レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
冷え取り
rakura bara


雨が続きますね。外出しない日は、こうして窓や壁を伝ってくる雨音の調べに気持ちが安らぎます。


普段、風の城でのレイキ講座はおひとり様での受講がほとんどなので、こうした機会に、皆さまが繋がりあっていただけることは本当に嬉しいです。あうらさんが先日の交流会「風のつどい」の様子をブログで綴ってくださいました。是非ご覧になってみてくださいね。


このところ急に冷え込むこともあって、この日は、「冷え取り」の話題が出ました。「冷え取り」に関してはいろんな本も出ていますし、どの程度まで実践するかというのは、その方その方のお体の状態によっても違いが出てくるでしょう。


わたしの今のお気に入りの重ね履きの組み合わせをご紹介させていただきますね。


一枚目は、絹の五本指、ナチュラルソックスさんの「素足な気分」。この靴下は、愛知県岡崎市の五本指家族さん(素足な気分の製造元です)からも購入できます。


2枚目は、ライフアファさんのノン枯れ葉剤コットンの五本指(紳士用)。まだ冷え取りを知る前に、箱根のショップで買い求めたのがきっかけです。その履き心地が気に入って今では、ライフアファさんから直接取り寄せています。わたしは足のサイズが25なので、紳士用にしています。


3枚目は、イーズクリエーションさんで見つけた、おやすみソックス。絹綿2枚重ねの先丸ソックスです。締め付けのない緩い仕上がりなので、眠るときに履いてもまったくストレスを感じません。また、内側は絹、表側は綿という2枚重ねのソックスなのでとっても暖か。眠る時は、締め付けの気になるゴム部分を折り返して「素足な気分」をはいて、その上にこのソックスを履きます。


日中は、上の靴下を1~3の順に重ね履きします。どの靴下も、1枚単独でも履ける優れ物。その日の気温、体調に合わせて枚数を調整することもあります。また、外出する時は、3枚目をバックに忍ばせて置きます。


足元がスースーしてちょっと気になる時に、重ね履きをしたり、場合によってはレグウォーマーをしてあげると、足元が温まり気持ちもほっとして安心します。そんな時、足元を暖めておくとエネルギーのバランスが良いことを実感します。頭寒足熱ともいいますものね。


眠る間に靴下を履くことに関してはいろいろなご意見があるようですが、眠る時はご自身がリラックスできることが一番。わたしは、自分の心地よさを基準にして靴下を履く季節や枚数を調整しています。



冷え取りに関しては、ナチュラルソックスさんのサイトに詳しいので、ご興味がある方は、こちらをご覧になってみてくださいね。

スポンサーサイト
【2010/09/28 11:16】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(2)
雨の日は・・・
エンヤ~オールタイム・ベストエンヤ~オールタイム・ベスト
(2009/12/02)
エンヤ

商品詳細を見る


雨降りの日は、赤色のエネルギーが欲しくなる。


ここ数日。車のオーディオは、我が家では秋冬の女王、河合郁子さんのバイオリンの独壇場だし、部屋では別の赤を聴きたい・・・。


そんな想いで、しばらくCDラックの作品のタイトルを順に眺めていると、ある作品が目にとまった。


昨年のクリスマスに買ったエンヤのベストアルバム。エンヤといえば光と氷の国のファンタジー。わたしとしては、冬のお楽しみとしてまだまだとっておきたかったのだけれど。


取りだしたそのアルバムを見つめながら、そうそう、この深紅のバラをイメージさせるジャケットに一目ぼれして購入を決めたことを思い出した。


久々に響き渡るエンヤの透明感あふれるサウンドは、神々しくも温かかった。


そこは、一面が雪と氷に覆われた針葉樹林の白夜の世界。いかにも温かそうな手袋と帽子、コートに身を包んでその光景を眺める少女がいる。その子の吐く息はもちろん白いのだけれど、心ので中は小さな炎が焚火のように燃えている。


