レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
薄紅百顆
usukurenai2-1.jpg


時々垣間見られる青空のせいでしょうか・・・。久しぶりにさわやかな風の気配を感じる今朝。こんな日はやっぱり元気になりますね!


外に出ると、思いのほか強い風のせいなのか、ミモザの木の葉から吹き飛ばされた青虫が4~5匹。彼らにとっては、灼熱であろうアスファルトの上をよちよち、そして、家の壁にもよちよちと這っているではありませんか!厳しい自然の掟とはいえ、ここで出会ったのも何かの縁、もといたミモザの木に戻してやりました。


蝶が舞う姿に出会うことは、わたしにとってはハッピーなサイン。道案内をしてもらったり、励ましてもらったり、しあわせが倍層したり・・・。普段からお世話になっているのですから、ほんの少しの恩返にでもなるでしょうか・・・。


さて、今日は、「薄紅百顆」というお菓子のご紹介です。


usukurenai2-2.jpg


新横浜の新幹線の改札近くのお土産ものやさんで、その「お徳用」を買い求めたのが最初の出会いです。紅玉の甘酸っぱさとさわやかな風味が忘れられない逸品となり、以来、新横浜に行くたびに「お徳用」を買っていました。


風の城では、ヒーリングの後のお茶に、ちょっとしたお菓子を添えています。お客様にもぜひこのお菓子をお出ししたいものだと思っていたのですが、「お徳用」をお出しするのはちょっと気がひけます。思い立って、ネットで調べたら・・・・。愛らしく包装された「薄紅百顆」があるじゃありませんか!


さっそく取り寄せてみると、包装も美しく、丹精込めて作り上げたお菓子を、まるでお嫁に出すかのように大切にお届けしたいという「おきな屋」さんの想いが伝わってきました。


自分の気持ちにフィットするお菓子との出会いもまた喜び!自分が心から愛するものをお客様にもお出ししたい・・・。そういうこだわりは、わたしにとって元気の源となるのです。


先日、風の城にいらしてくださった方もこのお菓子をご存知でした。「青森の自慢のお菓子屋さんです」と、お土産にもらったことがあるのだそうです。そんなお話を聞いて、やはり地元でも愛されているお菓子屋さんなのだな・・・と嬉しくなりました。


もう何度か取り寄せていますが、「たわわ」というリンゴのパイもとっても美味。くせになる味です。


スポンサーサイト
【2010/06/30 11:10】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
出会い
julia0625.jpg

先日、風の城のレイキ交流会「風のつどい」が開催されました。暑い中お集まりいただいた皆さま、ありがとうございました。


今回は、レイキサークルの時に、円の内側で渦巻くエネルギーと、外側のエネルギーとの温度差を感じました。薄着だったので体で感じやすかったのと、夏ならではの体感かもしれません。



「風のつどい」は、レイキ実践の場であるだけでなく、「感性」と「感性」の出会いの場でもあります。ヒビキの表現の仕方や、レイキをしているときに感じられるイメージなど、おひとりおひとりに個性があり、それぞれの違いが面白いところでもあります。


レイキという目には見えない「体感」を言葉にすることに、最初は戸惑いや難しさを感じることがあるかもしれません。それでも、こうして皆でレイキをしあい体験していくうちに、「自分のことば」でレイキを表現できるようになっていきます。そして、そこに誰とも違う唯一無二の自分だけの個性が表れて来ます。


レイキを習い始めたばかりの人も、ベテランの方も入り混じって、それぞれの「感性」を分かち合うひととき。実は、わたし自身が、一番触発され刺激を受けているのかもしれません。「感性」は魂という唯一無二の個性の発露!そう思うと、おひとりおひとりの「感性」に触れることが楽しくワクワクする瞬間なのです!


次回は、7月31日(土)です。随時、お申込み受け中です!8月の「風のつどい」はお休みですので、この機会を是非ご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。
ありがとうございます。満席になりました。(7/7)


写真は「ジュリア」のまた別の顔。蕾の時の時はおもいっきり「バラ」なのですが、開くとこんな風にフワフワと愛らしいのです。


【2010/06/29 16:43】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
レイキフェアありがとうございました
julia.jpg


風の城のレイキヒーリングは一日おひとり様限りです。お話させていただく内容も、ヒーリングの時間も、お一人お一人に必要なように自然と調整されて行きます。


砂漠の地で織られた真っ赤なギャッベ、クリスタル、みどりや音楽・・・。ヒーリング専用の小部屋では、わたしが「心地よい」と思うもの、心時めくものに囲まれて、静かに豊かな時間が流れます。
 

実は、この小部屋。こうしてヒーリング専用のスペースになるまでは、年に数度の来客用の寝室としてしか使われていませんでした。北東の1階の角に位置するこの部屋は、わたしにとっては何の興味も湧かない空間でした。

