネルギーです。車に乗っていても車窓からみえる風景に感動したり、何かを発見したりと好奇心旺盛な母は、気がつくと、いつも手が体から離れてしまっているのです。 


レイキの実践を重ねて行くと、意識したところにエネルギーが流れて行くものという理解が深まります。手を当てるという行為は、掌から物理的に放射されているレイキを利用することでもありますが、手を当てることによって、自然とエネルギーをその部分に誘導しているという側面もあります。
 
母を見ていると、いつでもその「意識」が興味の対象にむかってまっしぐら・・・。子供のように猪突猛進なところがあるのだなと微笑ましく思いました。と同時に、だからこそレイキのようにぼうっとしてリラックスする時間が、母のような人には必要なのだとも思いました。集中したらその分だけ弛緩が必要です。

岡崎に戻った母から元気な声で電話がありました。「わたしも朝目覚めたらお父さんにレイキをしてみたよ!」
 
いつまで続くか分かりませんが、自分の家ではついつい忙しくしてしまう母が、こちらにきてのんびりゆっくり過ごして、レイキの良さを少しでも持ち帰ってくれたのかなと思うとやっぱり嬉しいですね。


写真は母が来るころちょうど咲いてくれた今年一番のバラです。
【2010/05/24 18:47】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<嬉しい便り | ホーム | 足うら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/329-9be1f282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。