レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
温かな時間
アラジン ブルーフレームヒーター 39シリーズ BF3906-K ブラックアラジン ブルーフレームヒーター 39シリーズ BF3906-K ブラック
()
不明

商品詳細を見る

年が明けて寒さがぐっと厳しくなりました。この冬の訪れとともに我が家にやってきたアラジンストーブがいよいよ真価を発揮しています!
  
これまでは、2階のリビングに置いて使っていたのですが、先日、ふと夫が1階の玄関ホール(デザイン上、家のサイズの割にはゆったりめのスペースです)に移動させて使ってみました。
 
我が家は決して広くないのですが、家の真ん中に玄関ホールからの吹き抜けがあり、冬場はその吹き抜けの「冷気」をどうしたらしのげるかが大問題でした。
  
その玄関ホールにアラジンストーブを置いてみたところ、冷蔵庫のような吹き抜けの冷気が暖められ、階段を上り降りする度、肌に触れる温もりがなんとも心地良いのです。このストーブの風貌があんまりかわいいので、できればそばにおき、青い炎の揺らぎを感じながら使っていたかったのですが、家を暖める効果としては、断然1階の玄関ホールにおいた方が効果的です。これまでよりも、家全体が暖められるような気がします。1階に降りる度に冷蔵庫のような冷気を浴びる「覚悟」が必要なくなったのも気分的に大きいのかもしれません。
  
便利さを追求する最新の家電とは違って、芯の手入れをしたり、こまめな灯油の補給など「手間」はかかりますが、使えば使うほど愛着がわいてきます。「芯」のお手入れはもっぱら夫の担当ですが、専用のそうじ用具が少しばかり入った道具箱を取り出しては、週末になると楽しげに手入れをしてくれています。
 
キッチンで水仕事をしながら、ふと顔をあげた目線の先に、そんな光景を見つけるとき、心地良い温もりが胸の内に広がります。
  
「手間」をかけることによって生み出される温かな時間。こんな時代だからこそ大切にしたいです。
  
【2009/01/12 10:46】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
<<CINITA | ホーム | あけましておめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://angeribbon.blog106.fc2.com/tb.php/134-5d31657a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。