レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
RoseRose.でクリスマスリースレッスン
11294.jpg


先日のIKEAツリーで生のもみの素晴らしさ実感して以来、今年のクリスマスは、もみのフレッシュリースだ~、と決めていたわたし。


そんな想いを胸に歩いていると、とある花やの店頭で「クリスマスリースレッスン」のチラシをみつけました。見た瞬間、「おー、これだ!!!」とビビビっと来たのですが・・・。


残念ながらリースのデザインがわたしのイメージじゃない!いえ、チラシのリースはとっ~ても素敵だったんですよ。でも、シャビイな感じが我が家の青い扉にはどう考えても不似合い。


そこで、ネットで「クリスマスリース レッスン」で検索してみてたどりついたのが・・・。そう、今回レッスンでお邪魔させていただいたRose Rose.さん。


そのアトリエの一歩足を踏み入れたとたん。わたしのハートはもう舞い上がってしまいました。白を基調にしたその空間は、かわいいもの、美しいものがた~くさん!!!


なんて心ときめく空間なのかしら!!!


アトリエの玄関で出迎えてくれたエレガントでかわいらしい「蝶」のモチーフとの出会いからして衝撃的でした(笑)。わたしにとって、蝶はしあわせのシンボルですもの。


わたしって、こういう空間にいると気分があがるんだな~と改めて認識しましたね。リース作りに集中しなくちゃいけないのに、なんだか気分がふわふわしちゃって、自分でも可笑しいくらいでした(笑)。


それでも、アトリエを主催されている夏住さんの丁寧で分かりやすいご指導のおかげで、冒頭の写真のようなかわいくてゴージャスなリースが出来上がりました。


レッスン中は、夏住さんといろいろとお話をさせていただくこともでき、しあわせのエッセンスをた~くさん、た~くさんいただきました。リースが結んでくれたご縁に心から感謝です。もう、このリースレッスンは、毎年恒例になること間違いなしですね!


帰りは、リースは宅配にしていただいて、アトリエで過ごしたワクワクな時間を胸に自由が丘散策を楽しみました。おかげさまで、お気に入りのクリスマスグッズを見つけることもできましたよ。


そして、今日。宅配便にて届いたリースの梱包を喜び勇んでほどいたら・・・。シルバーとゴールドのリボンで美しくラッピングされ、メッセージカードまで添えられていました。


う~。感動。なんだかリースの表情も昨日よりもうんと可愛く見える。きっと、最高のおもてなし心に包まれて届けられたからだろうね。


そしてまた、その香りのなんとも豊なこと!!!
ああ、あなたは生きているんだね~、って声をかけたくなちゃうくらい!!!


さっそく玄関に飾ったら、青い扉に豊なグリーンがとっても素敵。あ~、ながめるたびうっとり、しあわせ気分アップアップです。


そして、夜は、こんな風にライトアップして、道行く人の心をも照らします。


11302.jpg


12月に風の城にいらっしゃる方は、どうぞお楽しみにね。


夏住さん主催RoseRose.のHPはこちらです。
ぜひ、遊びにいってみてくださいね。


スポンサーサイト
【2012/11/30 12:10】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
ソング・オブ・ピュアランド
1127-2.jpg


寒さも本格的になってきましたね~☆


でも、この寒さ、嫌いじゃありません。夏と違って頭が冴える気がするんですよね~、冬って。どの季節にもそれぞれの味わいがありますね!


