レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
松坂屋本店「桜」の間
わたし達が泊まったのは、「桜」の間。部屋に露天風呂があるタイプのお部屋です。もちろんお部屋のお風呂も源泉掛け流し。この日の箱根は、この冬一番の冷え込みでしたが、寒いのは一瞬。湯船につかってしまえば、頭はすっきりさわやか、身も心もポカポカです。これぞ、露天風呂の醍醐味ですね~^^。

matuzakaya5.jpg
  
奥に見える吹き出し口から、お湯がちょろちょろと流れて来ます。湯船のお湯にしたたち落ちるその音が、なんとも心地良く、水の音が好きなわたしにとって予期せぬギフトでした。わたしが入ったのは翌朝でしたので、入る前に水面の落ち葉を、添え付けの網ですくいました。これもまた自然の風情を味わうようで楽しかったです!(お部屋にはいった直後のお風呂は、写真のように美しく整えられております)足も伸ばすことができてひとりの広さとしては十分。なんとも贅沢なひとときでした。(ちなみにわたしの身長は167センチくらいです)
  
前日の大浴場から数えて三度目の入湯。温泉効果でお肌もツルツル。普通のお湯とは温まり方が違います。まさにお湯に宿る大地のエネルギーをいただいているのですね!
  
matuzakaya3.jpg
  
窓の向こうに中庭が見えます。このお部屋は南に面していたようで、無垢の床に差し込む朝日をも楽しむことができました。お部屋は畳と、主に無垢の床なのですが、この床が本当に気持ち良かった!素足ではなく、靴下をはいていたのですが、それでも、木そのものが発する自然のエネルギーが歩く度に足裏からフワッフワッと入ってくるのです。すっかり「無垢の床」ファンになってしまいました。
   
matuzakaya7.jpg
   
給湯コーナーです。使いやすい急須に感動しました。下の扉を開けると、美しいグラスなどが、籠にしつらえられています。この部分だけ、他の無垢の床とは違う風合いでした。表面が波打っており、それがまた足裏に心地良いのです。
   
matuzakaya4.jpg
  
洗面コーナーです。雑誌などでよく目にするタイプの洗面台ですが、見た目に美しいだけでなく使いやすかったです。歯を磨きながら、「障子っていいな~」としみじみ・・・。
  
matuzakaya6.jpg
  
和室の隣の寝室です。ここでも障子の美しさにうっとり・・・。ほの暗い照明が落ちついた雰囲気を醸し出します。不思議なことにこの夜は、昼間に感動しすぎたせいか、なかなか寝付けませんでした。普段は、眠れないなどということは皆無のわたしが(単純です^^;)、せっかく眠っても2時間ごとに夢から目覚めるという状態。そのせいか夜から朝にかけてあった弱い地震に5回も気がついてしまいました^^;。まさか、箱根の山でこんなに揺られるなんて思ってもいませんでしたよ!(翌朝のニュースで、伊豆沖と栃木が震源の地震が重なったのだと知りました)
   
それでも、木と障子のやさしい風合いに心癒された幸せな一夜でした。部屋のところどころで、昔の床の間など、旧松坂屋を忍ぶ意匠もうまく残されていて、新しい空間のなかにも、古き良き時代が息づいていました。そんなところにも、わたしをホッとさせる何かがあったのかもしれませんね。
 
また、「桜」の間に泊まりたいです!
  
次回は、宿のお食事と箱根の甘味のご紹介です。
  
【2009/12/22 22:12】 | たび | トラックバック(0) | コメント(0)
<<松坂屋本店・夜のお料理 | ホーム | 名湯 松坂屋本店>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/245-862c6b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。