そんなイメージが湧いたとたん、今日の外出着を決めかねていたわたしの心はきまった。濃紺のたっぷりとした綿ニットに古着のように仕上げられたジーンズ。

赤いペンダント


今朝は、雨の日なのに、身につけられるちょうどよい赤が思いつかなかったのだけれど、胸にお気に入りの赤いペンダントをしてみたら、まるで、その白夜の国の少女になったみたいですっかり嬉しくなった。


10月16日三軒茶屋Cocokaraの店頭でレイキをご体験いただけます!
詳細はこちらをご覧ください。まだまだお席がございます
【2010/09/27 09:04】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
わたしの「腎」
0709-harb.jpg


暑さに辟易したこの夏の後半は、湯船に浸かるのもときめかなくて、お風呂でのレイキも楽しさが半減でしたが、ようやくお湯に浸かりながらゆったりと自己レイキをする心地よさが蘇ってきました。


湯船の中では浮力が働くので、自分の体に楽に手を当てることができます。深く浸かって浴槽のヘリに肘を乗せれば頭部へのレイキもラクラクです。(この時、うとうとして水面に顔をつけないようにという注意は必要です!)


腰へのレイキは、たいてい湯船の中で、ほぼ毎日行うのですが、自分の体でも頻繁にレイキをして行くとヒビキの変化でその部分の状態が改善して行くのがよくわかります。


子供のころからの反り腰(今はかなり改善しています)や、筋力の弱さを自覚せずに頑張ってしまった大人になって始めたバレエの影響など。常に腰を緊張させる癖があったので、わたしの腰の状態は決して良くはありませんでした。かといって「痛み」が出るほどの症状に悩まされたことないのですが、今、振り返ってみると、症状に出ない分エネルギーが内向し、冷えて固まっていたように思います。


最近になってようやく、ヒビキの色が随分と薄らいできて、レイキしてもレイキしても奥から奥から噴出してくる冷えや違和感が、うんとささやかになりました。そういえば、目覚めた時の腰の違和感も今はほとんどありません。


そのせいでしょうか・・・。腎・膀胱経のつっぱり感が大幅に改善され、前屈をしたり、長座をしたり、該当の経絡を主に調整するような動きをすると、エネルギーの道がきちんと伸びてくれるのを感じます。


それまでも、見た目には前屈をしても両手は床に着くし決して硬い訳でなかったのですが、外側の形はほとんど変わらなくても、その内側の伸びやかさ、快適さは全然違います。


そして、こうなってみて初めて、「腎」が弱点であったことを自覚しました。色々サインはあったのに、「腎が弱い」なんて認めたくなかった自分がいたことにも気がつきました。


今は、自分の「腎」を大切に養いながら生きて行く。そんな暮らし方に変わってきています。
【2010/09/24 11:41】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
雨音
今朝は、公園に出かけてウォーキングと太極拳。その足で、家の周りを掃いた直後に本格的に降り出しました。


お客様をお迎えする準備をしていると、いつもは光が良く入るリビングの少し淋しげな様子が気になります。そこで、普段はヒーリング専用スペースに鎮座している岩塩ランプを灯してみました。


ganen.jpg


まるで、洞窟の中の灯火のよう!そのオレンジ色の温もりに、心がぽっと温まります。よしよしいい感じ!


講座中は、雨音の調べが心地よく、お気に入りのBGMが途絶えても、あえてそのまままに。


こんな日に、風の城にいらしていただくのは申し訳ないなと思いつつ、雨音と岩塩ランプの灯火と・・・。いつもとはまたちょっと違う風の城の横顔を眺めながら、趣深いレイキ講座となりました。


今もまだ響く雨音。わたしの心の水面に、美しい波紋を描いています。
【2010/09/23 19:34】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
レイキって何?
「レイキを教えている」というと、「レイキって何?」と聞かれます。わたし自身の言葉で言えば、「エネルギーバランスやその流れを整え、心身を活性化させるもの」というシンプルな表現につきるのですが、これでは、レイキとかエネルギーとか、気などの感覚に慣れてない人にとっては???ですよね。


