レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
写し鏡
0929.jpg


2か月ぶりの開催となった今回の風のつどい。この夏で、心の一区切りがついたせいでしょうか、いつもとは違った風のつどいの風景を感じていました。


何と言うのでしょうか・・・。わたしが体験してきた「レイキの世界の豊さ」をどうしたらよりヴィヴィッドにお伝えできるだろうか。実感を持って体験いただけるか、ということに自然と意識が向いていましたね。そのことは、今までももちろん意識してきたには違いありませんが、その意識がより明確に、より純粋になったと言うことでしょうか。


今日は、最後にこんな感想をシェアしてくださった方がいらっしゃいました。


「昔は、何か感想を言わなくちゃ、とか、何か面白いことを言わなくちゃ、というようなプレッシャーを感じていたのだけれど、最近の風のつどいではそれがなくなって、無理をせず、ありのままの自分でいられるようになった」のだと。


このご感想を聴いた時、あぁ、まるで写し鏡だなと思いました。実は、いま、わたし自身も余計な力みがなくなって、心の自由度が一段アップしたところなのです。このタイミングで、こういうご感想をいただいたことに、宇宙のはからいを感じました。


「プレッシャー」ということに関しては、わたし自身は、みなさまにそういうことを要求したという自覚はみじんもありませんが、無自覚な意識の深いところで、みなさまに何かを期待していた、ということがあったのかもしれません。「期待を手放す」というのは大事ですね。


今日は、みなさまとの時間の中で、わたしにとっての新たなる真実が頬笑みかけてくれたような気がしています。ご参加してくださった皆さま、ありがとうございました。


「できるだけ自由でありのままのご自身でいられる場所」


風の城では、そんな場をレイキを通じて提供していけたらと思うのです。「え?なぜかって???」


実は、そこにこそ、レイキ実践者(あるいはレイキヒーラー)としての伸びしろがあるからなのですよ。もちろん、そのためには、わたし自身をどんどん解放していかねばですね!全ては「写し鏡」なのですから^^。


風の城の新たなイメージを描きつつ、「今」を楽しく精進していきたいと思っています☆


スポンサーサイト
【2012/09/29 22:32】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
瑠璃と雲
0927.jpg


現在、横浜は石川町の駅から徒歩2分の「ギャラリー仁」にて、青楓さんこと高田律子さんの陶芸展が開催されています。(くわしくはこちらをどうぞ。)


今回みつけたわたしのお気に入りは、冒頭の写真の二品。瑠璃色が美しいマグカップに、雲をデザインしたお皿です。マグカップは、持ち手のラインがエレガントで素敵。お花のアクセントもわたしのツボでした^^。


雲のお皿は、小さいものもあって、お茶をいただいた時に茶卓としても使われていたのが、と~ってもかわいかった。迷ったけれども、わたしは大きい「雲」を購入。果物とかお菓子なんかをのせたらかわいいかなと思ってね。


勝手に、「瑠璃と雲」と名付けて、さっそくわたしの日常に溶け込んでいます。瑠璃色は宇宙を連想させるし、雲といえば、やっぱりメルヘン。いつだって雲の上にいるような軽やかな気分でいたいな~というわたしの欲求を心地よくくすぐってくれます。


09262.jpg


青楓さんの作風は、全体としては「やさしさ」とか「なめらかさ」とか「柔」のイメージが滲み出てくるところが魅力ですね。最近では、そこに「自由」が加わって、ますます魅力的に!好みの作品が増えちゃって、わたしにとっては嬉しい悲鳴ですね。


上の写真の手前に写っているタイル風の焼き物も展示販売されていますよ。大小のピースを自由に組み合わせて、お気に入りのスペースを作ることもできます。他にも、青楓さんの地元の土を使った作品も渋くて素敵でしたよ。絵皿や額まであって、見る者を楽しませてくれます。


0926.jpg


ギャラリーの入り口はこんな感じです。ぜひ足を運んでみてくださいね。


慈愛のなかに、楽しさと自由が遊ぶ。青楓ワールド、お勧めです。



【2012/09/28 09:21】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
The rose
ライアーを習いはじめておよそ半年が経ちました。月に一度ののんりびペースなので、ライアーに触れない日があっても気にすることなくレッスンを続けて来れました。


不思議なもので、ライアーはわたしにとってまさに「心の弦」。おもしろいように、わたしの心のありようが映し出されます。


「音楽」とは響きあう心と心の触れ合いなのだということを、身をもって教えてくれるのもライアーなら、「あなたは、そういう人なんだよ。」と、わたし自身のあるべき姿を教えてくれるようでもあります。