 
そのエネルギーが変化し始めたのは、昨年末のことでした。その1~2カ月ほど前、この部屋に見つかっていた雨漏りの修理が、年末になって急に着工することになったのです。幸い、その雨漏りは表面的なことで、外壁の塗り直しだけで済みました。雨漏りの修理としては北側の壁だけを塗れば良いのですが、これを機会に、壁を全面塗り直すことにもなり、しかも工務店さんとの交渉で費用も随分お値打ちなものとなりました。(GIOの保証期間中だったので、雨漏り部分の修理は保険で賄われました)


小さな雨漏りがきっかけで、家全体が塗り直され、まるで新しい風が吹くことを予感させる年の瀬となりました。

 
これを機に、この小部屋を有効活用したいと思い、ヒーリング専用の部屋を設けることを思いつきました。小さくて閉じられた空間の良さを生かべく、お客様をお迎えするための家具や小物を集めるのはそれはそれは楽しくワクワクする作業でした。終わってみれば、いつしかそこはわたしのお気に入りの空間にすっかり生まれ変わっていました。

 
どんな場所も工夫しだいで生きた空間になるものです!

 
今では、この小さな空間で、レイキを通じて、おひとりおひとりとじっくりと向き合わせていただくことが、わたしにとって掛け替えのない大切な時間となっています。


今日は、レイキフェアの最後のお客様をお迎えすることができました。期間中、風の城にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。心より感謝いたします。

次回の開催は未定ですが、気軽に本格的なレイキヒーリングを体験いただける機会はこれからも持っていきたいと思っています。


写真は、今日咲いたジュリアです。朝はこんな感じでしたが、午後にはすっかり花開いていました

【2010/06/24 18:24】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
SONG OF PURE LAND
PURE LAND
ソング・オブ・ピュア・ランド


人々も木々も微笑み、花が咲き乱れ、せせらぎが歌う。きっとある極楽浄土では、こんな風と光が満ちている。


その清浄な調べは、温かくて軽やか。とても繊細なタッチでエネルギーフィールドをやさしく包み込み、わたしに浸透してくる。いつしか、心の内に広がる安らぎがあふれ出し、心の内も外も、この極楽浄土一色になる。


ほっと一息つきたい時。魂を癒したい時。心のふるさとを思い出したい時。そんな時にお勧めのアルバムです。実は、このアルバムの作者は「タオ、気のからだを癒す」など数々の経絡指圧の本を書いている遠藤氏です。その著書からは、彼の施術にあたる真摯な姿勢と、治療に必要な経絡を心に映すことができるようになったというその心の色が手にとるように伝わってきます。

 
ミュージシャンとしても5枚のアルバムを出されています。前述の本でそのことを知った時から、その音楽性にも興味を抱いたのですが、その時は、購入にあたりどの一枚にするかを決められませんでした。

 
今回、彼の別の著書を入手するにあたり、ふと思い出して探したところ、自然とこの一枚を選ぶことができました。音楽では、その曇りのない清らかな心の風景が、より美しく鮮やかに、くっきりと描き出されています。

 
次回、「風のつどい」では、この「極楽浄土」一色にしましょうかね


【2010/06/20 17:43】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0)
exactly!
olive-hana.jpg


今年はオリーブにたくさんの花がつきました。今ではもう花が終わり、まだまだ小さいですが愛らしい実が色づき始めています。


今日は、レイキを学んでいる外国の方とコミュニケーションする機会がありました。
 

英語といえば、受験英語はかな~り勉強したのですが、話すという点では全く身に付かず。結婚してからもプライベートの英語レッスンに通ってみたりしましたが、そこではいつもこう聞かれるのです。


「Why do you study English?」(これであっているだろか・・・)。動機といえば、単なる英語コンプレックスだったので、そういう質問をされるたびに、しどろもどろになっていました。


今や、英語は忘却の彼方。今日のところは、「お国はどちらですか?」「いつ帰国されるのですか?」このふたつのフレーズが出ただけでも奇跡!無謀にも話しかけようとする自分に驚き、また、「レイキ」となれば、どんな人ともコミュニケーションしたくなってしまう自分の欲求に気付いた瞬間でもありました。


伝えたいことがこんなにもあるのに、その手段がないことが、こんなにも歯がゆいなんて!!!始めて英語が話せるようになりたいと心底思いました。


言語というものは、こういう欲求や必要があって初めて身に着くものなのかもしれません。
 

今なら、冒頭の質問に「レイキの素晴らしさを他の国の人たちとも分かち合いたいから!」と即効で答えることでしょう。


帰り道、そんなことを考えて歩いていると、
「exactly」という声とともに、二人連れの自転車がわたしの前を通過して行きました。お国はどちらなのか・・・。二人は、英語で何か話をしながら夜道に消えて行きました。
 

