レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大好き☆星型スポンジ
マーナ ポコ バス洗いスポンジ 星 イエロー W035マーナ ポコ バス洗いスポンジ 星 イエロー W035
()
マーナ

商品詳細を見る



いま、愛用しているのが、マーナの星型スポンジ。小さなタイプはキッチンで。写真の大きなものはバスで大活躍です。


この星型のいいところは、水切りが良く、360度どの向きでも置いておけるところ。以前使っていたお魚スポンジは、しっぽを下にして置いておくと、かならずそこから黒ずんできてしまって。それで、たまたまこちらの星型を使ってみたら、ちっとも黒ずんでこないのです。


最初は、なんでだろう?と思ったのですが、この星型という形のせいですよね。置くたびに、位置がずれるので、水切りがいろんな角度からされるから、一か所が黒ずむということがないのです。


お魚スポンジもかわいくて、いろんな色があって楽しかったのだけれど、いまは、だんぜん、この星型。キラキラ光るお星さまを手にしているみたいで、洗いものもとっても楽しくなるの。なんだか、こう、ワクワクしてくるのよね。


それにね、今じゃすっかり大好きになってしまった「黄色」だということも気に入っているんです。


こうして、黄色が好きになれたことは、と~ってもうれしいこと。だってね、ひとつの色を好きになるって、一人の人を好きになることと同じくらい意味があることなんですから^^。こうして星型スポンジを握るたびに、この色が好きになれた喜びを思い出して自然に笑顔になるんですよね。


今日は、もう古くなってしまった星型スポンジを、玄関のお掃除に使ってみました。数日前、新しいのと交換で、古いのを捨てようと思った時に、「これで、玄関のタイルを磨いたらいいかも!」ってひらめいたんです。


水でざっと洗い流して、重層メインの洗剤をスポンジに垂らして、ひとますひとますタイルを磨いていると・・・。


わたしたち家族をはじめ、日々いろんな方々を迎えてくれる玄関。場所によっては、もう水ぶきでは黒ずみが取れないところがあったのだけれど、さすがに泡と水でこすると綺麗になってくる。


磨きながら、タイルの一つ一つとお話しているような気分になってきて・・・。自然に「ありがとう」という気持ちが湧いてきましたね。


ちょっとしたひらめきも、実践してみると面白い。それが、ワクワクとともに生きるということなんだよね。さぁ、今度は、どこをお掃除しようかな~。


もう、去年から、大掃除はしないことにしました。今年も、こうして、したい時にしたい所をお掃除する方針で行きますよ。


こうして、喜びとともにお掃除していったら、お家全体がもっともっとキラキラわくわくしちゃうわね。わたしも嬉しい、家族も嬉しい、お家もうれしい!


もちろん、「風の城」にとってもね!



スポンサーサイト
【2013/01/29 19:05】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
光の磁場
01272.jpg


先日の、スケート体験があって、その直後につながった情報と、バシャールと。ぜ~んぶが繋がって一つになった瞬間、わたしは、ひとつのインスピレーションを受け取りました。


この日の風のつどいは、その直後。ということで、自分が体感した「光の磁場」の話をしました。傍らでわたしの話を耳にしていた執事(つまりうちの主人です・笑)が、ああいう伝え方では、ひいてしまう人がいるんじゃない?と皆様がお帰りになった後わたしに忠告してくれました。


そして、たとえば、こんな表現があるんじゃないか?と代わりの「言葉」を提案してくれたのですが・・・。


それではだめなのです。わたしが使った「光の地場」ということば。そしてそれにまつわる表現は、わたしが体験した世界を、わたしが知っている日本語で表現する場合に、もっとも適切なものを選んでいるので、他の言葉では代わりにならない。それでは、わたしが伝えたい「音」が変わってしまう。


表現は少しばかりとんでいたかもしれないけれど、きっと、わたしの表情とか、声とか・・・。何かわたしの発するもので、その本質がお届けできたんじゃないかと思うんです。


わたしにできることはそれだけで、どんな環境にあろうとも、どんな人が集まろうともそれは変わらない。どのように反応されようとも、わたしは、自分が感じた真実の「音」を伝えていくことだけ。