さて、先日のこかげの会でのこと。


この会では、マスターのわたしを含めて、みなさまにレイキをする体験・受ける体験をじっくりしていただくというのがその趣旨ですが、ご参加してくださった方々にあわせて、必要なお話も自然に展開されていきます。


その流れの中で、わたしがご紹介させていただいたのが、タオ指圧の遠藤先生の著書です。


タオ、気のからだを癒すタオ、気のからだを癒す
(1999/03)
遠藤 喨及

商品詳細を見る



この(↑)「気の体をからだを癒す」、をきっかけに、遠藤先生の本はほぼ全て読ませていただきました。


「気のからだを癒す」はタオ指圧に関する本なのですが、遠藤先生が説かれている内容は、そのままレイキのヒビキを感じる心のありようにも繋がるもので、はじめてこの本を読んだ時に、癒しにおいて自分が大切だと思っていること、そうではないかと思っていることが全て言葉になっているようで、この本との出会いに歓喜しながら魂の喜びとともに読み進めました。


実践すればするほど深まっていくレイキの世界でしたが、誰に聞くこともできず、また聞けるような人もみつからず・・・。そんな時にめぐりあったこの本にどれだけ慰められ勇気づけられたことかわかりません。


そして今では、タイトルは変更されていますが、新書(↓)となってよりお買い求め安くなっています。


決定版 タオ指圧入門 (講談社プラスアルファ文庫)決定版 タオ指圧入門 (講談社プラスアルファ文庫)
(2009/08/20)
遠藤 喨及

商品詳細を見る



購入のきっかけが「気のからだを癒す」の表紙絵だったので、わたしは「気のからだを癒す」の方に愛着を持っておりますが、新書版は携帯にとても便利でこちらもお勧めです。


と、話は戻して。この日のこかげの会のあと、みなさまをお迎えした時に流していたカーペンターズをもう一度流してみたら、なんだかしっくり来ず。ふと、遠藤先生のCDを取り出して流してみるとこれがビンゴ!


ソング・オブ・ピュアランドソング・オブ・ピュアランド
(1997/06/25)
遠藤喨及

商品詳細を見る



そうなんです。遠藤先生は、もともとミュージシャンなので、音楽作品もあるのですよ~。そして、今もブログを綴りながら、この作品を聴いているのですが・・・。


あらためて、いいな、と思いましたね。みなさんとレイキをたっぷりして、遠藤先生の話もして、浄化されたせいでしょうかね。


まさに「ソング・オブ・ピュアランド」な気分になったようです。(ってどんな気分やねん???と言う方。ぜひ、CDを購入してみてね。極楽浄土+ハワイアンな感じが楽しめますよ~。風の城にいらしてくだされば、リクエストもOKです・笑)


お目にかかったこともないし、タオ指圧を習う気もないのですが、勝手に癒しの師匠としてお慕いしております遠藤先生。


わたしも、自分で体験しているレイキの世界を、この先生のように表現できたらいいな・・・などと思っております。


写真は、この日のこかげの会でお出ししたアノーの焼き菓子です。すべてリンゴが使われています。パイ生地のさっくりした風味が今の季節にぴったりです。



【2012/11/28 17:21】 | レイキ練習会「こかげの会」 | トラックバック(0) | コメント(0)
運転手さんの心づかい
11252.jpg

今日は、結構な雨ですね~。そして冷えます。今年初めてダウンのコートに袖を通しました。その上、セーターに毛糸のマフラーで完全武装。


みなさんも、今夜は暖かくしてお過ごしくださいね。


さて、友人とホカホカの時間を過ごした後、帰りになってもまだ雨はしっかり降っています。こういう時は、とりわけ、我が家に続く坂の下まで送り届けてくれるバスに乗りたいもの。携帯で、到着まであと5分という予告に、ラッキーとばかりにバス停へ。


す・る・と。長蛇にも程がある、という位なが~~~い行列が。こんなに長いのみたことないけど、バス1台に乗り切るのかしら、と不安になるくらいでした。


まぁ、ここは激混みでも濡れないことを選択したいと、20分程遅れてきたバスになんとか乗り込みました。通路も人でびっちりです。前の扉からは全員が乗り込めず、しまいには後ろの扉からも乗せてくださる運転手さん。


すでに駅で満員で出発したのに、次の停留所でも、その次の停留所でも、どんどん人が乗ってくる~。こうなると車内の雰囲気もなんとな~くどよ~んとしてきたりするものですが、すばらしかったのはこの運転手さん。