そこで「まぁ、ヒーリングのひとつだよ」とか「気功のようなもの」とか。無難な表現で済ませてしまうこともあります。レイキを受けた時の体感や効果は、個人差が大きく「必ずこうなる」と説明できないのも頭の痛いところです。


さらに「怪我をした直後にレイキすると治りが早いよ」とか、「風邪気味のときなんかにレイキをしておくと経過が早いよ」とか言ってみるもののますます相手は???です。あ~。言葉の限界ですね。(というかこんな時、自分の表現の拙さにもうなだれてしまうものです・・・。)


レイキのような感覚的なものは、実際に体験してみるのが一番。わたしが初めてレイキを体験したのは、とある交流会でのことでした。まだアチューメントを受ける前でしたが、初めて体験するレイキはとても心地がよく、まるで温かい海に漂っているかのような感覚でした。その時、これは自分に合いそうだ!と何故だか妙な確信があり、最初から「レイキを伝える人」になる気満々でアチューメントを受けにいった事を覚えています。


先日、レイキヒーリングを受けてくださったsaococoさんが、ご自身のブログにその時の感想を綴ってくださいました。すでにレイキを学ばれ実践されている方なので、エネルギーの感覚などとても豊かに表現してくださっています。是非ご覧になってみてくださいね。


そして、レイキって何だろう???ちょっと体験してみたいな。と思われる方。是非こちらのイベントにいらしてください。Cocokaraの店頭で気軽にレイキをご体験いただけます。


もちろんすでにレイキを実践されている方もOKです。自己レイキも素晴らしいものですが、人から手を当ててもらう心地よさはまた格別です。


まだまだお席がございます。皆様にレイキさせていただくのを楽しみにしています
【2010/09/22 18:47】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(4)
豊かな符号
waire.jpg


木漏れ日落ちる森の中。背の高い木立らに抱かれるようにしてその場所はあります。時折、遊歩道を伝って人が訪れますが、人目につかない静かなところです。


とある大樹の目の前が、このところのお気に入りスポット。すでにウォーキングを30分ほどした後なので、体は随分温まっていますが、まずは、太極拳の基本の動きから始めます。この森の息吹に抱かれつつ体の内のエネルギーに耳を澄ませて・・・。先生に教わったことを思い出しながら体を動かします。


わたしにとってもう一人の師匠は、内なるエネルギーです。内のエネルギーが滞りなく自由に流れて行けるよう、わたしは体を動かすだけです。


それだけでも、初心者なりに、楽しく、心地よく、面白いのです!!!


我ながら、よくもまぁ、ここまで面白いと思えるものだなと不思議なくらい!!!


思えば、昔からカンフー映画に出てくる細くて強い女性が大好きでした。健やかに生きるためには、「暮らし方」が大切だと説く古代中国の教えにも親しみを感じています。


今は、この場所で一人で太極拳というもの楽しいけれど、いつかは公園で、たくさんの仲間と一緒に太極拳をしたいな~と夢が膨らみます。


太極拳と向かいあうことで、新たな自分を発掘していけるような気がしています。いや、より根源的な自分自身に巡り会えるのかもしれません。


この日、「これでおしまい!」と最後の呼吸法をし終わった時、ふと、大樹の向こうに目をやると、木立の合間から大ぶりのオレンジの蝶が現れました。


優雅にしなやかに空を舞うその姿は、木漏れ日おちる木立の中にひときわ輝いて、何とも美しく豊かな符合でした。


【2010/09/21 12:21】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
魂のギフト
bar.jpg


とある場所で知り合ったジャズシンガーの「みりんさん」。ひまわりが大好きとおっしゃるように、その溌剌としたエネルギーが魅力的でとってもキュートなお方。


歌とは全く関係のない場所で知り合ったのですが、実は時々ジャズバーで歌っているという話しを聴きつけ、さっそくライブにお邪魔してきました。


場所は、新宿にある「JazzBar What's」。裏に入るとこんなにマンションがあるんだと驚きつつも、こんな都会でも虫の声が聞こえてくることに安堵しながら、駅から歩くこと数分・・・。鮮やかなブルーの看板に導かれ無事辿り着きました。