そして、いま、分かることは、この「音」に忠実である限り、わたしはわたし自身でいられるし、光の地場の上で現実を創造していくことができるということ。わたしにとっては、もう、それで十分。


どうして、こんなことをお話したかというと・・・。レイキにおいては、手を当てる実践も大事だけれど、自分の意識を開いていくこともと~っても大事で。日々レイキとともにあることで、それは日常の中で頻繁に起こることなのだけれど、これだけ大きな意識の転換がなされることはめったにないので、一つの体験としてお話させていただいたわけです。


みなさまの心にどう響いたかはわからないけれど。この、わたしの「音」が、みなさまの中の何かをきっと刺激してくれるんじゃないかな。あの人、変なこと言っていたなぁって、思いだし笑いの種にされちゃってもいいのです(笑)。


こうして、何年も風のつどいを続けてきて。また、いま、新しいスタート地点に立ったように思っています。


写真は、この日、最後のお茶のお供にお出ししたジンジャークッキーです。お菓子作りが得意な妹のところで作ってきました。といっても、わたしの役目は、目と鼻と口をつまようじの先で作るだけなんですけどね(笑)。


こうして、手作りのものをお届けするのも楽しいんです。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!あたたかで心地よい時間をともに過ごさせていただきましたこと、心より感謝申し上げます


次回の風のつどいの日程は、こちらになります。今度は、どんな方々とご一緒させていただけるのかな~。今からたのしみにしています!


【2013/01/27 19:39】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
スケートで遊ぶ@こどもの国
" 二子玉川駅前で、仮設スケート場、発見!ややっと、近づいたら、なんだか無性にやりたい気持ちがワクワクo(^-^)o "


と、ツイートしたのは数日前。そこでは、小さな子供たちが大人に連れられてスケートを楽しんでいました。それを目にした時の、ハートの中心から広がるものすごいレベルのワクワクの衝動が忘れられず、早速、子供の国でスケートを体験してきました。


まず、驚いたのは、スケート靴をはいた時の安定の良さ。リンクに上がる前でしたが、こんなに快適に立てたかしら!?とびっくりしてしまうほど。


実は、子供のころ、何度か体験したスケートでは、とにかく靴が駄目で(TT)。スケート靴に体重を乗せていると、すぐに足の裏が痛くなって、そのあとは十分スケートを楽しめないということを繰り返していました。それでも、体を動かすのは好きなのと、今度こそは・・・、という気持ちで何度かスケートにはチャレンジしていました。


そして、いざ、リンクへ!とはいえ、スケートなんて小学生以来だし、その時だってすいすい滑れた訳ではありません。


さてさて、どう滑るんだっけ???


恐る恐るリンクに立ち、手すりにつかまってまずはよろよろ。すぐに気がついたのは、これは早々に「恐れ」を手放した方が良いということ。


転んで痛い思いをするかもしれないけれど、ここはひとつ「滑りたい」という好奇心に任せてみよう!


そう思ったら、手すりを離して少し進んでみることができました。そんな時、ちょうど良いタイミングでわたしの耳に飛び込んできたのは・・・。


「右見て~、左見て~。頭は下げないで~。」という、どちらかのパパさんのありがた~いアドバイス。


そこで、わたしも、その言葉通りに体を動かしてみると、おお、ちょっとはスケートらしい!そのあとは、この言葉を心で復唱しながらひたすら滑る。


「お尻は落として~。手は前ね~。」またまた、どちらかのパパさんのアドバイスに助けられ、なるほどね~とそうしてみる。


そうして気がついたのは、太極拳で養った感覚がとっても役にたっているということ。困った時には、とりあえず、立禅の姿勢を保っていれば立っていられるし、その感覚のまま、右に左にを足を動かしていけば前に進むのである。


面白かったのは、近くで転ぶ人がいたりすると、それにひっぱられて自分もバランスを崩しそうになるということ。逆に、上手な人をみつけて、その上手い雰囲気を感じながら滑っているとこちらもいい感じになってくる。


滑っている間、何度か、氷との一体感を感じたり、ちょっといい滑りのリズムを感じたりすることがあったのだけれど、それは決まって、上手い人の姿を追いかけた後でした。


012012.jpg(楽しくって超ごきげんなわたし^^)


