レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
太陽と北風
kouen.jpg
 
一日の終わり。何も考えず、ぼうっと過ごすひととき。気になるところに手を当てながらのんびりお湯につかります。
 
夏の背中を見送りながら秋を感じ、もう暦の上では冬。いつの間にかお湯につかる時間がすっかり長くなりました。日常の意識では気がつかなくても、ちょっとレイキをしてみると意外に体が冷えています。知らず知らずに湯船で過ごす時間が長くなっていたのも納得。体の芯まで温まるには時間がかかる季節になったのですね。
  
湯船だと浮力が働くので、体のいろんな場所に手を当てるのが楽です。お風呂でのレイキは、おふとんでのレイキに次いでお気に入りのレイキスポットです。プライベートで遠隔をする時は、湯船の中からのんびりと・・・なんてこともしばしばです。
 
さて、先日、すこしお話した夫の左肩の具合です。朝晩のおふとんでのレイキを継続していますが、ひびきの質も変化してきました。夫自身、ふだんの痛みはもうほとんどありませんが、少し疲れるとまだ痛みが浮上してくるそうです。 
  
レイキし始めた当初のひびきは、刺すような痛みやぴりぴり感が激しく、荒々しい感じのエネルギーでした。今では、エネルギーの状態としてはかなり和らいだ感じがあり、ひびきとしての痛みも随分かわいくなりました^^。
  
ただ、手を当てていると、患部の奥の方からじわじわとしみ出してくる冷たさが出てきました。たとえるなら、地中の奥深いところに氷の固まりがあるような感じでしょうか。レイキをしているとこちらの体まで寒くなってくるような冷たさです。
 
根の深い冷えを溶かすには時間がかかります。「太陽と北風」の太陽になったつもりで、のんびり気長に氷が溶けるのを待ちたいと思います。
【2009/11/09 12:45】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<感じる手 | ホーム | レイキと赤ちゃん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/224-62b9778c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。