レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
こころのスペース
lisette apple

二子玉川のカフェLisetteで、あたたかな時間を過ごしてきました。


間口が広く、開け放たれた扉からは、光と風がよく入ります。白い壁にアンティーク風の素朴なインテリアがまたいいの。さりげなくおしゃれで、きどらない空間を生み出しています。


冒頭の写真は、ホットアップルジュースにシナモンスティックを添えたもの。ジュースの入った大きなマグカップ、ガラスの小瓶にはいった蜂蜜、そして、蜂蜜用のスプーンレストには小さなアンティーク風のカップ。なんて美しくかわいらしい器たち!!!この3点で登場した瞬間、もうやられましたね。

 
大きな白いマグカップとガラスの小瓶、そして小さなカップ。互いがそれぞらの魅力を引き立てていてなんとも心和む雰囲気をただよわせているのですよね。この3点のバランスが妙にわたしのツボだったみたいで、いただく前からハッピー気分。お店の方のセンスと細やかな心遣いを感じました。


こういうジュースって冷たいとぐいぐい飲んでしまうのだけれど、温かいと、すこしずつその「時」を味わうようにしていただくことができるのがいいですね。ときどき、シナモンスティックをぐるぐる回しながら、至福の時間に酔いしれていました。


そうそう、小瓶に入った蜂蜜がまた美味でした。ジュースの甘さを調節するために添えられていたのですが、わたしは本来のジュースの味で十分満足。そこで、味見のつもりで添えられていたスプーンでいただいてみると、とてもあっさりとした上品な味わいでこれまたびっくり。蜂蜜独特の風味がかなり薄らいでいて、わたしにはかえっていただきやすかったです。ランチメニューに添えられてきたパンに塗って全部いただいてしまいました。


他にも、キッシュやクラブハウスサンドをいただいたのですが、どのお料理も心がほっとあたたかくなるようなやさしい味わい。オーナーさんや、お店の方々のこころが伝わってくるようでした。


今日の、このお店でのひとときが、胸椎エリアの癒しによって、わたしのこころの中にできた新たなスペースを一気に温めうるおしてくれました。いまもまだ、その余韻にひたっています。こういう時は、意図せずとも癒しのエネルギーが無限にわたしに供給されているの強く感じます。ただそれを感じているだけで癒しがさらに深まっていくのです。


さて、その癒しのエネルギーを感じつつ、今日は眠りにつきましょうか・・・。


ありがとう。今日という一日を!!!


スポンサーサイト
【2012/05/31 23:47】 | 暮らし | トラックバック(1) | コメント(0)
しあわせな趣味
ajisai0530.jpg


今朝になって、ふと気がついたこと。そういえば、子供の頃から、人との関係性において満たされない思いというのが常にあったな、ということ。


そして、ここ最近、人とのかかわりに置いて、「あ、この感覚、昔はよく味わっていたな」ということが重なっていたのは、わたしの中に長きにわたって蓄積されていた「満たされない思い」が明るみに出ようとしていたせいなのだ、ということ。


これは、胸椎が緩んできたこととも関係があるのかもしれません。内側はハートが宿るエリアでもありますしね。


いま、ようやくひと波こえてほっとしています。そして、本来の自分の姿にやすらぎを覚えています。


封じ込めていた思いの箱を開けるのは、決して楽ではないけれど、でも、それを開けて感情を追体験して、もういまのわたしにはその感情を引き起こす思考パターンは必要ないのだとしっかり認識すること。


本質的な癒しにかかせない作業だと思います。そして、たぶん、これは死ぬまでやっていくんだろうね。そのたびに喜びとの絆を太くしていくわけだから、しあわせな趣味だなって思います。