 
夜のショット・バーだんなんてどのくらいぶりでしょう。記憶の彼方からひっぱりだしてオーダーした「モスコミュール」は柑橘系の軽い飲み口。こんな味だったかしら・・・。とこの非日常ぶりを堪能しながら、みりんさんの登場を待ちます。


もちろん、今夜は、音楽好きのhshimaもひっぱり出して・・・。


キーボードの生演奏で歌うみりんさんは、それはそれは素敵でした。溌剌としたエネルギーが眩しくて、魂もとっても気持ちよさそう!!!そのパワフルで伸びやかな歌声に包まれると、何とも心地よく元気が湧いてきます。


ところが、みりんさん。歌を始めてまだ5年足らずなのだそうです。今でこそ、豊かな音色が魅力的なハスキーヴォイスですが、子供の頃は、その声質が受け入れてもらえなくて歌うということに積極的になれなかったそうです。ところが、大人になって、苦手なことを克服してみようと歌のレッスンを始めたところ、才能が開花。こうしてジャスシンガーみりんさんが誕生したのです。


きっかけは何でも、持って生まれてきたギフトにまずは気がついて、その能力を伸ばしてあげることが大事なのですね。だとすると・・・。わたしのギフトは何でしょうね~~~^^。


みりんさんの魂に触発されたせいでしょうか・・・。
帰り道、なんだか良いことがありそうなワクワク感がムクムクと頭をもたげてきました。そうそう。この感覚!!!あまりの暑さに、ワクワク感もすっかり影をひそめていたわたしのハートもようやく活力を取り戻したようです。


ふふふ~。昨日は遅かったにもかかわらず目覚めはすっきり!朝の公園に出かけて、森のエネルギーのごちそうをた~くさんいただいてきました。あ~。森っていいな。生きてるっていいな。人生っていいな。


いつもの単純なわたしが復活です!!!
【2010/09/18 10:36】 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(2)
ひだまり
angel2.jpg


もう、1才3カ月のReiちゃん。気が向けば、あちらこちらへと部屋の中を歩き回ります。この頃のお気に入りは障子の開け閉め。ほんの少し障子をあけて隙間を作ってあげると、そこに上手に指をさしこんで、喜んで開けたり閉めたり。


そして、もうひとつのお気に入りは、「Reiの宝物」ごっこ。誰かに何を「あげる」とう行為が楽しくてしかたないようです。最初は、身近なものをつかんで差し出していたのですが、近頃では、空中の何かを人差し指と親指でつまんでこちらに差し出すようになりました。Reiちゃんには何かが見えているのかもしれないけど、大人のわたしたちには何だかわかりません。それでも、受け取ってあげるととても喜ぶので、わたしたちは、これを「Reiちゃんの宝物」と呼んでいます。


もう体の使い方もぐんと上手くなったし、たくさん歩けるようになったし、運動量も増えてうんとスリムになりました。もう「赤ちゃん」とは呼べません。区分としては「幼児」になるのかな・・・。こうして、すこしずつ「人」らしく成長していく様子を目の当たりにすることは嬉しい半面、生まれたばかりの無垢な生命の輝きが色あせていくような淋しさびしさもあります。


さて、この日のReiちゃん。なんだか浮かない表情で、溌剌とした気が感じられません。抱っこしてみると、ちょっと風邪の気があります。腹部や背面などレイキをしていると熱感がよく出て、とてもよくレイキを吸収します。最後には悪寒が立ち上がって滞っていたエネルギーが流れ出て行きました。レイキ中は、よく眠っていたReiちゃんですが、必要なレイキを吸収した後はぱっちり目が冴えて、この後のReiちゃんは会った時とはまるで別人。表情がぱっと輝き、動きも活発になりました。おかげで、「障子遊び」のお付き合いでこちらがへとへとになるくらいでした。


