レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
区切り
green.jpg
 
雲の厚い日が続きますが、さすが夏ですね。ひとたび外に出ると、「夏の視線」はジリジリと熱く、またたくまに肌を透過してくるのを感じます。
   
先日、年に一度の検診に行ってきました。以前、右胸にあった小さなしこりを日帰り手術で摘出したことがあります。その後、年に一度経過観察を行ってきました。
   
経過は良好で、もう患部の検診をする必要はないということでした。今後は、年に一度通常の乳癌検診を勧められ、来春新たにオープンする別の病院を紹介されました。ここは日本初の乳腺の疾患や乳癌に特化した施設で、乳癌検診も行うそうです。
   
そこで、手術をしたのはいつだったか・・・と先生とカルテを遡ってみたら、2003年。もう7年目に入っていたのですね。
 
当時は、まだレイキにも巡り会っておらず、なぜしこりが出来たのか?ということに関しても無頓着でした。手術は部分麻酔だったので、摘出した際に、先生から「見ますか?」と言われたのですが、かたくなに拒んでしまいました。後になって先生から、小さな葡萄の房のような形をしていたと聞きました。
  
ちゃんと見ておいてあげればよかったな・・・・。ふとそう思い、心の中でごめんねと謝りました。もともとは、窮屈すぎる自分の生き方から生み出されたものです。鈍感なわたしに対して、体が発したSOS。7年目にしてようやく消化されたような気がします。
 
もう、この病院に足を運ぶこともないし、玄関ホールに佇む美しいマリア像を見上げることもない・・・。
   
病院も随分変わりました。会計は、ATMのような機会で精算するようになったし、担当の先生はいつのまにか部長になられていました。そして、わたしも変わりました。
  
最後にもう一度大きなマリア様の像を見上げ、光と安らぎに満ちた気持ちで病院を後にしました。
  
「人間の細胞が全部入れ替わるのに7年はかかる」
  
帰り道、この日、待ち時間の間に読んだ本にあった記述を思いだし、その「7年」という符合にいっそう足取りが軽くなりました。
 
【2009/08/05 07:07】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
<<Pure | ホーム | 登戸駅周辺のご案内>>
コメント
良かったですね☆
これも、風織さんが早くに様々なことに気付かれ向き合い、体と心、そして周りの方々ににも沢山の愛をそそがれたからでしょうね☆

細胞が全部入れ代わるのに、7年かかるというのは何だか分かるような気がします。
私も自力整体を初めて6年目ですが、まだ今変化の途中にあるような気がします。
心も体の細胞も・・・
【2009/08/07 07:55】 URL | ゆっこ #-[ 編集]
v-22ゆっこさんへ

温かいお言葉ありがとうございます。
 
意識(エルギー)が変わっても
物質である肉体が変わるのには
時間が必要ですね。
 
だからこそ、日々エネルギーの変化を
感じ取りながら生きることが
大切ですね。
【2009/08/07 09:20】 URL | kaoru #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/188-031fb530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。