乗客へのアナウンスが、と~ってもとっても温かかった!!!「も~うし訳ありません。あと、お一人お二人なので、も~う少し奥に詰めていただけますか?」


文字にしてしまえばこんな感じなのですが、その言い方がなんとも心に響くのです。


一人でも多くのお客さんを乗せてあげたいという運転手さんの熱い気持ち、そしてすでに混みあった車内の中にいる乗客への気づかいが伝わってきてました。


何をどう言ったかではなく、やっぱり気持ちなんですね。運転手さんの温かな想いが、こんな状況では尖ってしまいがちなわたしたちの心を和らげ、温かな空間を作り出していました。


混みあったバスの中で、そんな運転手さんの気づかいを感じながら、わたしはいいものをいただいたな~とホカホカした気持ちでバスを降りました。


川崎市バス万歳!!!


写真は、ツリーオーナメントのちっちゃいおじさんサンタ。かわいでしょう~


12/1(土)レイキ交流会「風のつどい」、まだまだお申込み受付です。ゆったりほっこり、みんなでレイキして心も体もあたたまりましょ。レイキの流派・系統は問いません。お申込みお待ちいたしております。







【2012/11/26 19:22】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
宇宙な時間
1125.jpg

今年のクリスマスは、ダッチオーブンで丸鳥料理をしたい!


7月に富良野に旅をした時に、ランドスケープふらのさんでいただいた丸鳥とお野菜のうまみが忘れられず。それならば、自分たちで作ろうじゃないかということになったわけです。


もともと焚火をしたいというわたしの希望もあって、手始めに、大きなダッチオーブン(迷った末結局12インチに)と焚火台を購入。そういえば、夫は、ボーイスカウトの経験がありキャンプ体験はお手の物という偶然も手伝って。ただ今、アウトドア用品を着々と入手しております。もちろん、暖かくなったらキャンプへGo!であります。


いきなり本番はかなり危ういので、この日は、ダッチオーブンのお試しと炭火をおこす予行演習を。突然におもいたったものですから、家にあった根菜類でチャレンジです。


静かに燃える炭火の上で、音もなく仕事をするダッチオーブン。オーブンの中では、にんじんやジャガイモ、玉ねぎなどの野菜が丸ごと、時間をかけてじっくりじっくりと調理されています。その静けさが、火だけではない自然のパワーを際立たせているようでした。


「う~ん。これぞ宇宙な時間!」


炭火とともに静かに仕事を遂行してくれるダッチオープンのたたずまいが、これほど美しいものとは!!!そこには、人にとっても学ぶべき心のありようが示されているように思いました。

・・・。って、鍋に人生哲学教わってど~するんでしょうね。わたし(笑)。


とはいえこれは、ますますキャンプが楽しみであります。きっと、こちらのブログにも「初キャンプ」と称して感動を綴ることになるでしょうね^^。


この日のお試しで学んだこと。炭の量はもっと多めに!!!


それにしても、根菜類、おいしかったです。今回は、とくにジャガイモが絶品。鍋にいれて火にかけておくだけなのに、なに、このうまさ。大自然のパワーはすごいよ~。


文字通り、エネルギーごちそうさまでした!!!


【2012/11/25 18:30】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
アン的生活
1114.jpg


ひと雨ごとに寒さが身に染みるようになってきましたね。夏の間は短かったバスタイムもすっかり長くなり、湯船につかっている間が、最高のレイキタイムになっております今日のこのごろです。


その日の冷えは、その日のうちに。お湯のパワー+レイキで、心も体もどんどん温めちゃってくださいね。症状が固定する前のこまめなケアが若々しさの秘訣です^^。


最近では、ネットでいろいろな映像を楽しめるようになりましたね。うちでは、映像好きの主人のおかでげで、このところ夕食時にパソコンでアニメを楽しむのが日課になっております。





