レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
愛の粒子~鎌倉とえな・じいライブ~
その日は、午後から鎌倉に出かけ、友人と鎌倉の街を歩き、カフェや喫茶店、雑貨屋さんでときめきと感動の出会い。


ふらりと立ち寄った先に、いいなぁ、ほしいなぁと思っていたものがキラキラっと現れる。


ただ、ただ、わたしたちは笑い、それぞれの宇宙を生き、互いの風の交わりを楽しんでいました。


友人と会ったのは2年ぶり。その間、お互いいろんなことがあって。


由比ヶ浜では、友人が持っていたビニールシートに腰を下ろして波の音、ぽつりぽつりと語られる本当の声に耳を傾けるひと時も。


こうして、かたわらにあなたを感じられることが、とてもしあわせだった。


夜は、麻心でのえな・じいライブ


歌詞もおもしろいし、曲も素敵だった。


なんといっても、最高だったのは、全身で愛の粒子を発散させるヴォーカルのゆみこさん。


惜しげもなく自分をさらけ出して、魂を表現するその姿は、まさに愛の波動砲。


そこにいたみんなが、もっと自由に生きちゃっていいんだ。やりたいことやっていいんだ。


そんな勇気をいっぱいいっぱいもらったんじゃないかと思います。


もちろん、わたしも、「よっしゃぁ! わが道を行くぜよ!」と気分は最高潮。


言いたいことは、こうして伝わるもんなんだな。と、思いっきり背中を押してもらいました。


また、行きたいな、えな・じいライブ。


そして、もっと知りたい、「あなた」のことを!!!


kamakura.jpg
こちらは、鎌倉駅前の喫茶店ヲガタ。わたしは、この小豆ちゃんにぞっこんです!


kamakura2.jpg
こちらは、cafe Life Force。わたしは、このバナナココナッツケーキをいただきました。ほどよい甘さで素材の風味が引き立ちます。愛を感じる味でした~☆


スポンサーサイト
【2013/06/30 14:56】 | 出会い | トラックバック(0) | コメント(0)
着物と石鹸
0627.jpg


ひまわりの会でおなじみ、ゆっこ先生のところで開催された、自力整体と着付けのイベントに参加してきました。


実は、着物って、ま~ったく興味がなくて、ゆっこさんには、「いや~。着物はいいよ~^^;」なんて話をしていたのですが、共同主催者の翠さんからお誘いをいただき、告知用ブログを拝見していると、なんだかわくわく。これはきっととても面白そうだゾという体感がむくむく湧いてきました。


言葉とはあてにならないもの。本当の気持ちを認識したとたん、言動が変わってしまうのですから。でも、だから、人間、おもしろい!このギャップが、たまらんです(笑)。


自力整体で体の歪みを改善し、軸を整えた後、今回の着付けの先生鈴木万由香さんに浴衣の着方を教わりました。


着物というと、日本文化とか、しきたりがあってメンドクサソウとか・・・。わたしの中にはやっかいな先入観がいろいろあったのですが、実際は、その逆でしたね。


布と紐と帯で着ることができる、なんともシンプルで自由な世界。


とくに、帯を結ぶという行為がとても面白かった!ちょっとしたコツを教わるだけで、解けないし、美しいし!


堅苦しいと思っていた着物の世界が、こんなに感覚的で自由だったなんてね。ほんとびっくりです。


06272.jpg


写真の帯は、先生が帰られたあと、ゆっこさんが教わっていた別の結び方を試したものです。いわゆるリボン結びをしただけですが、わたしはこれが気に入りました。体が大きいので、このくらいボリュームがあった方がいいし、横から見ても立体感が出て、体の前後が薄いわたしにはちょうどいい!