今月のレッスンでいただいた曲は、「The rose」。原曲を知りたくなってネットで調べてみました。





"I say love it is a flower" からのくだりが、もうたまりません。


"That never learns to live" にも、うなってしまいます。


歌詞もメロディも心に響きますね。心温まる素晴らしい曲です。


朝晩は急に冷えるようになりました。秋の夜長には、この曲が心を温めてくれそうです。ぜひ、お聴きになってみてくださいね。映像もとても綺麗ですよ。


ちなみに、ライアハープってこんな楽器です。胸の前で抱えるようにして弾くんですよ。かわいいでしょう^^。


lire.jpg

【2012/09/25 20:17】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0)
雲の上のお菓子
09202.jpg


新百合ヶ丘にあると~っても有名なケーキ屋さんといえば、もうお分かりですね。そう、あのリリエンベルグです。


このところ、こちらのケーキをいただく機会に恵まれています。我が家からは車で数十分かかる上、人気店なだけに駐車場に入るのもままならないので、どうしても足が遠のいてしまいます。ナンバーを拝見すると、東京方面などかなり遠方からもいらしていて、コアなファンがたくさんいるんだなぁと感心してしまいます。


このお店のケーキは、写真のとおり、とても上品でシックな感じのデコレーション。派手さはありませんが、素材の持ち味を生かしたやさしい味わいが、そのまま表現されています。


この日、わたしは写真の左側のケーキをいただきました。名前は忘れてしまったのですが、スポンジの間にムースとピオーネのスライスがサンドされていました。その味わいは、滑らかで繊細。そして、と~っても軽い!(ちなみに右側のはピオーネのミルフィーユね。)


「雲の上のお菓子みたいだね~!」というのが、わたしの印象です。食べ終わった後も、もう一つ行けちゃう位の軽やかさ。ここのケーキなら毎日食べれちゃうかも(笑)。そんな気分にさせてくれます。


いや~。これほどのレシピを生み出すパティシエさんの心意気を想うと、もう気が遠くなりますね。何と言うのでしょうか・・・。人気店でありながら、おごることなく、初心を忘れず。人々に愛されるケーキを作り続けるという日々の積み重ねを感じてね。きっと、そこに宿る愛と感謝のエネルギーが、味わいの「軽さ」というものにも体現されているんじゃないのかな。


そしてね。また、お店自体がとってもかわいいの。まるで、森の中のケーキ屋さんといった風情です。エントランスでは、こんな熊ちゃんが出迎えてくれるのですよ~。


0920.jpg


ここに来るだけで、とってもメルヘンな気分が味わえます。お店の中に入ったら、もっと楽しいよ!


実はね。「雲の上のお菓子」だけに、いつかこちらのケーキとともにお茶会などできたらな~、と思っているのですよ。ハトホルがお好きな方、そしてレイキも好きだよ~、という方、いらしたらぜひお声がけください。リリエンベルグーのケーキを囲んで談笑したり、ハトホルの書を読んだりワークをしたり・・・。そして、もちろん最後はレイキもね。楽しいひとときをご一緒しませんか~☆


ふふふ。もしも、ご賛同してくださる方いらしたら、メールくださいね。



【2012/09/22 00:37】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
生まれる
presentk.jpg



ひさ~しぶりに石を繋ぎました。少し前にいただいたお直しのご依頼と(大変おまたせしてすみません!)、お父様へのプレセントに・・・というオーダーをいただいたことが、とても良いきっかけになったようです。


今回、石を触っていてふと気がついたこと。


それは、何かを生み出すことの素晴らしさと大変さ。ただ石を繋ぐという小さな小さな宇宙でも、生み出すことは大変なこと。でも、小さな宇宙がひとつ生まれた時の喜びはすばらしい!!!


そしてもうひとつ。わたしにとっての作品作りというものは、自分の中の「黄金律」にひたすら耳を傾けることなんだな・・・。やや、それならもっともっと耳を澄ませていきたいではないか!!!


そして、こんな風にかわいリボンをつけて、ご縁のある方々のところに飛んで行ってくれたらうれしいなぁ。


となると、話は早い。とりあえず、いままでのブレスレット用ブログは容量もかなり一杯になってきたし、ここはひとつ新しいお部屋を作りましょう。ということで、できたお部屋がこちらです。まだまだ作品のアップはわずかですが、これから少しずつ充実させていきたいと思っています。


実は、この慣れないシステムと戯れながら(?)新しいお部屋の製作作業をしていると、この無限のエネルギーはなんだ???なんだかもりもり湧いてくるぞ~、と喜び勇んで、めずらしく深夜にもかかわらず作業を続行。あとになって知ったのですが、ちょうどこの時は新月をまたいでいたのでした。まさに、「生まれる」にぴったりのタイミングでしたね^^。


いやはや絶妙な宇宙のタイミングに感謝でございます~☆


10/25(木)ひまわりの会、ご参加いただける方募集中です。レイキと自力整体、両方が体験できますよ。わたしたちと一緒に、ゆったりのんびり楽しいひと時を過ごしましょう~☆



【2012/09/18 12:40】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ファーストディグリーのご感想
angel0911.jpg