いま、ハマっておりますのが「赤毛のアン」。テレビ放映されていた当時はまだ小学生だったと思います。マリラが厳しい人だ、という印象くらいしか残っておらず、この作品の良さをまったく理解していませんでした^^;。


いま、見返してみると、アンの想像力はとても魅力的だし、その感受性の豊さにはうっとりしてしまうほど。ギルバートのことを根にもつあたりはちょっとかわいくないけれど(笑)。そしてマシューの「心配はいらんよ」は、まさにしあわせの万能薬。(レイキの五戒にもある「心配すな」と通じますね!)聞くたびにうなずいてしまいます。子供のころは良い印象をもてなかったマリラにも、厳しさの中にも温かみのあるぶれない一筋の光を感じます。


また、いいのが、アンの世界の人たちの暮らしぶりです。薪をくべるオーブンから生みだされる美味しそうな料理やケーキ。ロッキングチェアに揺られながら窓辺でする編み物やパッチワーク。1900年代初頭の田舎では、暮らしに必要なものはなんでも自分で作らなくてはならない。料理はもちろん、ケーキ作り、衣服やパッチワーク、レース編みなど、生きるために必要な女性のたしなみだったのですね。


それは、必要だったからこその行為なのだけれど、なんでも買えば簡単に手に入ってしまう時代に育ったわたしからみると、「何でも自分で作る」という暮らしぶりがとても新鮮に映るのです。


ということで、またまたお菓子作りなんかを始めてみています。結果ももちろん大事なんだけれど、作っていくその「過程」がおもしろい。そこには、どんなに小さなものでも「生み出すこと」の喜びがあるのですよね。


小さなアンとグリーンゲーブルズが教えてくれる豊かな暮らし。わたし流に取り入れていけたらなと思っています。


12/1(土)レイキ交流会「風のつどい」、まだまだお申込み受付です。ゆったりほっこり、みんなでレイキして心も体もあたたまりましょ。レイキの流派・系統は問いません。お申込みお待ちいたしております。

【2012/11/23 15:01】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ARIGTOUをありがとう!!!~言霊のパワー~
1119.jpg

とっても、とっても、温かなものを見せていただきました。たくさん、たくさん泣きました。


人であるならば、きっと誰もがこころに負っている「傷」。それは、時に、心の陰りとして、世界を曇らすことがある。


ああ、わたしにもそういうものがあるな・・・。でも、こうして、温かなものに触れていると、こころの陰りが姿を消していく。そして、傷も癒えていく。


とにかく、あたたくて、あたたかくて。愛というエネルギーの照射が、心の傷にもたらす化学変化を実感し、やっぱり、答えは「ここ(ハート)」にあるんだなと思いました。そして、また、涙、涙。一人だったら声をあげて子供のように泣いていたでしょうね。


松本菜穂さんプロデュースの舞台ARIGATOUを観てきました。


朝ってね、あたり前にやってくるんじゃない。大切な人の笑顔を照らすために、感謝のこころが連れてくるんだ!


感謝のこころを忘れてしまった人間が、そんな境地にたどりつくまでのストーリー。その、感謝を忘れてしまった人間が、最後の最後で、やっと「ありがとう!」と言えた時、その台詞に乗ってきた「ありがとう!」のパワーは本当にすごかった。わたしは、ここでまた号泣(笑)。


こういうのを「言霊」っていうんだなと思った。


わたしも、「言霊」を使えるようになりたい。そして、「言霊」の世界で生きていきたい!!!


ARIGATOUをありがとう!!!


