レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
8月風のつどいを終えて~虹色の風~
0825.jpg
 
良い風が吹いてきますね~。虫の声を聞きながら、今、綴っています。
 
昨日は、風のつどいでした。
 

わたしがお伝えしているレイキでは、ヒビキという感覚を大切にしているのですが、風の城に集ってくださる方々の中にはイメージ力の豊かな方も多く、そういう方は、レイキをしていると相手の人のもつ気(エネルギー)の特性(レイキのパイプとなっているその人の器の色のようなものだともいえるでしょう)を、言葉で表現してくださることがあります。
 
今回は、最初のレイキサークルで、わたしの手から「虹色の光のようなものが入ってくる・・・」という表現をしてくださった方がいらっしゃいました。ちなみに、数年前は、こんなことを言われたことがあります。

虹色の光という表現ははじめてでしたので新鮮だったのと、自分も少しは変化してきているのかな~と嬉しく思いました。
 
ここ数年、夏というと、猛暑のおかげ(?)で、お鍋の中のアクが浮いてくるように自分の中に沈んでいたネガティブなものが浮いてくるような感覚がありますが、今年も、そのアクには少々手を焼いておりました。それでも、ここに来てようやく、ちゃんと浮いてきたアクを全部取り去ることができたかな~とすっきりしていたところでした。もしかして、そんな心境が反映されていたのかもしれないな・・・なんて思うと感慨深いものがあります。
 

そういえば、数日前、こんな子供みたいな絵(冒頭の写真)を心のメモ代わり描いたばかりです。
 

おや!ほぼ、虹色の七色を網羅していますね!

そんな心の色が、虹色の光となって放射されていた可能性は十分にありそうですね!昨日は気がつかなかったのですが、いま、こうして綴っていて気がつきました。だから、描くことって楽しい^^。
 
こうして、人と触れ合うことで、気がつくことってたくさんありますね。みんなで集ってレイキをすると、自分一人だけの感性ではわからない世界を見せていただいたり、自分の特性にも気がつくきっかけをいただけるので、本当に面白いです!
 
そして、何より、こうして、レイキを通じて定期的にみなさまにお目にかかれることが、とてもうれしいです。次回の予定は決まり次第ご案内させていただきます。
 

どうぞお楽しみに
スポンサーサイト
【2011/08/28 20:57】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
今を楽しむ~子供のこころ~
0824rei.jpg
 
2歳を過ぎて、どんどん元気にたくましくパワフルになるReiちゃん。一時期は、おとなしいタイプなのかな・・・なんて思っていましたが、いえいえ、そんなことはありません。自分の意志をはっきりと表現するし、覚えたばかりの単語を口に出しては楽しみ、子供番組を見ては体を動かしたり・・・。ときどき、興奮して変な声(というかことば?)を発しているのも、内なる衝動に素直に反応しているようで、頼もしいです。
 

言葉も随分豊富になってきましたね。たとえば、「パパ 会社 バス 電車」とか、大人からみれば意味のある単語の繋がりで言葉を発するようになってきました。
 

どうやら、覚えたばかりの言葉を発してみるという「そのこと自体が楽しくてしょうがない」のですね。まだこの時期は、生きている、それだけで毎日がワクワクドキドキ、発見と冒険の連続です。Reiちゃんを見ていると、そんな「子供の心」の、豊さと輝きを目の当たりにすることができます。
 

先日こんなことがありました。Reiちゃんママにレイキをしてる時、足元が心もとなかったので、側にあったタオルケットをかけてあげたいなと思いました。ちょうど、わたしは、両手を後頭部の下に入れてレイキをしていたので、そばにいたReiちゃんに、「それをとってママにかけてあげて」と目線なんかも使って伝えてみました。すると、何度めかで「それ」が何を指すのかわかり、タオルケットをママの足の上に置いてくれました。 
  