写真は、外出先でみつけたアジサイ。奥まった場所でひっそりと咲いている姿が心に触れました。やわらかな水色がいいですね。こころの涙ってこんな色なのかな~^^。

【2012/05/30 14:44】 | 暮らし | トラックバック(1) | コメント(0)
手はこころ
healing room

  
ヒーリングをさせていただいていてふと沸いたことばとイメージ。


手はこころ。
大切なのはこころの純度と柔軟性。
わたしはそのこころであなたに触れる。
花びらであなたを包み込むように。

 
これはもう、基本的なレイキの範疇からは外れていることなのかもしれないけれども。


誤解のないようにお伝えしておくが、わたしは、ヒーリングの際一切イメージは使わない。が、自然に湧き出てくるイメージは大切にする。それは、わたしたちのエネルギーフィールドがもたらす情報のひとつだと思うから。


わたしは、あなたという世界を通して、わたしを見ているのかもしれない。


冒頭のイメージを感じた時、わたしは喜びそのものであった。そうであるならば、このこころ、もっともっと磨かねばなるまい。いや喜んで磨いていきたいと。


そしてね、思ったんです。
名づけるならば、これはもう「Kaoruのハートフルレイキ」だわってね^^。

 
あ、もちろん、風の城でレイキをお伝えする時には、基本をお教えしますのでご安心くださいね。


写真は、今のヒーリングスペースの様子です。小さなお部屋ですが、なかなかかわいらしいのですよ~☆砂漠の女性たちの手による真っ赤なギャッベ。その上に映える白い家具たち。その他、Kaoruのお気に入りの仲間たちとともにあなたをお迎えいたします。

 
ぜひ、遊びにいらしてくださいね~☆

【2012/05/29 23:23】 | ヒーリング | トラックバック(1) | コメント(0)
あたたかな輪
juria05142.jpg


今日の風のつどい。とってもあたたかでこころなごむ時間でした。


自分でも驚きだったのは、レイキサークルで感じたあたたかでま~るい一つの輪。もう何度も体験しているはずなのに、今日のわたしにとって特別な感触がありました。
 

数日前にレイキを連日でしっかりしていただく体験があり、その効果で胸椎部分の緩みが加速しています。そういう時は、それまで保持していたものがふわ~っと浮いてきて心が不安定になるもの。


たとえるなら心の空に、いろんな形の雲が浮かんでいる感じでしょうか。


レイキサークルで感じた、あの、あたたかな輪。それはほんの一瞬でした。後ろの人の手から胸椎を通して浸透したエネルギーの温かさを感じた時、わたしの中のなにかがほどけていくのを感じました。もう、いろいろ浮いていた雲なんて跡形もなく溶け去ってしまいましたよ^^。


目がしらが熱くなり、きっとひとりなら声を出して泣いただろうと思います。その感触は、どんな言葉よりも雄弁で、わたしは、またひとつ、わたしのこころの自由をしばる自分自身のかたくなさを手放すことができました。
 

そして、ご参加いただいた方々、みなさんがそれぞれ楽しそうで、みなさんがそれぞれ魅力的で、みなさんがそれぞれ輝いている!そんなみなさんのエネルギーが折り重なってともにあたたかな時間を刻めたこと。心より感謝申し上げます。


こういう癒しは、ひとりではできない。人と人とが触れあって、心を開いて輪になるから受けとれるものがたくさんあるのですよね。


心を閉ざして生きてきた時間の記憶というものは、簡単に消せるものではないけれど、でも、こうして、なにかが溶けていく瞬間。この喜びを味わうたび、わたしはだから生まれてきたんだな~と思うのです。


そして、心を閉ざして生きてきたこの記憶があるからこそ、この喜びを味わうことができるのだと今は思っています。
 
【2012/05/26 23:38】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(1) | コメント(0)
癒しの炎
0510baramini.jpg


今日の雨は冷えますね。


でも、わたしのこころはとってもあたたか。ともに過ごした時間の余韻が、しとしと降る雨の冷たささえ温かな雨音に変えてしまいます。


今日のこかげの会では、お一人の方がやむを得ない事情で来られなくなり、マンツーマンでのレッスンとなりました。


ご参加いただいた方は、先日ちょうどレベル3を受けたばかり。その後の意識の変化や、ご自身の癒し・気づきについていろいろとお話くださいました。


「真実を生きることによるやすらかさ」とはレベル3でのキーワードにあるのですが、そのことを実体験しはじめているご様子を肌で感じさせていただき、心が震えました。


わたしなりに、数年間レイキを伝えてきて思うことは、やはりその「こころ」をお伝えしていきたいということ。それは、往々にして時間がかかるけれども、それでもわたしは、みなさまとの信頼関係を大切に、じっくりとその「こころ」を育んでいきたい・・・。


その、「こころ」を感じさせていただいた瞬間でもありました。


いまもまだ、この胸で燃えている今日の癒しの炎。簡単には消えそうにありません。


あたたかな時間をありがとう! 