12/1(土)レイキ交流会「風のつどい」、まだまだお申込み受付です。ゆったりほっこり、みんなでレイキして心も体もあたたまりましょ。レイキの流派・系統は問いません。お申込みお待ちいたしております。


【2012/11/19 09:47】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
生ツリーのパワー☆
1172.jpg


幸運にも、生のもみの木を使ってクリスマスツリーをセッティングするお手伝いをさせていただきました。


まずは、生ツリーの買いだしから。IKEA港北店は、平日の午前中にもかかわらず、生ツリーをめがけてやってくるお客さんでいっぱいでした。わたしたちも、その中に混じって、さっそくツリーを選びます。幸運にも、ほんの数本みただけでクリスマスツリーにぴったりな形の良いツリーを見つけることができました。


その後、オーナメントもIKEAでゲット。シンプルですが赤とゴールドで、温かみのあるツリーに仕上がりました。傍らに佇んでいると、その独特の香りと存在感でとても癒されます。お手伝いさせてもったから愛着が湧いたのでしょうね。このクリスマスツリーから、しあわせの波紋が広がっていくようでした。


不思議ですね。クリスマスツリーというと、もっと華やかにしたくなるかなと思ったのですが、生の木の持てるパワーのせいでしょうか、飾りはこの位でも十分満足できてしまう。むしろ、飾りはこの位にして、もみの木自体のパワーを楽しみたい気分になります。


こうして、形を変えてしばしの間家庭を照らしてくれる大自然に、ただただ感謝です。


買い出しから、オーナメント探し、セッティングに飾りつけと、とにかく楽しかった!!!


残念ながら、我が家では、これだけのツリーを生かせるだけの空間が確保できないので、せめてリースだけは生のものを・・・と意気込んでます^^。


PS. IKEAの生ツリーは、年明けの期間中にお店に持っていくと引き取りをしてくれてリサイクルしてくれるんです。そして、期間中はツリーと同じ金額の商品券を使うことができます。こういう企画力がIKEAの魅力でもありますね!



【2012/11/17 10:53】 | 暮らし | トラックバック(1) | コメント(0)
あたたかな歌声
朝日って、どうしてこんなにも人の心をしあわせにするのかしら!!!


って、赤毛のアンじゃありませんよ(笑)。昔は、洗濯ものを干すために物干し竿やベランダの手すりを拭くのが面倒だったのですが、いまじゃ、朝日をあびるんだ~、とよろこび勇んでベランダに出ていくわたし。


若いころは、日焼けが嫌だ~、と日のひかりを思いっきりさけていたことが信じられないくらい。今じゃ、日焼け(?)そりゃするかもしれないけれど、それよりも太陽から受け取る恩恵の方がどれだけ大きいか計り知れない!!!という信念にすっかり書き換えられたわたしにとって、太陽の光は貴重な心身の栄養源です。


ところで、このところ、ウェルカム音楽として使えるクリスマス音楽ないかな~と思案すること数日。先日、カーラジオから流れるカーペンターズのカレンの声を聴いてぴぴ~ん!


おお!!!これこれ、この柔らかさとこの温もり~☆


みなさまをお迎えするための音楽には、普遍的な心地よさがあるかどうかが大切なポイント。カレンの声ならばっちりだわ~。


そこでわたしが取り寄せたのが、こちらのCD。


Christmas PortraitChristmas Portrait
(1997/09/17)
Carpenters

商品詳細を見る



最初は、ちょっと賑やかすぎたかな・・・と思ったのですが、すぐに慣れました。わたしの描くクリスマスのイメージとは違っていたので直後は少し戸惑いがあったようです。いまでは、温かく楽しい家庭の雰囲気が伝わってくるのが心地よく、早くもリピートしています。


でも、まだ11月。さすがに、すぐにウェルカム音楽として使うのは、ちょっと早い。そこで、取り出したのが、カーペンターズのベスト。昔購入したのがあったことを思い出しました。


青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
(1995/11/10)
カーペンターズ

商品詳細を見る



秋が彩りを深めていく今の季節に、こんなにカレンの声がぴったりだなんて今まで気がつきませんでした。結婚する前から持っていたのにね^^;。


ということで、ウェルカム音楽は、カレンできまりです!