ところが、まだReiちゃんには、「かける」ということが理解できません。タオルケットは、ママの足の上で、「布のかたまり」になっているだけです。  
  
そこでもうひと押し。
 

「ママの足の上に広げてくれる?」
「うん、そうそう」
「もう少し」
「うん、そこをひっぱってあげて・・・」
 

Reiちゃんの様子を見ながら、「そこをもう少し・・・」という連続で何度も何度もやり取りしました。すると、最後には、ママの足の上でかなりタオルケットが広がりました。もう、わたしもママも拍手喝さい。
 

「ありがとう!ありがとう!」
「Reiちゃん、すごいな~!!!」
 

そして、当のReiちゃんもとっても嬉しそう。こんなに小さくても、「人の役に立つ」ことは嬉しいのですね。もう、とろけそうな笑顔でしたよ。 
  
みんなが嬉しくて、楽しくて、ハートがわぁ~と一つになって溶け合った瞬間でした。 
  
まだまだ、発展途上のReiちゃん。これからも、どんな「瞬間」に出会えるのか、ますます楽しみですよ!

【2011/08/25 10:14】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
涼しいうちに、レイキ!
この日は、出張先からの直帰ということで、夕食の準備をしようかと思っているところにhshimaが帰ってきました。
  
早目に夕食を済ませると、録画しておいた「江」を観るというので、これまたチャンスと思い、hshimaにレイキをさせてもらいました。
  
前回のレイキでかなり調整された感じがありますが、その後の体の様子を少し観察させてもらいたかったのです。今回は、背後に回って、左肩と胸部からレイキを始めました。(最善を言えば、胸部を前後から挟んで様子を観たかったのですが、体勢的に無理があるのでこのポイントで良しとしました。)
  
すると、案の定、胸部(およびもう少ししたの鳩尾)はよく反応があり、穏やかな熱感とともに悪寒が浮上してきました。わたたしも、ヒビキを追いながらも、女優さんたちの着物姿に「綺麗だな~」と想ったり、のだめちゃん演じる「江」の素直な感情表現が愛らしいな~なんてドラマを楽しませてもらいました。ちょうど、ドラマが終わるころには、胸部のヒビキも落ち着き、互いに次の行動に移りました。
 
こんな風に、テレビを見ながら「手当て」が実践できるのも家庭でのレイキならではの気安さですね。
 
もちろん、ヒーリングとしてレイキを行う場合や、施術としての効果を出したい場合などは、レイキをする時間帯や環境などより整えて行うことが大切な場面もありますが、ご家庭でのレイキは、「チャンス!」と思ったら、即座にレイキを実行してしまうことが、暮らしの中でレイキを生かしていく秘訣なのだと思います。
 
結局、この日は、就寝時にhshimaの頭部にも少しレイキをしてみました。テレビを見ている時のレイキで、ちょっと風邪の気配を感じたので、頭部からのレイキで様子を見ておきたかったのです。さすがに、テレビを見ている時に頭部にレイキをされるのはうっとうしいでしょうからね^^;。
 
すると、先ほどのレイキがよく効いたせいか、頭部からのレイキでは思ったほどのヒビキはなく、軽く確認する程度で済ませることができました。
 
そして、最後は、hshimaの腰にレイキをしながら、わたしもいつしか眠りについていました。どんだけレイキ好きなんでしょうね、わたしは^^;。
  
とにかく、この涼しいうちがチャンス~!なんて思っておりますよ。
【2011/08/23 09:36】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
家庭内でのレイキ
今朝起きたら、二階リビングの温度計は22度台でした。これはもう涼しいを通り越して「寒気」を感じます。素足では心もとないので、絹の5本指をはいて、その上に秋冬用のソックスを重ね履きしてしまいました。
 
つい先日までは、フローリングに素足が気持ちよく、夏ならではの解放感を体験していたことが嘘のようです。確かに、これだけ涼しいと体もリラックスして、夜もよく眠れます。その分、それまで抱えていた無自覚な不調(暑さに対応するので体が精一杯でいろんな微調整が十分にできていない感覚がありました)が顕在化しやすいかもしれません。
  