そして、今日こられなかったあなたに (写真だけでもどうぞ^^)

0522.jpg

【2012/05/22 18:38】 | レイキ練習会「こかげの会」 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆたかさ
bara0514.jpg


その人の本質を感じて、そのゆたかさを分かち合うことが、わたしは好きなんですね。その感覚でいると、世界はま~るくて明るい。そしてあたたかい。
 
もちろん、そうではない世界の感覚も嫌という程知っているから、その心地よさが身に染みるのだと思うのです。
 
だからこそ、わたしは今、こうして、生きたい世界を自分で選択して生きている。よりわたしがわたしらしく自然体でいられる場所を大切にしている。
 
そんなことを感じた、今日のこかげの会でした。
 
いま、風の城は、時のめぐみでいっぱい。
 
冒頭の写真は、南の軒下で咲いた赤いばら。


roozemarry.jpg
こちらは、西側の小さな花壇から摘みとったたローズマリー。フレッシュローズマリーティに。


0520.jpg


そして、ミモザのこかげから摘んだ元気いっぱいのクリスマスローズの葉。
 
ありがとうね。今日の名わき役たち。


今日ご参加くださったKAZさんが、体験談をブログに綴って下さいました。臨場感があってなかなか面白いです。(というか実際この会ではたくさん笑いました!)ぜひこちらをご覧ください。
 
【2012/05/20 19:12】 | レイキ練習会「こかげの会」 | トラックバック(1) | コメント(0)
叱る
juria0514.jpg


Reiちゃん母子と一緒に、屋外に設置する木製のベンチを組み立てていました。
 
DIYなんてまったくしないわたしたち。説明書をみながらも慣れない手つきでネジやボルトと格闘することしばらく。
 
無事にこんなベンチができました~☆

isu.jpg


さっそくティタイムをたのしむわたしたち。お気に入りのパン屋さんのマフィンと紅茶と。もちろん、風もごちそうですね。ここは二階なので、街路樹やご近所さんの緑の眺めもまた良いのです。空も広いしね^^。
 
Reiちゃん宅にお邪魔するたのしみが、またひとつ増えましたね^^。
 
ところでReiちゃんといえば、早いもので来月で3才になります。「おおきくなったね~」と声をかけると、「おっきくなってないの!」と必ず答えるReiちゃん。言葉のコミュニケーションがかなりできるようになってきました。
 
写真の白いベンチを組み立て中、こんなことがありました。
 
何事にも好奇心旺盛なお年頃。わたしたちが、ああでもないこうでもないとベンチを組み立てている最中にも「Reiちゃんもやる~」とやる気満々。ネジやボルトを触ってみたり、組み立て中のベンチを一緒に支えようとしてくれたり、小さいなりに一生懸命。
 
でも、わたしたちも慣れないDIYに少々よゆうがなくて。ちょっぴり置いてきぼりな気分にさせてしまったのかもしれません。
 
突然、Reiちゃんが大きな金属のパーツをベンチに向かって投げつけました。
 
わたしはそれを見た瞬間、これは見逃せないなと思いました。というよりは、頭で考えるより早く体の方が、この事態の重さに反応したといった方が近いかもしれません。
 
とっさに、「いまね、イスが痛いって言ったよ。Reiちゃんだってこんな風にされたら痛いでしょう?イスにもこころがあるんだよ。」 
 
こういう時って、自然に腹から声が出るものなのですね。いつもよりあえて語気を強め、ゆっくりと厳しい調子で伝えているわたしがいました。 


子育てをしたことがないわたしにとって、小さい子供を叱るという体験は初めて。自分からこういう言葉と態度が出てくるということにちょっと驚きました。
 
そのあと、どの位時間がたったでしょう。ふと、「ちゃんと、イスさんにあやまった?」と尋ねてみました。すると、照れくさそうに小さな声であやまった後に、「いたいのいたいの飛んでけ~」と、自分が金属でぶつけてしまったところを撫でながら、イスを気づかっていました。


