レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
新しい仲間~Elder~
0924chibetto.jpg
 

今日は、わたしの新しいパートナーのご紹介です。一見、いかにも「重鎮」といった雰囲気の古めかしいアクセサリーですが・・・。
 
こちらで入手してきた、古ターコイズのネックレスです。
 

よくある「衝撃的な一目ぼれ」というのではなく、このネックレスの生い立ちをお店の人から聴いているうちに、「これ自分で使ったらいいかも」という言葉が浮かぶという、わたしにとっては至極穏やかな出会いでした。
 

昨日初めてともに一日を過ごしてみて、「そうそう、これこれ、この感覚!」っていう喜びが心の奥底からこみ上げてくることに気がつきました。一緒にいると安心できてリラックスできるのです。あんまりにも自分とのなじみがよいので、「Elder」と名付けてみました。
 

物知りでいろんなことを教えてくれるお爺ちゃん。魔法使いのようでもあるかな。
 

相性の良い石っていうのはあるもんですね。数年前、石屋のお姉さんの胸元を飾るダイナミックなターコイズを観た時から、わたしもあんなのを身につけたいな・・・と思っていました。
 

夏の終わりとともに訪れた「Elder」。
 

これからのわたしをサポートし、良き導きを与えてくれる石だと感じています。
 
スポンサーサイト
【2011/09/26 16:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
虹色の時間~風のつどい9月を終えて~
0924lasuk.jpg
 

昨日は、風のつどいでした。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
 
まいど集っていただくメンバーにより雰囲気の異なる~風のつどい~には、その時々の面白さがあります。
 

この日は、皆さまの感性と感性の触れ合いが、いっそうの豊かさを生んでいく様子が心地よく、目には見えない「虹色のタペストリー」が、わたしの心にキラキラと浮かんでいました。
 

風のつどいでは、皆さまの会話も自然の流れに任せているので、話の盛り上がり具合によっては時間が押してしまうことがあります。申し訳ないなと思いつつ、勝手ながら、いろんな色の風が触れ合い、刺激しあって、予期せぬ展開になるのも面白いな~と思っています。
 

そんな中、昨日はある方が、「過去の自分」に対して、「背中をさすってあげたい・・・。」という表現をされました。なんて、温かくて思いやりに満ちた表現なのでしょう!!!
 

実は、わたし自身、癒しが進行していく過程で、「過去の自分」が嫌になったことがありました。その時はよく、「過去のわたしを消しゴムで消せたらな~」なんて思ったものです^^;。
 

そんなわたしですから、「過去の自分の背中をさすってあげる」という表現にはハッとさせられました。でもね、「消しゴムで消せたらな~」なんて考えちゃうわたしもまた面白い、なんて今は思えるんですよ^^。
 

その表現の違いが、豊かな個性の表れでもあるのですからね。
 

次回は、10月29日(土)を予定しています。
はじめての方も、気軽にご参加くださいね。
 

みなさまと紡ぐ「風のつどい」のタペストリーを楽しみにしています。
 

写真は、この日、差し入れにいただいた「手作りラスク」です。詳細は、こちらでどうぞ!





【2011/09/24 21:32】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
岡本太郎という人
0916b-2.jpg
 
招待券をいただいたので、岡本太郎美術館に行ってきました。生誕百年ということで、9/25まで「人間・岡本太郎展」という企画展示がされています。
 
生田緑地の深い緑に囲まれた気持ちの良い場所にあるこの美術館。ひさしぶりに訪れた生田緑地は、プラネタリウムの新築にともなって、広場もすっかりリニューアルされていました。以前は、石畳に大きな池だったところが、全面青々とした芝生にチェンジ!ありがたいことに、すっかりわたし好みの景観に生まれ変わっていました。是非とも、お気に入りのウォーキングコースとして取り入れたいものです!
 