昨日は、hshimaと一緒にいると、「なんでこんなに眼がつかれているのかな~」という感覚が伝わってきました。本人に聴いてみると自覚はないようです。そこで「ちょっとレイキでも・・・」と思い、テレビを見ている彼の傍らに並んぶこと、約一時間。
 

何気なく触った首筋が冷たかったのでそこからレイキを開始。(テレビを見ているので眼から攻めるわけにもいきません^^;。こういう時は、臨機応変にできるところからレイキでOK!部分は全体を、全体は部分の反映でもありますからね。)
 

そして、もう一方の手でhshimaの左手を握りました。この二か所を通じて体の気のバランスが回復されていくのを感じていると、胃のあたりに違和感があります。胃に関しては、数日前、本人が軽いむかむかを感じると言うのでレイキをしたところ、随分冷えていました。その時のレイキで、症状はかなり改善されたようですが、まだまだヒビキがあります。そこで、胃にも前後から手をあててじっくりレイキをしました。
 

手をあてていると、その部分に集中的にレイキが流れます。と、同時に体の気の流れが活性化され全体的な気のバランスが整えられていきます。彼の場合は、主に左半身に弱い個所が何ポイントもあるのですが、左半身を中心に気の流れが調整され、滞っていた水の流れが動き出し最終的には悪寒となって出ていきました。そのあと、ヒビキとしては熱感になり、体全体の気の流れが随分すっきりしました。
 

気候が不安定な時期や、季節の変わり目などは、思っている以上に体がエネルギーを必要としています。レイキは手を当てるだけで良いですし、実践をつめば、ヒビキの感覚で体の異常を未病の段階からケアすることができます。家庭内でのレイキは、家族が自然のリズムに添って健やかに生きていくことをサポートするだけでなく、「手当」を通じた言葉のないコミュニケーションが、家族間の人間関係を円滑にしてくれます。

 
大好きなレイキとはいえ、あんまり暑いとやる気も失せるというものです。この涼しいうちに(体もリラックスしますからね)レイキでのケアをしっかりしておきたいと思います。そして、またぶり返すであろう暑さにもしなやかに対応したいですね! 
 
前回の記事でご紹介させていただいたriccaさんが、風の城でのレイキヒーリングの体験をご自身のブログで綴って下さいました。ぜひともこちらをご覧になってみてくださいね。

 
【2011/08/22 08:03】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
Angelカードリーディング
nutuer.jpg
 
幸運にも、モニターとしてriccaさんのエンジェルカードリーディングの体験をさせていただきました。
 
カードの絵はどれも美しく癒されるものばかりで、眺めているだけでとても豊な気持ちになります。今回使っていただいたカードは、わたしが持っていないタイプのカードだったこともあり、その新鮮な波動がわたしの体験としてしっかりと焼きつけられたように思います。
 
時には、「新鮮な刺激」というのはとても大切ですね!
 
どのカードも魅力的で、また、そのメッセージは、普段内観していると心に浮かんでくるキーワードと繋がるところも多く、riccaさんのナビゲートでその意味を読み解いていくのはとても楽しくワクワクする体験でした。
 
中でも、印象的だったのは冒頭に掲げたこのカード。赤子を抱いた女性を、優しげな天使たちが取り囲んでいます。眺めているだけで、やさしい気持ちになりますね。
  
「Kaoruさん自身がそういうやさしさを持っているということだよ。そして、Kaoruさん自身が、この周りを取り囲んでいる天使のような存在でもあるんだよ。」
 
嬉しいような照れくさいような・・・。(ちょっと顔が赤くなってたかも???)riccaさんが、このカードを眺めながら伝えてくださったメッセージです。
 
そもそも、わたしの質問は、「天使の眼からみて、なんで気づかないかな~という事ばあれば教えてください」ということでした。
 
確かに、自分の「やさしさ」に関する資質には無頓着というか、はい、まったく気がついていませんでしたね。
 
そういえば、随分前に、マザーテレサのキーホルダーを家の前で拾った時、「子供を愛するように、すべての人を愛しなさい」というメッセージを感じました。カード自体の発するメッセージはそれとも符号しています。
 
一人の子供の成長を見守る眼差しを持って、自分あるいは他者を愛する。そのためには、自分の「やさしさ」の面を肯定し、信頼するということが大切ですね!
 