小さな子供は動き回って、起きている間はレイキをするタイミングがみつからないような時もありますが、この日のReiちゃんのように体がレイキを必要としている時には、大人しくレイキを受けているものなのですね。


両手の中のReiちゃんにレイキをしていると、まるで、日だまりの中で、ふたりだけの時間が流れているようでした。
【2010/09/17 09:35】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
変わり目
0713hurannnel.jpg


傘がほとんど役に立たないくらいの雨の中、家族を駅まで送り届けました。運転していると、会社へ、学校へと傘の中に身を縮めて歩く人々の姿が目に入ります。一人の中学生を見つめながら、学校に着くころには、靴下までびしょぬれだろうな・・・などと、自分もまた、?十年前はそうして雨の日も風の日も学校に通っていたことを思い出しました。


涼しい夜が続いています。タオルケットではもう心もとなくて、昨晩はとうとう羽毛布団をひっぱりだし、その柔らかな温もりに包まれて眠りにつきました。


今夜も、この日の最後のお務めは、hshimaへのお布団レイキです。腰から始めて、最後はお臍と頸椎をそれぞれの手でレイキをしながら眠りました。


腰は、少しレイキしたぐらいでは「問題ない」程度の軽やかなヒビキでしたが、しばらくしていると、奥の方からじわじわと少し重たい感じのエネルギーが出てきました。腰のヒビキが落ち着いたあと、お臍にレイキをしたのですが、前日のようなつっぱり感はかなり緩和されていました。もう片方の手を頸椎に当てると、さらに体がレイキ吸収していきます。(この時、何故、頸椎、と思ったかは忘れてしまいました^^;)


・・・と、ここまで感じながら、またいつしか眠ってしまいました。


今朝、「腰はもう随分いいね。体調いいでしょう?」とhshimaに問いかけると、「うん、いいよ!」と元気な返事でした。


暑い暑いといいながら、突然、こんなにも涼しくなって・・・。嬉しい限りですが、うっかりすると体を冷やしてしまいそうです。季節の変わり目は、油断禁物です。ここは、こまめなレイキで体調を整え、秋冬に備えておきたいですね。
【2010/09/16 08:57】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
解放
bara.jpg


昨晩はベッドに就くと、ものすごい大雨。開け放っていた窓から流れこむ風が一気に涼しくなり、雨音が程良く聞こえる程度の隙間を残して、窓を閉めました。


今夜はこの雨音が子守歌。こうして暑さから解放されて、心地よく就寝時にレイキができるのはどれくらいぶりでしょう。


となりのhshimaのお腹に手を当てていると、下腹部の右側に突っ張ったような感覚があります。しばらくレイキをしていると、しだいに緩んでその部分が温まってきました。すると、足の先へとつながるエネルギーラインが冷えているのを感じます。


やっぱり足先も冷えているな・・・。そんな感覚に耳を澄ませているうちに、いつしか眠ってしまいました。


今朝は、開け放った窓辺に座っていると寒いくらいです。ずっとクールビズスタイルだったhshimaも、上着にネクタイをしめて出勤していきました。


暑さから解放されて、ほっと一息。わたしは、重ね履きした靴下の温かさを味わいつつ、新しい冬用の靴下、どんなものを買おうかな~なんてちょっとワクワクしています。

【2010/09/15 07:36】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
物へのレイキ
mag1.jpg

くっついたまま離れないふたつのカップ。収納の少ない我が家では、普段このふたりは、重ねて戸棚にしまわれています。


今までも数度、うま~くかみ合ってしまって、なかなか中のカップが抜けないということがありましたが、こんな風に、ぴったりくっついて離れなくなってしまうことはありませんでした。