12/1(土)レイキ交流会「風のつどい」、まだまだお申込み受付です。ゆったりほっこり、みんなでレイキして心も体もあたたまりましょ。レイキの流派・系統は問いません。お申込み、お待ちいたしております。


【2012/11/15 18:35】 | 音楽 | トラックバック(1) | コメント(0)
心の弾力
1113.jpg

ひさしぶりに、窓辺が明るくなりました。思い立って、好きな花の苗を購入し、窓辺のフラワーボックスに寄せ植えを飾ってみたのです。


家を建てた当初は、ガーデニング熟練者の母の指南もあって、窓辺に花を絶やした事がなかったのですが、真夏の暑さが厳しくなり、わたしの気もそれてしまって、長らくフラワーボックスのある二階の窓辺に花の姿はありませんでした。


こうして、ひさしぶりに花を飾ってみると・・・。いいですね~。写真では見えませんが、花びらにフリルのあるタイプのパンジーも植えてあるんですよ。こうして見ると、色の好みも随分と変わったものです。自分の意識の変化を反映しているようで、眺めるたび、感慨深いものがあります。


彩り豊かな暮らしに弾力のある心は欠かせませんね。そういう心でないと、美も喜びも、感じることができない。わたしにとって、そうした感覚と一緒にいるのはとても、とても大切なこと・・・。


暮らしの中の彩り。これからは、よりわたしらしく大事にしていきたいものです。


そうそう、blog耳からつくしの方もなんとな~く続いております。こちらとは違ったテイストで綴っている(つもり?)なので、よろしければおつきあいくださいね。
【2012/11/13 13:36】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
パティスリー シュクレペール
前々から気になっていたパティスリーシュクレペール


出会いは、溝の口店(まるい店内)でした。手土産を何か・・・とお菓子売り場をさ迷い歩いていた時、センス良くラッピングされたハロウィン用のお菓子と目が会いました。なんだか素材もよさそうです。


こんなお店あったかなぁ・・・。と思いながらショーケースの方を見ると、かわいらしいデコレーションのケーキたちが!!!ややや、これは帰り道、絶対買って帰ろうと思いました。その時は、お芋のモンブランにしたのですが、軽くてやさしい味わいがとても気に入りました。(下の写真の奥に見えますね。手前のいちがのケーキももちろん美味でした~☆)


1013.jpg


そして、今日。二子玉に出かけたのでふらりと立ち寄ってみたシュクレペールの本店はこんな感じでした。


1110.jpg


店内は、ケーキを始め焼き菓子やパンでいっぱい。入口のテラスのところには、温かいお茶も用意されていて、お店でかったものを食べられるスペースになっていました。


わたしはね、ここのケーキのね、「ゆるかわいい顔」が好きなんです。今回購入したケーキはこちら。


11102.jpg


溝の口のお店にもあって、ずっと気になっていたのです。今日は、お店の人にどんなケーキが聞いてみてようやく購入を決意。シェフの代表作なんすって!独創的な形がなんだか宇宙っぽくありませんか(笑)


チョコレートでコーティングされたお山の中には、チョコレート風味のスポンジと何か・・・(すいません味覚はあんまり発達しておりません^^;)が混ぜ合わさったものが。お店で説明を聴いたのですが忘れてしまいました。甘すぎず少しお酒が効いた感じもあって、小さいけれど食べ応えがある。好みの味でした~☆。これはリピートメニュー入りですね!(お店のページでケーキの説明をみつけました!ノワールというのですね^^)


ケーキも、そのお店によって、「顔」が違う。そこから、ケーキをどう見せたいのか、何を大事にしているのか、ということが伝わってきてとても面白いです。


ちなみに、風のつどいでお出ししているアノーのケーキは、スタイリッシュで遊び心満載。楽しい時間を共有したいというオーナーの心を感じます
【2012/11/10 17:13】 | 出会い | トラックバック(0) | コメント(0)
11月風のつどいを終えて~星をかった日~
ジブリの森の映画 星をかった日 パンフレットジブリの森の映画 星をかった日 パンフレット
(2006)
井上直久