ちなみに、「女性が赤子を抱いている」という図柄は、この日のためにわたしが一枚ひいておいた女神カードのそれとも符号しており、嬉しいシンクロでした^^。
 
おや?!riccaさんのブログにも・・・。
  
riccaさんのブログ Feather of Snow
 
天使の祝福に満ちたハートの王国に、ぜひぜひ遊びに行ってみてくださいね! 
【2011/08/19 09:33】 | ヒーリング | トラックバック(0) | コメント(2)
終戦の日~気づくこと~
et0816.jpg
 
8/15の終戦の日は、霊気の創始者である臼井先生の生まれた日でもあるのですね。フェイスブックのコミュニティで、レイキの大先輩がつぶやきているのを見て気がつきました。
 
子供の頃から、戦争の事を考えるのはとても嫌で、大人になってからもその苦手意識はなくならなかったけれど、レイキに出会い、自分の心と向きあううちに、それも、「わたしを含む人類すべての責任」だと思えるようになりました。そうすると、戦争や原爆の話からも眼をそむけず、耳を傾けられるようになりました。

この日は、瞑想のピアニストウォン・インツァンの音楽とともに、66年前の8月15日のことを静かに感じてみました。わたしなりの祈りの形です。
 
帰省中、確かNHKだったと思いますが、原爆投下直後の長崎に赴任したGHQの軍政司令官デルノアという男性のドキュメンタリー番組を見ました。彼は、アメリカの「正義」を信じてヨーロッパでも戦い抜き、功績をあげたアメリカの英雄でした。
 
ところが、長崎に赴任した彼が見たものは、何の罪もない多くの民間人が苦しめられているという耐えがたい惨状でした。それは、彼が、ヨーロッパで見てきた「惨状」となんら変わることのないものでした。
 
彼は、自国の「正義」のもと、この「惨状」を救うべく戦ってきたのに、その自国が「同じこと」をしていると「気がついた」のです。「気がついて」からの彼は、葛藤に苦しみながらも、長崎の地で最初の「平和祈念式典」が執り行われるよう尽力します。また、原爆体験をつづった少女の手記の出版をGHQの本部に認めるよう働きかけることもしました。
 
自分の立場が危うくなることさえ顧みず、「二度と原爆を使ってはいけない」というメッセージを発信しつづけたことにとても感銘を覚えました。わたしが彼だったら、同じことができただろうか。軍に嫌気がさして逃げてしまったかもしれない。でも、彼は、逃げることはせず、その場に立ち止まって自分にできることを実行したのです。それはもう、長崎の惨状を目にした魂の止むにやまれぬ衝動だったのかもしれません。
 
人が人を傷つけあうことに、どんな大義名分もありません。そんな争いがこの世から消滅することを願うばかりです。そのためには、ひとりひとりの心の平穏が何より大切だと思うのです。
 
わたしたちの世界は、ひとひとりの心の反映にすぎないのですから!

【2011/08/16 09:21】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
田園風景
denen.jpg

hshimaの実家に帰省したおり、義母に、ウォーキングに連れて行ってもらいました。もう数年来、毎朝6時から1時間ほどお決まりのコースを歩くのが日課になっているのだそうです。
 
義母の住んでいるところは、大阪のベッドタウン。下から見上げると、山の頂にまで家が張り付いているようなモンスター住宅地です。いろんな家々を眺めながら住宅地の中を抜け、バス通りをしばらく歩いていくと、写真のような田園風景が広がっています。この辺りになると、もうバスは一時間に1本か2本くらいだそうです。


ああ!なんと久しぶり。こんな風景。突如として広がった田園風景に思わず歓喜の声をあげてしまいました。そうそう。この曲がりくねった細い道!こういう道を歩くのはホント楽しい!!!

denen3.jpg

小さなカエル君にも会ったよ! 
  