09162.jpg
 
前回の訪問では、岡本太郎の絵画の発するエネルギーにすっかり魅入ってしまったのですが、今回はまた違った視点で彼の世界を楽しむことができました。ダイナミックな作品のところどころに登場するユーモアに満ちた不思議な住人と気があいましたね~。
 
たとえば、「樹人」と名付けられた絵画には、両手の先が葉っぱ三枚だけの人型の生き物が描かれているのですが、これが「樹人」ですか~???ってつっこみを入れたくなるような、おかしさがあるのです。他の大作もよ~く見ると、笑いを誘われる不思議な生き物がちょいちょい登場しています。そういう「笑い」に進んでフォーカスしていく自分が、なかなか新鮮でした。
 
この美術館では、岡本太郎がアトリエで絵を描いているビデオや彼のインタビュー、昔のCMなども観られるのですが、彼を眺めていると時を忘れてしまいます。そして思うのです。
 
わたしも、自分に宿った「命」を存分に生きたい。
わたしという人間そのものを存分に楽しみたいってね。
 
そういえば、結婚前のデートで大阪にある万博記念公園にいった時、「太陽の塔」を観ました。結婚して二人で住み始めて今もお世話になっているこの町が、岡本太郎とゆかりの深い地であったことも不思議なご縁だなと思います。
 
冒頭の写真は、この美術館のシンボルタワー「母の塔」です。とっても大きいのだけれど、がんばってフレームイン!
 
今度は、青山にある太郎さんのアトリエに行くぞ~!!!
【2011/09/17 14:21】 | たび | トラックバック(0) | コメント(0)
風邪の経過~求めれば得られる~
0912jiburi2.jpg
久しぶりに、自分にたっぷりじっくりレイキをしました。
 
今朝、目覚めは良かったのですが、hshimaを送り出した後、少し咳が出ました。おや?と思い、よく自分を感じてみると、なんだか胸のあたりがすっきりしないし、そもそも「動きたくない」。
 
午後から予定も入っていたので、ここは思い切って、ほぼ全ての家事を放棄し、自分にじっくりレイキをすることを選択しました。「動きたくない」時にでもできるのがレイキの強みでもあります!
 
横になってレイキすると・・・。おやおや、胸の中が随分と湿っているではありませんか。そして、喉の痛みも軽くですが浮上してきます。やっぱり風邪ですね。レイキをしていると熱感が出てくるのに伴って湿った感覚は消失していきました。(ここまでで一時間)
 
すると今度は、左足のくるぶし(内側)の辺りに違和感が出てきました。そこで、胸と左くるぶしに同時に手をあて違和感が抜けるまでレイキをしました。そのあとは、胸+頸椎→胸+後頭部の上部(頭頂の少し下)へと、体が求めるままにレイキをしていきました。(約一時間) 
 
ここまでで、だいぶすっきりしたので、あとは、洗濯や洗い物など最低限の家事、大方の身支度をすませて、午後の予定のぎりぎりの時間までレイキをしました。
 
世間的には、風邪とはまだ認識されない軽度の症状ですが、わたしにとっては立派な「風邪」です^^。数日後にアチューメント講習が控えていることもあり、風邪であるならばすばやく経過させたい・・・。そんな願いもあって、ひたすらレイキをした今日は、自分に降り注ぐレイキの量と質がいつもとは違うことにも気がつきました。
 
エネルギーバランスを整えるために、普段よりも体がレイキを必要としていたせいでしょう。エネルギーの密度がとても濃く、周波数が高いように感じました。エネルギーの質感だけに耳を澄ませているような、半ば、夢と現実の挟間のような意識状態の中、「求めれば得られる」というのはこういう事なんだなと、妙に納得している自分がいました。(この感覚を現実世界でも生かしていきたいものです!)
 
そしてまた、ひさしぶりに自分へのレイキを真剣にとりくんだことで、他の人へレイキをする時に使っている感覚が自分にも役に立ったこと。昔に比べて、レイキの仕方も随分上手になったものだな~と素直に自分の進歩を喜ぶことができました。
 
おかげさまで午後のひとときを楽しく過ごし、いまこうしてブログを書いています。レイキが使えなかったら、今頃もまだ「気分がわるいな~」ともやもやしていたり、そのまま寝込んでいたりしたかもしれません。
 
ほんの、数時間で経過した「風邪」の体験もおもしろかったです。整体の野口先生に言わせれば、これでもまだまだ鈍い体なのでしょうけどね^^。
 
楽しい一日でした。
写真は、ジブリ美術館のヒエログリフ(?)とわたしの手^^。
 
【2011/09/16 22:58】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
ジブリ美術館
09-12jiburi.jpg
 
三鷹の森ジブリ美術館に出かけてきました。
 
事前予約制で入場数は限られているのですが、平日の午後にもかかわらず大盛況。木の温もりが懐かしく、小さな小さなディズニーランドといった印象の館内は、あちらこちらに気の利い趣向が凝らされた夢ある空間。ジブリから生まれた物語の住人になったような気分にさせてくれます。
 