先日、いつのものように、中のカップを取り出して、外側のお気に入りのマグを使おうとしたところ、なんだか間合いが悪く、なかなか中の器が取り出せません。ガタガタやっているうちに、ついに、写真のようにぴったりとはまりこんでしまいました。(暑い盛りだったので、こちらの気持ちもイライラしていたのでしょうね^^;。)


どちらも大切な器。それから何度か、ふたりを引き離そうと挑戦しましたが、微動だにせず。あきらめたままキッチンの隅に置いてあったのですが・・・。


今朝、家事の合間にふと気になって、「レイキをしてみよう!」と思いました。


椅子に腰かけて、両手で包み込むようにしてくっついたままのふたりにレイキをすると、最初はピリピリとちょっと荒いエネルギーでしたが、しだいに滑らかになって落ち着いていくのがわかりました。(人にレイキする時のヒビキよりもずっと分かりにくいです)その間、あくびが数度出て、最後には咳が出ました。(これは、わたしにとっては、不要なエネルギーが出て行く証拠です)。エネルギーの振動が細やかになりその密度も濃くなってきたところでレイキを終えました。時間にすればほんの数分だったでしょう。


そんなエネルギーの変化を感じていると、やっぱり窮屈で心地よくなかったんだなという二人の気持ちが伝わってきて、窮屈な状態でいさせてしまってごめんねという気い持ちが湧いてきいました。

 
さて、レイキはしてみたものの・・・。この二人をどうやって引き離しましょう???


とりあえず、心を落ち着けて二人を手に取ってみました。すると、今まで引っ張っていた方向とは逆の方に中の器を押してみようという気持ちになりました。(この時の、視点の変化が面白いなと思いました。)そして、できるだけ自然体で無駄な力は入れないように気をつけながら、少しずつ中の器を押して見ました。


すると、カタ、カタ。少しずつ動き、三度目(おそらく)の刺激でパカリと二人が綺麗に分かれてくれました!


実は、この二人、小さな器は主人が昔陶芸体験で作ったもので、時々日本酒をチビリチビリとやっております。大きなマグカップは、わたしが独身時代に買ったものでこちらももう長い付き合い。どちらを壊すか・・・なんてことも考えられず、かといって、他に方法を調べる気もしなくて、ちょっとほおっておいたのですが・・・。


今朝の意外な展開に自分でもぴっくりです!


いろんなことに活用できるレイキですが、あらゆるものに効く魔法という訳でもありません。固くなってしまった瓶の蓋にレイキをして開けやすくしたり、乾電池にレイキをしてみたり・・・。わたしの普段の物へのレイキはその程度ですが、ちょっとしたことでもレイキで上手くいくとやっぱり嬉しいですね!!!

mag2.jpg
ふふふ。自由になりました

【2010/09/10 08:59】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(4)
真夜中の癒し
barakura isu


時折、夜中に目覚めることがあります。そんな時、たいていは、目覚めてすぐ体の違和感に気がつきます。そのまま夜の静寂に耳を澄ませていると、豊かな自然のエネルギーが流れ込み自身の中を巡っていくのがわかります。そのエネルギーとは、わたしの感覚ではほぼレイキとイコール。自分ではレイキをするという意識はなくても、レイキをしている時に感じるのと同じエネルギーが流れ込んでくると認識しています。

 
そんな体験を何度もするうちに、夜眠っている間の人の自己治癒力の旺盛さを実感するようになりました。風邪をひいたときなど、夜中に咳込んで目覚めるのはその良い例でしょう。


この夏の暑さは、本当に大変でした。昨日の雨と、今朝の今のところの涼しさで、久しぶりに心身ともにリラックスしています。


そして、今日は、久しぶりにゆったりと気ままに過ごす一日。BGMに、以前このブログでもご紹介した「子守歌」を流してみると・・・。


おや?昨日までとは違う体感に気がつきました。


このアルバムを聴くと、まるでバラの揺り籠で眠るような心地よさだけでなく、ハートの奥で古傷がうずくようなキュンとする感覚があったのですが、それがなくなっているのです。というより、無くなってみて初めてそんな違和感があったことに気づいたと言った方が正確でしょう。