とりあえずの目標としては、この浴衣を着物風にして、来月のサラ・ブライトマンのライブに着ていきたいですな。


そして、この日のお楽しみはもうひとつ。万由香さんの創り出す芸術的な石鹸の直接販売。愛と希望と夢いっぱい。眺めているだけでもとてもしあわせな気持ちになる石鹸たち・・・。わたしは、この四つを選びました。ほかにも、ケーキのような石鹸とか、もう、ずっと飾っておきたくなるような愛らしいものまで、さまざまお持ちいただきました。

sekken.jpg


万由香さんの石鹸販売サイトうずまき堂はこちらです。


みなさまにお使いいただく風の城のお手洗いの洗面のところにも、万由香さんの石鹸、おかせていただいています。


どうぞ、あなたの両手で包み込んで、やさしく泡立ててみてくださいね。喜びのバイブレーションがキラキラと輝きだすことでしょう!


【2013/06/28 09:38】 | 出会い | トラックバック(0) | コメント(0)
アルケミスト~maktub(マクトゥーブ)~
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
(1997/02)
パウロ コエーリョ

商品詳細を見る


とても素敵なお話に出会いました。


ことばのひとつひとつが深く深くこころに響き、たましいが震えます。


その度に、本を閉じ、その振動を味わうようにして読み進めた「アルケミスト」。わたしにとって、生涯で忘れられない一冊となりそうです。


夢を生きる少年を通じて語られることば。

本当の弟子をみつけたい錬金術師が語ることば。


砂漠の砂にしみこむ水のように、その貴重なひとしずくの数々が、わたしの心に浸透していきました。


夢を生きたい人には、その背中を押し、夢を忘れてしまった人には、その記憶を呼び覚ますきっかけとなり得る魔法の書。


いつでも、どこでも取り出して読めるように。


いま、このアルケミストを持ち歩いています。


わたしは、この少年のようで在りたいし、錬金術師のような大人で在りたい。


子供ころ、この錬金術師のようにわたしを導いてくれる大人はいなかったけれど、わたしが、そんな大人になれたらな、と思うのです。


アルケミスト。今、このタイミングで出会えた幸運に心からの感謝を!きっと、少し前でも、少し後でもこれほどの衝撃は得られなかっただろうから。


それこそ、マクトゥーブ。


人生に偶然はない、すべてが必然。すべては、ひとつの手によって書かれた物語・・・。





【2013/06/26 21:47】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
美しい夜~ I love you~
0623.jpg


普段のお月さまより14パーセントも大きく見えるという昨日のスーパームーン。みなさんのところでは、お楽しみいただけましたか?


わたしのところからは、雲間から少しその輝きを眺めることができました。


その前日。深夜にお月さまを眺めていた時。


ふと、接続したツイッターで、「夏目漱石は、I love you.を、月が綺麗ですね、と訳した」、という投稿に出会いました。


なんて風流。

なんてロマンチック!


調べてみると、夏目漱石が教師をしていたころ、I Love youを、我君を愛す、と訳した学生に対して、「月がきれいですね」とでもしておきなさい、と言ったという伝説があることを知りました。


ベランダの窓から眺めていた月があんまり美しいものだから、わたしも、月が綺麗、とツイッターにひとこと。


そうしたら、それは、I Love you.なんだって・・・。と、そこで出会った人が教えてくれる。


美しい連鎖でした。


気分はいつも、思いっきりアメリカンなわたしですが(笑)、この婉曲的な表現にしびれてしまうあたり、やっぱり、日本人なんだなぁと思いましたね。


太陽とは違う、月の輝き。人々の心に宿る様々な想いにそっと寄り沿い、わたしたちを癒してくれる月。


もうこれからは、月を見上げるたび、この、I love you.を思い出しちゃうな。


からっと朗らかに「愛してるよ~☆」って叫んじゃう能天気さを、わたしは、こころから愛しているけれど、あえて言わない想い、秘めた想いというものの、いぶし銀のような輝きも素敵だな・・・。なんて、ふと感じた、美しい夜でした。