そして、こんなところだから、お野菜の直販所もちらほら。この日は、ウォーキングの人たちに人気だとういう有機栽培の野菜販売所に連れて行ってもらいました。なんでも、近所のお仲間が集まって運営しているのだそうです。
 
義母のお目当てのトマトは、売れてしまった後だったのですが、「ごめんね~。もう二つしかあらへんけど・・・」と言って、もいだばかりのトマトを袋に入れてくれたおばちゃんの笑顔のま~るくて柔らかなことといったら!!!
  
わたし、このおばちゃんに会いに来たんだわ!
 
柔和なお人柄がにじみ出るようなその笑顔は、まるで仏様のようでした。
  
直接言葉は交わさなかったけれど、わたしのこころの歴史に残る「笑顔」に出会えた瞬間でした。
 
【2011/08/15 11:00】 | たび | トラックバック(0) | コメント(2)
好きな場所~箱根神社~
0802.jpg
 
帰省ついでに箱根神社に立ち寄りました。箱根神社といえば、この参道ですよね~。この参道を見上げる度、「やっぱりここが好き」という想いが体の底からあふれ出てきます。
   
旅への欲求がほとんど湧かないわたしにとって、何度でも足を運びたくなる箱根はとても大切な場所。 
 
今回は、同じ境内に祭られている九頭龍神社にもお参りさせていただきました。何度も来ているのに、この場所を知らなかったのですよね~。写真は、九頭龍さんのすぐそばにある霊水です。竹筒の先から出ている2本のお水が龍のおひげみたいでかわいいなと思いました^^。
 
0808.jpg
 
そして、お参りをすませた後、必ず立ち寄るのがこの場所。
 
08084.jpg

ここに佇んで、水面を撫でる光と風の揺らめきを眺めていると飽きることがありません。わたしにとっては、内なる心の水面が現実化したような風景でもあります。
 
08083.jpg
 
神社の境内には、まだところどころアジサイが咲いていました。まさに避暑地ですね。真夏の箱根は初めてだったのですが、こうして、一時の涼を味わうことのできるありがたさを心から思いました。
 

体の内から湧き上がる「好き」という気持ちを味わうことは、わたしの魂にとって、とても大切なレッスンなのかもしれない・・・。
 
ふと、そんなことを思った今回の箱根への旅でした。

【2011/08/11 09:07】 | たび | トラックバック(0) | コメント(2)
であい
sengoku.jpg
 
とても面白い空間にお邪魔して来ました。その名も「アートスペース千石空房」さん。古き良き昭和の香りが漂う、なんとも味わい深いたたずまいです。まるで、都会の住宅地の中に突如現れる異空間。懐かしくてほっとしますね。
 
目的は、この中にあるギャラリースペースに出展されているとある作家さんの作品に出会うこと、だったのですが、この空間を運営されているオーナーさんにお目にかかることができたのも幸運でした。
 
なんというか・・・。自然体で飾らない素朴なお人柄がとても新鮮でした。工芸から音楽に至るまで「ものづくり」のフィールドでご活躍されているのですが、手がけている作品を見せていただいたりしていると、オーナーさんの人となりから、いろんな流れが自然に繋がって、そして広がっていく様子が感じられました。
 

こうして思い返してみれば、その空間そのものが自由で気楽な雰囲気でしたね。言葉にすれば、「何でもお好きにどうぞ~」という感じでしょうか。
 
そんな「気楽さ」が、いいな、と思いました。
 
2階のスペースではヒーリング関係のイベントも開催されているそうですし、もう少し近かったら、わたしもこちらに作品を置かせていただきたいな~なんて思ったりもしているのですが・・・。
 
どうなることでしょうね^^。
 
オーナーさん自ら入れてくださった自家焙煎のコーヒーがとてもおいしかったです。ごちそうさまでした

【2011/08/06 18:02】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ことだま
tyou0804.jpg