いつもはパパやママに自分がしてもらっていることを、イスにもしてあげたんだね。


こどもの柔軟なこころに感動した瞬間でした。


また、わたし自身、「叱る」ということを覚えた体験でもありました。


そしていま。こころをこめて叱ったその瞬間の感覚が忘れられなくて、なんどもなんども思いだしてしまいます。なんだかね。とても温かくてそして懐かしい感じがするのです。 


こういう、こころとこころのやりとりを、わたし自身、長い間希求していたのかもしれない・・・。


ふふふ^^。またひとつ心の扉が開きましたね~☆


冒頭の写真は、今年我が家の南側の軒下で咲いてくれたバラたちです。 
【2012/05/18 23:45】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
花に託す
0515syakuyaku.jpg
 
先日、外を掃いていた時のこと。
 
お向かいさんが、お庭に咲いたシャクヤクをくださいました。
 
ちょうどお向かいさんの門の前は、風がごみを集めておいてくれる場所。家の周りを掃く時、ついでに掃くだけなのですが、たまに見つかっちゃうのですね~。
 
掃き掃除などは、本当は人目につかない早朝のうちにしてしまうのが良いのでしょうが、無理のないタイミングで続けようと思うと、わたしはそんなに朝早くはできないのです。


発見されるたび(笑)、かえって気をつかわせてしまうな~と思いながらも、目の前にあるものを掃かないって気持ちが悪くてやめられない。
 
でも、こんな風にお花をいただくのってうれしいですね。
 
いまも、わたしの側でごきげんに咲いてくれています。
 
もちろん、生ける時は、ちゃ~んとレイキさせてもらましたよ。レイキって人だけじゃなく、いろんなものに使えるのが本当におもしろい。
 
わたしなんかは、最初は人以外のエネルギーについては興味もないし分かるともおもっていなかったのですが、自己レイキや、人さまに手を当てさせていただいているうちに、自然に人以外のエネルギーも分かるようになってきました。
 
人にくらべたら、植物や物はうんとわかりにくいですが、わかるようになるとこれまたおもしろい!
どんなものにも見えるものの背後にはエネルギーがあって、その部分を感じながら生きていくことの大切さやおもしろさ、そして、しあわせを知りました。
 
と、こんなことをお話するつもりではなかったのですが、シャクヤクが背中を押してくれたのかな^^。
 
5/20(日)、6/3(日)のこかげの会、あとお一人様、お申込み受付中です。

レイキを鍛錬して、感じるこころをはぐくんでいきましょう!!!
 
【2012/05/15 11:41】 | 暮らし | トラックバック(1) | コメント(0)
やりたいことをやる
baramini.jpg


このところ、季節に似合わぬ風が吹いています。外ではごうーごうーと風の吹く音。それでも、バラの季節はやってきます。風の城にある鉢植えのバラたちも蕾がたくさんつき、次々に花をさせています。写真は、「ジュリア」というバラ。紅茶色の微妙な色がなんとも魅力的。蕾から咲ききってしまうまで様々な顔を見せてくれる表情豊かなバラです。
 
こかげの会は、レイキのスキルアップだけでなく、互いにいろいろお話しすることで、心のデトックスや気づきを促進していただく場ともなっています。


先日、親しいご友人とご参加いただいた方のご感想を風の城のHPに掲載させていただきましたので、よろしければご覧ください。
 
「やりたいことをやる」というのは、簡単なようで案外難しいことがあります。
 

最初は、自分のやりたいことをみつけてその一歩を踏み出すことができても、その後、思ったように進展しなかったり、花開くのに時間がかかったりすると、自分は向いていないのではないか、自分には何かが足りないのではないか・・・と自信がなくなってきたりもするものです。