今は、その音の響きが何の障害もなく、一粒のしずくが波紋を描くように綺麗に体の隅々にまで広がっていきます。昨日までは確かにあった胸の奥の違和感。それがこの一晩のうちになくなってしまったのです。


今朝は、妙に意識がさえて、夜も明けやらぬうちから布団を這いだしPCに向かってその夜の体験を記録をしていたのですが・・・。その癒しの効果かもしれませんね。


こんな風に、レイキとともにあることで、日々の中で癒しが起こって行きます。そして、生きている限り、わたしはこうした「癒し」を繰り返して行くのだろうと思います。

【2010/09/09 09:23】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
~風のつどい~9月のご案内
レイキ講座をしていると、時折、ハッとする言葉を皆さまからいただくことがあります。


先日、遠隔の実習をした時のことです。初めて、ご自分で遠隔レイキをしていただいた直後に「遠隔をしている時にはどんな感じがしましたか?」と尋ねてみると「やさしい気持ちになれますね・・・」という感想をいただきました。


そうそう。レイキってするだけで気持ちが穏やかになり自分にも他人にもやさしい気持ちになれるんです!

 
そして今度は、ご自身で遠隔レイキを受ける体験を少しだけしていただいた後、感想を聞いてみると、「お布団をかけてもらったような感じ・・・」という、なんとも面白い表現をして下さいました。


なるほど!確かに、遠隔のあの繊細な感じは、とっても軽い羽毛布団をふわ~っとかけてもらうあの瞬間の感じに通じるものがあるかもしれません。


レイキの実習では、できるだけヒビキをご体感いただけるように心を砕いているのですが、感覚には個人差があり、なかなか一朝一夕にはいかないこともあります。(それでも、レイキの楽しさ、心地よさを味わって実践していけば、どなたでもある程度は気の感覚が分かるようになってきますのでどうぞご安心くださいね。)

 
そんな時、ヒビキとはまた違った感覚で、レイキのことをご自分の言葉で表現していただき、何だか不意をつかれたようでした。そして、あの、初めてレイキを体験したころの初々しい喜びが鮮やかに蘇ってきたのです。何事も「初心忘るべからず」ですね^^。



さて、今月のレイキ交流会「風のつどい」のご案内です。互いにレイキしあい、がんばってこの夏を乗り切った体をねぎらってあげましょう!

ありがとうございます。満席となりました(9/8)。


日時 : 9月25日(土)14:30~17:30
場所 : 風の城
集合場所・時刻 : 登戸駅14:00、久地駅14:20
参加費 : 2,000円(お茶・ケーキ付き)
     
集合場所(時間)は上記の2カ所です。ご参加いただくメンバーにより久地駅に統一させていただく場合がございます。また、終了時刻は目安です。

「風のつどい」はどなたでもご参加いただけます。内容などの詳細はこちらをご覧下さい。
   
お申し込みはメールにて承ります。ご質問などもお気軽にどうぞ!
 kazenoshiro777@gmail.com


【2010/09/06 09:44】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
アリエッティ
arrietty_banner_300_60.jpg
 
ふいに夜、遊びに行きたくなって・・・。近くの映画館にレイトショーに行ってきました。


「何を観ようか・・・」と言われて、思わず「アリエッティ!」


選んだのは「借り暮らしのアリエッティ」。この映画の製作ドキュメントを見た限りでは、スタッフの方々の情熱、意気込みが伝わってきてきっと上質な作品なのだろうと思ったものの、ネットのレビューでは賛否両論。心の隅でずっと気になっていたようです。


まず、オープニングの美しい映像と挿入歌の美声に一撃をくらいました。ほぼ、この時点で8割方心を持っていかれています。まるでモネの庭を思わせるような緑豊かな風景に散らばる柔らかな色彩の花々。時々アップになるオレンジのポピーは光と風が透けて見えるようでした。