昨日の「遊」に触発されて、降りてきたのは・・・。
 
「遊・楽・快・喜・悦」の五文字。
 
朝は、青空が広がって見えたものの、またたく間に雲に覆われてしまった今日。ときどき雨もぱらついて、湿度が苦手なわたしにはちょっとやっかい。
 
いつもの公園の樹の下で、体を動かしながら、この五文字をイメージしたり、リズムよく心で音に出したりして唱えていると・・・。あら不思議。とっても楽しいじゃない!内側から満ち満ちていく、こどだまのパワーで湿度もへっちゃらです。
 
なにかに集中すると、「できないこと」にフォーカスしすぎてしまうのはわたしの悪い癖。このところの太極拳への取り組みで気がつきました。「できないな~」という気持ちに心も体も縛られてしまって、先生が教えてくださる太極拳の境地からどんどん逆行していたのですね。もちろん、それは、先生の指摘からも伝わってくるし、自分でも何かおかしいと思っていたのですが、それがずっとわからなかった。


最初は、「楽しい」「楽しい」で始めた太極拳も、型を少しは覚えて鍛錬していくうちに、自分の心地よくない思考のパターンが再現されてしまっていたのですね。
 
今日は、この五文字に心を合わせて、「できない」ことにフォーカスするのをやめてみました。

そしたら・・・。とっても気持ちいいじゃない!そして、楽しい。動きもいつもと変わってきた。上半身が自然に脱力し、鳩尾の内部とかお臍のあたりとか・・・。いつもにはない感覚が少しずつ見えてくる。
 
そうだ、そうだ~。太極拳はこうでなくっちゃ。

「遊・楽・快・喜・悦」
 
しばらくは、この言霊のパワーにお世話になって・・・。そして、いつかは忘れちゃいたいね。
 
公園から戻ってきたら、枝葉が少しずつ茂り始めミモザで、さなぎの抜け殻の傍らにとどまっている蝶をみかけました。おそらく、早朝に羽化したばかりなのでしょう。最初の一枚を撮って、もう一枚・・・と思った瞬間、飛び立っていきました。
 
美しい、羽ばたきの瞬間でした!
 

風のつどい8月の日程をアップしました。あとお一人さまお席がございます。お申込みおまちいたしております!ありがとうございます。お申込みは終了いたしました。(8/4)


【2011/08/04 10:34】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
遊と珍
shinjo.jpg
 
とある方に久しぶりにお目にかかりました。以前お目にかかったのは、確か5月。その時の衝撃的な体験は、わたしに大きな意識的変容をもたらしてくれました。
 
その方は、武術歴?十年、生死にかかわる人生の修羅場をくぐりぬけ、いろんなお仕事を経験されていらっしゃいます。そして、黄色が本当によく似合う。ご自身でも、黄色は小さいころから大好きな色だとおっしゃっていました。


今回、その方に、武術としての太極拳の型を少し教わる機会があったのですが・・・。
 
見本を見せてくださるその姿の軽やかでリズミカルなことといったら!!!体中から「遊」の文字が浮き出て漂い歩き、こちらまで自然に楽しくなってきてしまう。よくよく観察してみると、別に、太極拳をしていない時でも、その人の存在自体が「遊」なのですね!
 
あ~。いいな、この感覚。わたしも、「遊」でありたい!!!
 
な~んて、この日の体験に同行したhshimaに話してみたら、思いっきり失笑され、「いまでも十分あなたはでしょう!」だって^^;。
 
いえいえ。そういうんじゃなくて。もっとにじみ出る雰囲気のようなもの。
 
そこで、わたしは、hshimaに対してこう言ってみました。
 
「あなたの場合は、ま~るくて柔らかい感じだからかな。」
 
そして帰ってきたことばは。

「チン。」

つまり、わたしのことはなんだって。
 
うれしいような。けなされたような・・・。

まぁ、ユニークだということで良しとしましょうか。
 
それにしても、「遊」の醸し出すイメージ。とっても気に入りましたよ  
【2011/08/03 19:50】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
BBQ
hono.jpg

お世話になっている太極拳のクラスでのBBQイベントに参加してきました。横浜のとある野外活動センターで、火をおこして、鉄板を置き、その上でお野菜やお肉をジュージュー。
 
こういう体験は、独身の時に、職場の仲間と楽しんで以来、本当にひさびさでした。もう、15、6年ぶりでしょうか。
 
火の側に行くと、すすや煙がひどくって、お野菜をひっくりかえすのも大変なのだけれど、炎のワイルドなエネルギーがもうたまらない!
 