宮崎駿館長の「しっかりと心で感じてほしい」という願いから、館内の写真撮影は禁止されていますが、建物の外なら撮影OK。ということで、屋外に佇むラピュタのロボットは撮影スポットとしても大人気。映画の中では、このロボットが、無人となってしまったラピュタでも庭園を守り続けるシーンが印象的ですね。小さな生き物を大切にする「心ある」しぐさが忘れられません。
 
館内の展示物もなかなか面白かったのですが、わたしにとっては、緑にかこまれたそのロケーションが最高でした。さすが「三鷹の森ジブリ美術館」というだけあります。吉祥寺駅を降りて、井の頭公園の光と風を感じながらいい気分でジブリ美術館に到着することができました。
 
0912inogashirapark.jpg
 
井の頭公園で撮影した一枚。この光と風を感じながらたどる道のりが、本当にたのしかった!!!
 
そして、行列してまで入った美術館内の「麦わら帽子のカフェ」。これまた最高でした。スタッフの方々はみなやさしくて、こういう人たちが働いて、こういう人たちが作ってくださるものをいただくって想像するだけ頬が緩んでしまいましたよ~。
 
わたしがいただいたのは、「ミルク玄米塩シェイク」。玄米の風味と自然な甘味が、ひとくちごとに体に浸透していく・・・。なんとも甘美なひとときでした。と当時に、自然の風味を体がとても欲しているのを感じました。
 
他にも、シェアした野菜サンド、ジンジャエールもとてもおいしかった。
 
三鷹の森と、麦わら帽子のカフェと。そして、ラピュタのロボットに会いに、またこの場所に来たいなと思いました。
 
むふふ。今度はカフェで何をいただこうかな~^^。
 
【2011/09/15 19:41】 | たび | トラックバック(0) | コメント(0)
祝☆第一回こかげの会
yokohama0909.jpg
 
9/8(木)、めでたく「こかげの会」がスタートいたしました。
 
前々から実施の構想を温めていたのですが、この夏の盛り、木陰に足を踏み入れた瞬間、「こかげの会」というイメージが固まりました。大樹のもと、木漏れ日と風を感じるような心地よさの中、レイキの奥深さを探求し、その恩恵を自身から他者へと広げていく・・・。「風のつどい」とはまた違う、レイキのブラッシュアップのための会です。
 
この日ご参加いただいたriccaさんがご自身のブログで、こかげの会の事を記してくださいました。ぜひご覧ください。(riccaさんのブログ「Feather of snow」
 
こかげの会は、少人数制で、お一人一時間ずつレイキをする体験と受ける体験をしていただきますので、施術としてのレイキのブラッシュアップにもなりますし、他者からのレイキの効果をじっくりと体感していただけます。つまり、ご自身のレイキのブラッシュアップだけでなく、他者からのレイキを受けることで心身の改善がおおいに加速されるわけです。
 
また、マスターのわたしも積極的に参加させていただき、みなさまとヒビキや体感のシェアをさせていただきますので、ブログやHPなどでお伝えするのが難しいようなお話や体験をお伝えできるのもとてもうれしいですね。
 
ありがたいことに、第一回こかげの会は、ご参加いただいたみなさまに予想以上にお喜びいただけました。そして、主催するわたしにとっても、今までのわたしの体験をお伝し、みなさんと共有できるというこの上ない喜びの場でもありました。
 
次回の開催は、10/6(木、こちらは満席です)、10/13(木)です。すでに風の城をご利用いただいている方で、ご参加を希望される方は、メールにてお申し込みくださいね。(詳細は、こちらからどうぞ。) ありがとうございます。お申込みは終了いたしました。(9/18)
  
定員は2名さま。(ご希望者がお一人さまの場合は、マスターとの相互練習となります。)
風の城のレイキ講座を受けた方は、(セミ)プライベートレッスンとして、こかげの会を積極的にご利用いただくのがお勧めですよ。
 

みなさまのご参加、心よりお待ちしています。じっくりたっぷり、レイキを楽しみ味わいましょう!!!
 
写真は、「みなとみらい」の青い空です。重陽の節句だった昨日、横浜に出かけました。穏やかな心で過ごす友たちとのひととき。その間にも、こかげの会を契機とした癒しのエネルギーが浸透しつづけ、わたし自身の書き換えが行われていたような気がします。
【2011/09/10 18:04】 | レイキ練習会「こかげの会」 | トラックバック(0) | コメント(2)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。