商品詳細を見る

先日(11/3)の風のつどいでは、はじめて「星をかった日」をウェルカム音楽に。このCD(残念ながらアマゾンではパンフレットしか検索されませんでした)、昨年の12月にジブリ美術館にいった時に、館内で上映されていた短編映画のサントラです。


「星をかった日」というタイトルからして魅惑的ですが・・・。(映画のほうはぜひともジブリ美術館でお楽しみくださいね)また、音楽がいいのです。秋に入ってどうしても感傷的になりがちな心にそっと寄り添ってくれる癒しのメルヘンです。


さて、この日の風のつどいは、みなさんゆったりとあたたな時間をお過ごしいただけたようです。初対面の方がいらしてもすぐに打ち解けてしまうのは、きっとレイキのなせる技ですね^^。


毎回、みなさまとレイキをさせていただいた後は、癒しのエネルギーがぐわぁんと降り注ぎ、集いを終えた後もそのエネルギーをしみじみと感じさせていただいています。


そんな時、こんなメールをご参加者の方からいただきました。


「かおるさん、こんばんは。今日も有難うございました。


先月位から、風のつどいでレイキをする側になった時、一歩引いてレイキをお相手に流せるようになった気がしました。


前までは、何かを感じるぞぉ~とかレイキ流すぞぉ~みたいな気負いがありました。良く言えば一所懸命に!


今回は、お相手と一緒にレイキが流れていく感覚を楽しみ癒やされていくのを感じました。


一斉レイキをしていただいた時には、すっかりレイキに浸りきって身をゆだねていました。


本当に気持ちが良かったです。


有難うございました。」



うれしいですね!


レイキをしている時のご自分の心持の変化を感じられることはとても素晴らしいこと。そこにこそ、レイキ上達の秘訣があるといっていいくらいですから。


レイキをする時には、自然体になって一切を委ねてしまうという心の姿勢が大切ですが、これは、一朝一夕でできるものではありません。でも、実践の積み重ねの中で、ある時ふとこうして気がつく。その瞬間にこそレイキ実践者としての成長があるのです。


これからも、どうぞそのご自身の変化を楽しみにレイキを実践なさってくださいね。
もちろん、わたし自身もそのひとりです!


次回の風のつどいは12/1(土)です。(来年からはまた月末開催となります)みなさまのお申込み、お待ちいたしております。はじめての方も、どうぞ気軽にご参加くださいね!


【2012/11/06 16:13】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
Fantastic Caravan vol.2
juria.jpg


Fantastic Caravan vol.2というライブに行ってまいりました。


竪琴(わたしのライアーの先生)、ライブペインティング、ベリーダンス、歌。4人のアーティストが織りなす不思議な不思議な世界・・・。


特に、ライブペインティングとベリーダンスは見るのが初めて。


ライブペインティングは、その場の音、空気に載せて描かれる線の息遣いを感じるのが面白かった。まずは、赤い線で描かれた命の芽吹きのようなイメージ。そこに重なる黄色が赤とまじりあって燃えがある命のようで。そして、最後は真っ白な花が画面を覆い、絵の中の少女がほほ笑んだみたいで・・・。これは、わたしの勝手な想像なんですが、命はずっと同じではいられない、変わりつづけ成長していかなければ、その命は淀んでしまう。そんなインスピレーションを感じました。


そしてまた、ベリーダンスの大地をつかかむような力強い踊りに、ほうっとため息。女性美を賛美するような官能的な衣装も素敵でした。


シンガーソングライターの方の声もよかったですね~☆ なんとも言えない独特の響きが心地よく体に響いてきました。


そして、竪琴(ライアーハープ)は我が師匠、みやたよしたけさん。先生のライブを見るのは初めてでしたので、レッスンの時とはちがう先生の顔をた~くさん見せていただきました。あんな技、こんな技も!(ってまだまだ真似できませんがね^^;)。みやた先生にライアーを習いたいと思ったのは、その音色が好きだったから。ライブで聴く先生の音は、やっぱり素敵でした。