でも、花開くタイミングは人それぞれ。それまでの人生の蓄積や、持って生まれた資質の違いが大きく左右するものです。逆に、そんなに早く花が咲いてしまったらつまらない。たとえばレイキだって、少しずつ、少しずつ、実践とともに理解を深めていくから楽しいのです^^。


大切なのは、あきらめないこと。そして、自分はなぜそれをしたいのかという目的が明確であること。やりたいことの形は、変化する自分とともに変わっていくかもしれませんが、何がしたいのかという本質はそう変わるものではありません。


あの日、あの瞬間。自分の心の中にひらめいた「わたしはこうしたい!」「わたしはこう生きたい!」

 
その気持ちを忘れることなく、あきらめないで道を歩いていきましょうね。その道のりを楽しみながらね!!!
 
もちろん、わたしもそのひとりですよ~☆
 


 
【2012/05/12 16:25】 | レイキ練習会「こかげの会」 | トラックバック(1) | コメント(0)
心に響くことば~4月の風のつどいを終えて~
jasumin.jpg
 
実は、ここ数年、わたしの心の中にもやもやと巣くっていたひとつの問題がありました。そのことを考えると心が重たくなり、ネガティブな思考になる自分を認識しながらも、それは、わたし自身の受容力が十分でないからだと思いこんでいました。そして、わたしは、そのことにまだまだ取り組む必要があるのだと考えていたのです。


その問題は、おそらく、2年位前からわたしの心の中に負担となりはじめていたのだと思います。昨年の夏、それははっきりとした形として現れたのに、それでもわたしは、その現状を変える選択をしませんでした。
  
そしてこの春、わたし自身の変化とともに、その問題の影響がさらに増幅されていきました。そうなると、もうその重苦しさといったら、信じられないくらい。背中の羽に油のように重たいものがべっとりとついて、飛ぶに飛べないというイメージが心の中に明確に沸くほどでした。
 
そんな時、わたしを見かねた友人が、わたしに語りかけてくれた言葉が心に響きました。


あなたを待っている人がたくさんいるんだよ。
そのためにこそ自分のパワーを使わないでどうするの?

 
そのひとことで、パッと目が覚めました。あんなにも「受容しなければ」とがんじがらめになっていた思考が、ぱっと別の方向に転換された瞬間でした。「そうか!それなら、いまは、その問題と距離を置いてみよう」と素直に思えたのです。


おかげで、わたしの背中の羽は息を吹き返し、わたしならではの心の空を自由に飛んでいくことを改めて決意しました。友人のことばが、わたしを「思いこみ」から救ってくれたのです!忌憚のない意見をぶつけてくれた友人には本当に感謝しています
 
そして、手放してみて初めて気がついたのは、その問題が「つけもの石」のように、わたしの心に重たくのしかかっていたということでした。いまは、その「つけもの石」をとりはらったおかげで、心は軽く見通しは明るい。呼吸も軽やかです。魂の声により正直である喜びを味うと同時に、ほっとした安らぎを感じています。それほどまでに、「自分らしさ」を押し込め、心身を緊張させていたのですね。
 
この4月末に開催された風のつどいでは、わたしのこの「つけもの石」体験をシェアさせていただきました。
 
居合わせた人の話の中には、自らの「今」に必要なヒントがあったり、まさにメッセージということがあるものです。 


風のつどいでは、レイキを実践するだけでなく、わたしを含めてみなさまのレイキ体験や気づきをシェアする時間も大切にしています。
 
そうすることで、ご自身の「気づき」が加速され、心のブロックをほどいていくサポートとなるからです。それはそのまま、レイキの質、流れをアップさせていくことにも繋がるのですよね。
 
まぁ、見た目は、レイキを通じてワイワイ楽しい時間を過ごしているようにしか見えませんが^^。みなさまの心に、レイキの他にも何か贈り物が届くといいな~といつも思っています。


5月の風のつどいの日程をアップしました。
初めてのかたも、どうぞ気軽にご参加くださいね。


写真は、聖マリアンナ病院の近くにあるマルグレーテという行きつけのパン屋さんのジャスミンです。


【2012/05/02 00:58】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(1) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。