 
9月に入っても衰える気配のない都会の暑さに辟易している身にとって、この緑豊かな地の光と影が生み出す光景は、まるで一服の清涼剤。ちょっぴり懐かしくレトロな避暑地にタイムスリップしたかのようなひと時でした。

 
そして、アリエッティたち小さな人たちの暮らしぶりには目を見張りました。彼等にとって、角砂糖は両手で抱えるほどの大きさになるし、サランラップだって、まち針の先で力いっぱい切り裂かないと破くことができません。人間たちに見つからないように、いろんなものを「借り」て暮らすのはまさに命がけ。


砂糖がなくなったからと言って、すぐに手にはいるわけではないのです。「人に見つかってはならない」という緊張感が常にありながら、ささやかな暮らしの中にも小さなしあわせを見出す彼らの暮らしぶり。その心は、一見豊かな物質や情報に囲まれている現代のわたしたちよりも、ずっと豊かで健やかに見えました。


最後に少年は言います。「君(アリエッティ)は僕の心臓の一部だよ」。明日を信じて必死に生きようとするアリエッティたちの姿が、ほんの数日間の交流にもかかわらず、少年の心を変えたのです。


少年とアリエッティ。互いに決意して別々の明日を目指す姿を見つめながら、最後は目頭が熱くなりました。この心洗われる上質な映画に、わたしは心からの拍手と賛辞を贈りたいとおもいます。


もしも、我が家の床下や、秘密の壁のすきまから、小さな人たちが夜な夜なキッチンに繰り出してきているとしたら・・・。見て見ぬふりを決め込もうと心に誓いましたよ^^。


【2010/09/04 23:19】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
with Angel
暑い暑いといいながら早9月。この記録的な猛暑続きで、脳みそは溶けそうだし、体もふうふう言っております。夜も気温が十分に下がらないこの暑さ。体が休む間もありませんね。

 
とはいえ、気持ちも新たに、今日から始まった太極拳の新クラスに出かけてまいりました。なぜに、太極拳なのかといえば・・・。この夏1月ほど早朝の公園をウォーキングした時に、木々たちの元で「太極拳」をしたいというイメージが浮かんだのです!


それから、ネットで先生を探しました。アップされている色々な演武を見た中で、「習うならこの人」とわたしのハートに飛び込んできたのはただ一人。問い合わせをしたところ、この9月からちょうど初心者クラスを始めるところだったとのお返事。しかも、「平日の昼間」のクラスで「無理なく通えるエリア」という希望の条件をも満たしていました。
  

スタジオで、「はじめまして」の挨拶で目を合わせた時、透明感あふれる先生の瞳がとても綺麗で、吸い込まれそうなその輝きにまず感動!やっぱりここに来てよかったと思いました。



今日のクラスでは太極拳の基本の姿勢、準備運動に当たる動きや呼吸法を教えていただきました。武術としての太極拳の動きも交えながら、太極拳の素晴らしさを語る先生は本当に生き生きと楽しそう!!!太極拳を心底愛していらっしゃるのだなと思いました。


そして、わたしも。初めての「太極拳」の動きは新鮮で楽しくて!!!そして、リラックスもするのでちょっぴり眠たくもなり・・・。ああ~。来てよかった!!!の一言に尽きる「太極拳」初体験でした。


このクラス。場所は、横浜某所。水曜の10時からです。「太極拳」わたしも初めてみたいという方。ご一報くだされば教室の詳細をご案内いたしますよ。


with Angel


帰り道、スタジオのすぐそばにいた大きな天使に導かれ足を踏み入れたショップはwith Angelという天使やヒーリンググッズを扱うお店でした。見本のオラクルカードで少し遊ばせていただき、この日の記念にちいさな天使を連れて帰りました。なんでも、最近では天使を作っているところが減ってしまってエンジェルグッズの入手が以前より困難になっているのだとか・・・。


それにしても「with Angel」とは!嬉しいシンクロにますますハッピーな9月最初の一日でした。
【2010/09/01 20:38】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(4)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。