そんな月夜にふさわさしい、やわらかな音楽。ウォンさんの光の華。

光の華光の華
(2009/11/27)
ウォン・ウィンツァン

商品詳細を見る


どこまでもやさしい、ウォンさんのピアノの調べ。月の光のように、あなたを包み込んでくれますよ・・・☆


【2013/06/24 08:43】 | 気づき | トラックバック(0) | コメント(0)
コーカサスの白墨の輪
0619.jpg


夏至ですね。


今日を境にエネルギーが反転していきます。今年の後半はどんな風になるのかな・・・。ワクワク。ドキドキ。


今、たった、数日前のことが、もう1週間とか1か月はたっているんじゃないの・・・という位濃密な時間感覚の中にいます。


どの瞬間もわたしであり、どの瞬間のわたしも愛しい。それは、わたしと、わたしをとりまく世界を「ありのまま見る」というわたしなりの感覚なのかもしれません。


先週の水曜日に、東京ノーヴィレパートリーシアターコーカサスの白墨の輪を見てきました。


3時間という長丁場でしたが、あっという間の夢でした。


全身全霊で演じるということの素晴らしさ。役者さんたちひとりひとりからほとばしる情熱、創造のパワーに魂が震えました。


スポットライトを浴びる役者さんたちの美しいこと!


演じるってすごいな!

生きるって素晴らしいな!


舞台の上で光り輝くみなさんの姿に、わたしの中では、人間賛歌が鳴り響く(笑)。


舞台セットはほとんどなく、照明と語りと、手作りの音楽と。周りがシンプルだから、「人」が浮き立つんですよね。


演出も面白くてね。


兵隊が鍋をかぶっていたり、あれは髭に見えるんだけど!?というような化粧をした母親役とか、おじゃる丸みたいな人がいたり・・・。笑いのツボ満載でホントひきこまれました。かとおもうと、ちょっと涙が出ちゃったり。


そしてね、なぜか舞台の上を飛び交う、日本語のいろんな方言。舞台はコーカサスなのだけれどね(笑)。


ひとりひとりをとても大事にしているというか、個性を大切にしている感じがしたのと、そこに在る人々の多様性を感じて。わたしにとっては、とても印象的な演出でした。


とにかく、人っていいな、ということと、そこに無限の可能性を見て、こうして何かを生み出していく創造のパワー。ありったけの自由!!!


それにやられましたね。魂はこういうご馳走をものすごくよろこぶ!!!


公演の継続も決まり、秋以降、またこの素晴らしい舞台をお楽しみいただけます。


こ~んな素晴らしい舞台が、たった1,000円ぽっきりで見られるんですよ。

ブラボー、宇宙!!!


ご興味のある方は、ぜひ、こちらをご覧下さいね。


まだ、秋以降のスケジュールはアップされていないようですが、当日いただいたチラシに緊急告知されていました。もちろん、わたしも、また楽しませていただきすよ~^^☆





【2013/06/21 09:49】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
信頼
06094.jpg


茅ヶ崎で開催されたまるちゃんのお茶会に参加しました。


まるちゃんとは、レイキを始めたばかりの頃に出会って、お互いに練習させてもらったり、「愛」について語り合ったりした仲です。


今回、こちらの告知に、びびびっ!と来ました。


なんかね~、アルバートのゆるくて気楽な感じがいいんだよね。もう、行く行くって思っちゃった!


まずは、カフェでランチして、その後、アルバートモードになったまるちゃん進行のもと、自己紹介をかねて、気になることシェアリング。


みんなの話、アルバートの話に耳を傾けながら、わたしは、何を話すんだろう~と思っていた。


結局、わたしが話したのは、前日の朝に夢で見た宇宙船の話。


一応、夢ではあるのだけれど、わたしにとってはものすごくリアルな体験で、衝撃的だった。わたしの中では、信頼しうるひとつの現実となり、わたしのこころにものすごく作用していることが分かったから、その体験をお話した。


そうしたらね。


アルバートがね、「見たねー」のひとこと。(そうそう、言い忘れたけれど、アルバートは宇宙人。まるちゃんの友人でもあるし、お仕事のパートナーです。)


面白いな~と思うのは、今の気持を大事に、心ときめくこと、こうしたいな、という感覚を素直に実行していくと、もう、そういう風になっていたんだね~という流れができてくる。


だってねぇ。まさか、このお茶会の直前にこんな夢を見るなんてねぇ?しかもそこで、宇宙船の話しするなんてねぇ?