そして、子供の頃は、足の裏が痛くなってしまって、リンクに長いこと立っていられなかったのが嘘みたいに足元は快適なまま。なぜ、そんなネガティブなイメージのあるスケートにもかかわらず、二子玉川での光景を見た時に、あんなにワクワクしたのか。


体験してみてわかったことは、それだけ、わたし自身がかわったということ。つまり、体のバランスが変わったということは、それだけエネルギーバランスに変化が在るわけですから、それにともなってわたしの在りようも違ってくるわけです。


きっと、魂が、ワクワクという衝動で、そのことをスケートを通じて確認しなさいと教えてくれたんじゃないかな。今は、そう思います。


そして、もうひとつ。「遊ぶ」ということの本当の魅力を知りなさいということ。スケートで体を動かして、ひろ~い公園の中を歩いて、動物にも触れて・・・。


いま、心地よい疲労感とともに、リラックスした心身を感じながら、これぞ、「遊びの効能」なのね~と、一人悦に入っております。


実は、今回は、前から乗りたかった馬にも乗ることができたのです!わたしが乗せてもらったのは、大人が乗れる大きなポニー。大きくて、温かくて、ほんとうにかわいかった!!!動物の目って、どうしてあんなにやさしげなのかしらね~。


0120.jpg


今度は、乗馬にチャレンジしたいな~☆


01202.jpg


こどもの国では、こんな落書きコーナーも!わたしも、早速、参加。雲・・・じゃなくて、羽だよ~☆


そうそう、雪印牧場のソフトクリーム最高でした。生クリームみたいに濃厚なの~☆


今度は、お弁当持って遊びにいくわね!




【2013/01/20 18:07】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ワクワクの招待状
1230.jpg


2013年、最初のひまわりの会(第四回)は、なんともいえない和やかな雰囲気につつまれたものとなりました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!


そして、この時間を、わたし自身が、とても自然体でいられたことを幸せに思います。


そうそう、この感覚なんだよな


みんなの気持ちがポワンとひとつではあるけれど、ひとりひとりが自由に息をして、自分の色を奏でている。みなさまとの時間の中で、そんな調和のエネルギーを感じさせていただきました。


こういう感覚は、文句なしにハートが喜びます。


わたしは、こういう感覚を味わうために生まれてきたし、だからこそ、こういう事をしているのだなと、今もまだじんわりと余韻に浸っております。


そして何より、自分たちが本当に良いと思って実践していること(レイキ、自力整体)をご紹介させていただいて、興味を持って体験してくださっている様子を拝見させていただくことは、と~ってもうれしい!!!


自然に口角もあがってしまいます^^。


この冬はすっかり寒くなってからというもの、お風呂からあがったらお布団に直行してしまい、自力整体の時間が激減していたのですが、ひさしぶりにフルでの自力整体で、寒くて冷え固まっていた胸部の縮みが随分ほぐれました。腹部の深部筋にも効きました。yukko先生からは、新しい自力整体の型も教わりましたよ^^。


そして、ランチの後の一斉レイキ。レイキのように目には見えないものは、やっぱりご体験いただくのが一番ですね。レイキを受けられて一段と表情が輝かれたり、リラックスしたご様子を拝見するのは素直に嬉しいし、こうして自他を気軽に癒しあえるレイキっていいな~って思うのです。


ご参加くださった翠さんが、お持ちくださった528音叉で、レイキの前にお一人お一人のエネルギ場をチューニングしてくださいました。とても繊細でかわいらしい音色で、その微細な響きの広がりが傍らにいてもこそばゆい感じ・・・。ちょっと面白い体験でした^^。


次回は、4月頃に開催の予定です。どんな方々とご一緒させていただけるのかな~と今から楽しみにしています!



Yukko&kaoruからのワクワクの招待状、ぜひとも受け取ってくださいね



【2013/01/17 22:41】 | ひまわりの会 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハーブティ ~風~
0113.jpg



「風」という名のハーブティをいただきました。ウィッチムーンのオリジナルブレンドで、リコリス・ジンジャー・エルダーフラワー・ペパーミント・エキナセアトップがブレンドされています。



なんせ、サロン名を「風の城」と名付けるほどの風好きです。「風」という名前が刻印されたパッケージを見た瞬間にぴぴぴ~ん!「わたしのためのお茶だぁ」とひとりテンションアップしてしまいました。



「風」はさわやかでいてほんのり甘く、体にじんわりと染み込む感じがと~ってもパワフル!今まで飲んだことのないハーブティの味わい。これまでにも、ガーデンオブアンデスのカモミールやローズヒップにお世話になっていましたが・・・。俄然ハーブティに興味が出てきました!