先日、レイキ講座を受講された方から、とても心温まるお便りをいただきました。胸が熱くなり、心の深い深いところからの共感と喜びを感じずにはいられませんでした。


ご本人さまの承諾を得てここにご紹介させていただきます。


土曜日のレイキのアチューメントではお世話になり、ありがとうございました。まる1年以上、毎月レイキの練習会に参加させていただき、信頼関係が出来上がっているところで、ファーストディグリーを受けていると全てが安心感と信頼感と自然な流れで一日を過ごすことが出来ました。


かおるさんが、この1年レイキを通して私に寄り添い導いてくださったお陰で数々の変化がありました。


自分の心が、楽しいことに出会うと喜んでケラケラ声を立てているのが分かります。植物のそばを通るとそこから出てくるエネルギーを感じることも出来ます。あたたかい心の持ち主のそばに近づくと、あたたかくて温泉に浸かっているかのような大きな波動を感じることも出来るようになりました。


これだけの成長をさせていただいてから、改めてアチューメントを受けている時の感覚は、ゆっくりと頭上から光がひとつひとつのチャクラを通りながら下へ向かって降りてくるあの感覚は忘れられません。愛と感謝の光でした。


かおるさんから、愛を受け取り私の感謝の気持ちがひとつの光となって降りていく感じ・・・です。


ありがとうございました。



こちらこそ、ありがとうございました。わたし自身が「導いた」などということは何一つないのですよ(
笑)。それは、心を開いて、体験の全てから意味を見出そうとするご自身の生き方の姿勢が引き寄せた豊さに他ならないのですから!わたしのほうこそ、こうしてご縁をいただいて、謙虚さ、純粋さというのもを学ばせていただいております。


これからも、わたし自身にできることと言えば、ただひとつ。それは、より自由に、より軽やかに。魂の導きのままに生きていくこと。まだまだですが、そこから得られる豊さが自然と周りへと広がっていくことを願ってやみません。


写真は、彫刻の森美術館のミュージアムショップで見つけた天使です。風の城の片隅でみなさまのお越しをこころよりお待ちしていますよ~。場所が場所だけに(笑)、みなさんきっと出会うはず。どうぞよろしくね~☆

【2012/09/11 12:43】 | みなさまのお声 | トラックバック(0) | コメント(0)
ほんの少しの勇気
心の扉を開く―聖なる日々の言葉心の扉を開く―聖なる日々の言葉
(1998/04/15)
アイリーン キャディ

商品詳細を見る




昨晩は、カフェフルール尚さん主催の読書会に初参加させていただきました。「心の扉を開く」という本を読んで感じたことをシェアリングする会なのですが、8月末に北軽井沢の尚さんのところでトランスフォーメーションゲームを体験した時には(その時の記事はこちらです)、読書会にも参加しようと決めていました。


ところが、その日が近づいてくると、自分の中に初めての集まりの中に参加することへの不安も感じ始めていました。みなさんに受け入れてもらえるだろうか。初参加でご迷惑をおかけしないだろうか・・・などなど。


自分がみなさんにお声がけさせていただいている時の気持ちを考えれば、ご参加いただけるということがどれほど嬉しいものかわかるはずなのに、・・・です。そんな自分を感じた時、皆様が風の城に初めていらしてくださる時の気持ちってこんな風なのかな。きっと、期待半分、不安半分。それでも、思い切って風の城の扉を叩いてくださるのだな、と改めて感謝の想いが湧いてきました。


結局、この日、わたしの背中を押したのは、「いま実行しなければきっと後悔する」という思いでした。それと、大好きな「心の扉を開く」という本を通じてのシェアリングも体験したいという思い。そして、なにより、尚さんが主催する会の雰囲気を味わってみたいというものでした。


実はね、将来的にはわたしも「心の扉を開く」の読書会をしたいと思っているのです。そしてもう一冊、「ハトホルの書」についてもその中にあるワークをみんなと実践できるような読書会を開けたらなと思っています。


「心の扉を開く」も「ハトホルの書」も大好き。理由はないけれど、一緒にいると「安心して楽しい」。その肌感覚がわたしをそんな気持ちにさせるのですよね~。


結局、この日は、2次回までちゃっかり出席してとても楽しいひとときを過ごさせていただきました。わたしも、フィンドホーンとか、シャスタ山とか。行きたくなってきちゃったぞ。


ということで、今日は、早速英会話のテキストを買ってきました。きっと、今度こそ、英会話続きそうです。だって、こんなにわくわくしてコミュニケーションしたいって気持ちが高まっているんだもの^^v。


あ~、はやくテキスト開きたい~!!!(笑)


9/29(土)風のつどい、ただいま、ご参加いただける方募集中です。レイキを通じて楽しいひとときを過ごしましょう。詳細はこちらをご覧くださいね。みなさまのご参加、こころよりお待ちいたしております。初めての方も、気楽にいらしてね!

【2012/09/06 17:34】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。