思い思いにさくひとつひとつの花はどれも魅力的。その四つの花が、触れ合い、重なりあい、まじりあって・・・。あたたかくてやわらかな・・・。素敵な素敵な夜でした。


PS.この夜、受け取ったエネルギーは、その後もじわじわとわたしに浸透し大きな癒しとなりました。そして、わたしの心の殻をまたひとつ溶かし去ってくれたようです。


【2012/11/05 17:07】 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
心と体で知る相性
10312.jpg


思い立って美容院に出かけました。担当の男性の美容師さんと、いつものように軽くお話しながらストレートパーマとカットを。


実は、この美容師さん、幼いころおばあちゃんに手当をしてもらったことがあるそうなのです。小学校低学年くらいまではときどき30分位手を当ててもらったのだとか。それがレイキなのかあるいは他の療法なのかはわかりませんが。(そいう人が、いつのまにか、わたしの担当になっていた、というのも面白い偶然ですよね!)


今回も、そんな話をしながら、いつもと同じように時を過ごしていたつもりでした。髪を触ってもらいながら、この人の手って気持ちいいな・・・と時々感じること以外は。ところが、マッサージをしてもらって驚きました。


あらら???
この人、こんなにマッサージが上手かったかしら???


マッサージがと~っても気持ち良いのです。強すぎず弱すぎす。そして、手の平から伝わってくるエネルギーがなんとも心地よい!!!


感激してそのことをお伝えすると、「ぼく、手が大きくて指が太いんですよぉ」とその大きな手を見せてくれました。


なぜ、いままで気がつかなかったのだろう・・・。マッサージはアシスタントが担当することが多いにしても、何度かはしてもらったことがあるはずだし。きっと、わたしの感性が閉じていたのでしょう。


頭部と首回り、肩をマッサージしてもらっていたら、腹部まで気の流れがよくなって、からだ全体がホカホカしてきました。


マッサージでこんな感覚、はじめてだわ・・・。しかもこんなにも短い間に。


これは、たぶん、わたしの体が変わったこともあるでしょう。はじめてまるっと2年はたった太極拳のおかげで、ここ最近、目立って丹田のエネルギーがアップし、体の柔軟性が増したのです。


また、お店がすいていたせいもあって、先方もリラックスして気持ちに余裕があったのかもしれません。


そして、相性ということ。この美容師さん、わたしにとっては、エネルギー的にとても心地の良い人なのだ、ということに、今回初めて気がつきました。


実は、わたしは、視覚的には自分とよく似たタイプを好むのです。とくに初対面なんかだと、そういう人にググっと魅かれてしまう。でも、体が感じて心地よいと思うのはまったく間逆なタイプだったんですね~。トホホ。こんんな大事なことに、今、気がつきましたよ。


わたしの体の状態が良くなったこと、感度があがったこと、意識がクリアな状態だったのでよく観察ができたこと、お店が忙しくなかったこと。良い条件がいくつか重なったことも幸運でしたね。


心と体で知る相性。それは、心と体で息をするように情報を受け取っている時でないとキャッチすることができない。リラックスして、内と外のエネルギー交換が滞りなく流れている時に始めて知ることのできる心地よさ。今回、身をもって学びました。


いやぁ。この感覚をもっと大事に、そして高めていきたいと思った瞬間でした。突然思い立って美容に行ったのも、意味があったのかもね。


写真は、藤が丘の街角でみつけた満開のキバナコスモス。綺麗ですね~☆


11/3(土)レイキ交流会風のつどい、まだお席がございます。レイキ実践の場に、ご自身のエネルギーアップに、レイキとの出会いの場に、ぜひともご利用ください。お申込み、お待ちいたしておりま~す。
【2012/11/01 17:48】 | 暮らし | トラックバック(1) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。