ということで、早速、新百合ヶ丘にあるキューピットハートで、「風」のお徳用サイズをゲットしてきました。ここは、お花とアロマテラピーとハーブティカフェが楽しめる、女性には嬉しいお店です。ウッチムーンの茶葉はお花屋さんの方に入っていくと購入できます。


お店には、ハーブティ用の茶器や本なども用意されていていました。ハーブティはガラスの器で・・・。と前々から思っていたわたしと目があったのは、写真の硝子のマグカップとおそろいの急須。そして、こちらの本を購入しました。

ハーブティー―おいしく飲んで美しく健康に 57種のハーブからつくる192のハーブティーハーブティー―おいしく飲んで美しく健康に 57種のハーブからつくる192のハーブティー
(1998/11)
佐々木 薫

商品詳細を見る


美しい写真に滑らかな文章で、ブレンドされた茶葉のひとつひとつのことをよく知りたいというときに開くと、知識だけでなく、心地よさも味わえます。



太田光代さん(爆笑問題の太田さんの奥さま)が経営されているお店ということで、実は、もうずいぶん前から「ウィッチムーン」という名前は聴いていのですが、いまになって、自分に繋がってくるとは、分からないものですね。



ウッチムーンのオリジナルブレンドはほかにもた~くさんあって、春の小川、月のねむり、白雪姫・・・などなど、かわいらしい名前がついているのです。くしゃみ、なんてのもありますよ(笑)。


こんな風に、ブレンドに名前を付けてしまうあたり、好きだな~


1/26(土)レイキ交流会~風のつどい~、まだお席がございます。レイキが初めての方もお気軽にご参加ください。もちろん、お久しぶりの方も大歓迎です!


【2013/01/13 20:49】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
はじまり☆
0108.jpg


みなさま、この新しい年をいかがお過ごしですか?


わたしは、長い帰省から帰宅し、家の中を整えたり、花や緑の世話をしたり・・・。なんということのない日常とともにある喜びをかみしめつつ、心静かに、この新しい年の始まりを過ごしています。


そして、いまはただ、心に沸き上がる色とりどりの豊さを感じながら、これがどんな風に現実化されていくのかな・・・と、ひそかに楽しみにしています。


この先に、どんな展開になるのかも、どんな景色が広がっているかもわからない。ただ、わたしにできることは、胸の内に沸き上がる豊さのささやきとともに歩んでいくことだけ。(バシャール風にいえば、ワクワクとともにということでしょうか^^)


年の瀬に見た赤毛のアン最終回の、アンの台詞がまさにぴったりな心境です。アニメの方は、視聴期間が切れてしまったので、購入した小説の末尾からアンの言葉をご紹介させていただきますね。


大学への奨学金を得て、未来への希望に燃えていたアンが、マシュウの死、銀行の倒産により財産を失い、しかも失明の危機を宣告されたマリラを前に、自分の使命をマリラとグリーンゲイブルズを守ることに見出し、大学進学を断念することをマリラに打ち明けるシーンです。


「あたしがクィーン(アンが通った学校)を出てくる時には、自分の未来はまっすぐにのびた道のように思えたのよ。いつもさきまで、ずっと見通せる気がしたの。ところがいま曲がり角に来たのよ。曲がり角をまがったさきになにがあるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。それにはまた、それのすてきによいところがあると思うわ。その道がどんなふうにのびているかわからないけれど、どんな光と影があるのか―どんな景色がひろがっているのか―どんな新しい美しさや曲がり角や、丘や谷が、そのさきにあるのか、それはわからないの」


そしてアニメでは、「神は天にいまし、すべて世はこともなし」という詩人のことばをアンがつぶやいて赤毛のアンは終了となります。


16歳と半で、こんな人生観を持てるアンがますます好きになった瞬間でした。


どうか、この新しい一年が、みなさまにとっても、豊かで実り多きものになりますように・・・。心より願っています。


【2013/01/08 15:19】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。