こうして、ガンガン焚かれる炎のそばにいることが不思議と気持ちがよく、「これぞ本当の暑気払いだ~」なんてわたしの中では、大盛り上がりです^^。
 
なんだか、流れが変わるような気がするな^^。
 
来週は、箱根神社にも行ってきます。みなさまもどうぞ、良い夏をお過ごしくださいね


【2011/08/03 17:16】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
癒しの真髄
0729-rei.jpg
 
6月の誕生日で満二歳を迎えたReiちゃん。こんなに大きくなりました。もうコップを持ってごくごくとこんな風にお水も飲めます!
 
Reiちゃんと一緒に外出する機会をいただくようになって、不思議なReiちゃんパワーを目の当たりにすることがあります。
 
先日は、ある都内の街中をReiちゃんの手を引いて歩いていると・・・。
 
「か~わいいね!」
 
大きなオートバイに乗った外人さんが、よちよちと歩道を歩くReiちゃんを発見し、声をかけてきたのでした。大柄でいかにも「外人さん」といった風情の男性でサングラスをかけていました。一瞬「Thank you!」と返すべきか迷いましたが、Reiちゃんに代わって、素直に「ありがとう」とこちらも大きな声でお返しをしました。

 
よくよく考えてみれば、Reiちゃんの年頃で歩いている小さな子供ってあまり見かけないのです。Reiちゃん世代のお子様は、ベビーカーに乗っていることがほとんどなのですね。
 
ところが、Reiちゃんは、ベビーカーが大嫌い!ベビーカーに乗せようとするたびに、猛反発。いまだ、Reiちゃんのために購入したベビーカーはほとんど使われることがありません。
 
おかげで、外出時のReiちゃんは、ママの「抱っこ」か、気が向けば自分で「歩く」ということになるわけです。知らない街を歩くのはReiちゃんだって楽しい!
 
この時は、気ままに歩くReiちゃんにつきあって、時速1キロ?にも満たないくらいゆっくりペースで、わたしたちも、見慣れない街並みを堪能しました。
 
そして、とあるカフェで休憩していると・・・。
 
メニューを持ってきたウエイトレスさんが

「お目目がくりくりしてかわいい~。見つめられると、こちらが恥ずかしくなっちゃうわ~」
 
ですって!小さい子供を連れていれば「かわいい」と言われることはよくあるとは思うのですが「こちらが恥ずかしくなる・・・」とまで言わせてしまうReiちゃんのパワーには恐れ入りました。
 
Reiちゃんママが言うには、Reiちゃんを見てこういう反応をする人も時にはあるんだとか。いやぁ、これは親としてはなんともうれしい限りでしょうね。まさに、存在するだけで「癒し」となっているわが子の存在を目の当たりにするわけですから。
  
たしかに、あらゆる可能性を秘めているReiちゃんの瞳の輝きは深く眩しい。そこには希望と喜び、そして自由がある。まだ何の価値観にも既成概念にも縛られていない。
 
存在そのものが「癒しの真髄」なのですね!
 
あ~。この瞳の輝きそのままに育ってほしい!成長していけば、辛いこと、悲しいこと、いろいろあると思うけれど、どんな事があっても、自分は「光」なんだと思いだせるようサポートできる存在でありたいなと思いますね。
  
そして、Reiちゃんよりも?十年も余計に生きている分、伝えられるものがあるのだと信じたいものです。

【2011/08/01 09:29】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。