これまで、わたしたちは、頭でうんうん考えていろいろな事を難しくしてきちゃったけれど。それに関してはもうたぶんプロ中のプロっていう位、放っておいてもみんな上手にできるから、これからは、頭でうんうん考えるんじゃなくて、どんどんシンプルに簡単になっていくことが大事になってくるんだろうなと思う。


たとえばね、体というものは、顕在意識でああだこうだ考えなくても、ちゃ~んと運営されているでしょう?


そんな感じね。


宇宙も、わたしたちがああだこうだ考えなくても、ちゃ~んとサポートしてくれているということ。わたしたちの感知しないところで、いろんな事が行われているんだということ。


だから、わたしたちは、こっちの方向に行く、という事だけをちゃんと意図して、日々そうあるだけでいい。それに見合う行動は自然についてくる。あとはね、見えないところで宇宙が整えてくれているんだよね。


大事なことは、自分を信頼する。

宇宙を信頼する。


それだけで、どれほどのミラクル(実はミラクルでもなくそれがあたありまえ)が発動されることか!!!


ひとりひとりがそういう状態に入っていくことが、これからはもっともっと大事になってくるんじゃないかな。


こういう感覚になっていくには、色々な入り口があると思うけれど、レイキを実践してみることも、その第一歩だと思う。レイキはシンプルで簡単な宇宙そのものだから!


興味を持ったら最初の一歩、始めてみてね。


写真のランチもとってもおいしかったです。丁寧に愛情こめて作られた魂がよろこぶ逸品でした~☆ 当日の様子は、まるちゃんがくわしく綴ってくれてます。ぜひ、こちらをどうぞ!


ただ今、6/29(土)レイキ交流会~風のつどい~、絶賛(笑)受付中~^^☆



【2013/06/10 11:09】 | 出会い | トラックバック(0) | コメント(0)
可能性
0531.jpg


最近、気に入っているのが、「可能性」ということば。


誰の内にもある「可能性」は無限で変幻自在。


どんな風にも変化していくし、それはどうなるかもわからない。


だから面白い。それを楽しんじゃおうという感じ。


「可能性」という言葉の意味が、わたしの中で、強烈な個性を持って輝きを放ち始めて以来、人に対する気持が全く変わってしまった。


人が面白い。

人が好き。


誰もが宇宙の可能性の一つのバリエーションに過ぎないし、一人一人の内に起こる瞬間瞬間の感情も、宇宙の営みの一つのバリエーション。


そう捉えると、どんな感情も味がある。


感受性を開いて生き始めたら、小説や映画、ドラマなど、架空の劇のことなのに、登場人物が放つ感情があまりにも痛くて、辛くなってしまうということがあった。


それで、そういうものから距離を置いていた時期もあったのだけれど。


今は、自分の中に、「自分の現実は自分で創る、わたしを脅かすものはわたししかいない。他の誰もわたしを侵すことはできない。」というしっかりとした芯があるから、架空の物語として、純粋に楽しめるようになりました。


それまでは、自分の中にある望まない現実が、劇中のそれを見たり聞いたりすることで活性化されるような気がして嫌だったのじゃないかな。と今は、思います。


5月最後の日の夜は、縁あって下北沢で東京ノーヴィレパートリーシアターの舞台を見てきました。贅沢にも観客数26席という小宇宙。こういう劇場は初めてだったけれど、役者さんたちの表情が手に取るように見えるのはやっぱりいいですね。間近で感じられる空気感がたまりませんでした。


役者さんたちを通じて表現されるどのキャラクターも愛しく、演じるってすごいな~、と見入ってしまいました。


人間をまるっと愛せなくちゃぁできない仕事だなぁ。


舞台で輝くそれぞれの可能性を感じながら、人っていいな~としみじみ思うのでありました。


素敵な夜をありがとう!

無限の可能性をありがとう!


東京ノーヴィレパートリーシアターでは、演劇が1,000円で楽しめるシアターX公演もあります!


【2013/06/01 00:50】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。