本当に英語勉強しちゃおうかな・・・。その気にさせられる偶然に、ますます心弾む帰り道となりました。
【2010/06/19 23:11】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
aiko
BABYBABY
(2010/03/31)
aiko

商品詳細を見る


ちょっと前、ミュジーックラバーズでaikoのライブを見たhshimaが、その音楽性に感動し購入したのがこのアルバム。彼は、フュージョンバンドを組むほどの音楽好きで、自らもキーボードを操り曲なども書いたりする。もともと音楽のストライクゾーンはわたしなんかよりもずっとずっと広いので、ラックのほどんとが彼の愛聴CDである。


その彼が、aikoの魅力にぞっこん。iポットに入れて持ち歩く始末。曰く、「稀に見るメロディメーカー」なのだとか。ふ~ん、今回は珍しいアーティストに惚れたもんだ、なんて思っていたら・・・


わたしも嵌ってしまった!!!


先日、ファンを掃除した時に、彼がかけたaikoを聞いていたらもう楽しくて楽しくて!!!


え~。何者!?
今まで、わたしのアンテナに全く引っかかってこないアーティストだったから自分でも驚いた。


彼女の生み出す音は、わたしはわたしでいいんだ~!!!と気分をハイにしてくれるパワーを持っている。日常を楽しくしてくれる音楽だ。


わたしは、音楽のことはよくわからないけれど、このアルバム、全編ともアレンジがとてもいい。温かくてどこか懐かしくて、そして活力に満ちている。


面白いのは、曲がこんなに楽しくて体に入ってくるのに、言葉がちっとも拾えない。なんでだろう、と思って、言葉にもっと耳を澄ませてみる。そして見つけた!

「今朝は何を食べましたか?わたしは大きな欠伸だけでした」

この表現を聞いた時、もっとこの人の言葉を聞きたいと思った。


aikoという人の声の響きにまだ慣れていないだけかもしれない。彼女の言葉を拾うのには、もうちょっとトレーニングが必要だ。ハンドルを握りながらそんなことを思った時、レイキのアチューメントみたいだなと思った。


レイキをたくさん流すと、そのあとは気の流れがよくなって自然とレイキが使いやすくなる。同じように、もっともっと彼女を聞きこめば、チャンネルがあってきて彼女の言葉を拾えそうな気がする。


そう、チャンネルあわせ。こんなことが必要だと感じる音楽も珍しいけれど。それほど、aikoという人の放つエネルギーがわたしにとって今までなかったものであり、だからこそ必要なエネルギーなのだ!
 
【2010/06/17 21:11】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(4)
新しい風
fan2.jpg


気になっていたファンのお手入れをしました。小さいけれど、天井だけは高い「風の城」。レイキ講座でのアチューメントや実習、「風のつどい」など皆さまをお迎えするリビングの天井には、たいていファンが回っています。
 
もう家をたてて5年ほどになりますが、「天井が高い」のを言い訳に今だかつて、ファンのお掃除をしたことはありませんでした。柄の長~いほこり取り用のモップ(のようなもの)で下からさっとなでるくらいで、お茶を濁しておりました。ところがここ最近、冬場に使いだしたストーブのせいでしょうか・・・。目の悪いわたしが眺めても、その羽の端がうっすら黒ずんできていました。
 
そして、ついに、こんな時のために確保しておいた専用梯子をとりだして、ファンのお掃除を実行!伸縮梯子を最大限に伸ばして壁にたてかけ、下はhshimaに押さえておいてもらいます。かなり弾力のある梯子なので、一段登るたびに揺れます。ファンに手が届くところまで登って下を見下ろすと結構な高さ!高いところが苦手なhshimaにはとても無理ですね~。
 
雑巾を洗うために、梯子を登り降りすること4~5回。他にもウェットティッシュ、「げきおちくん」などのお掃除アイテムを駆使(大げさな!)して、一枚ずつ回転させながら、羽の上も下も、綺麗に埃を取り去り汚れをふき取りました。今もわたしの場所からファンが見えますが・・・。いやいや、白くて気持ちがよいですね。


やろうやろうと思っていたことを実行した後は、決まって新しい風が吹き始めます。


【伸縮はしご】伸縮ラクラクはしご 3.8m【伸縮はしご】伸縮ラクラクはしご 3.8m
()
伸縮はしご

商品詳細を見る


今回大活躍したのは、この伸縮はしご。使用時は下を押さえておいてもらうことや、縮めるときに指を挟まないようにすることなど取り扱い上の注意事項はありますが、使わないときは小さく縮めて収納できるので、うちのように天井がやけに高い家では本当にありがたい逸品です。ネットでいろいろ探して、天井の電球の交換用に準備しておいたのですが、ファンのお掃除にも大活躍してくれました。これからも時々お世話にならないと!ですね^^。
【2010/06/15 07:49】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(4)
子守唄
rei.jpg


気がつけば、街路樹はすっかり勢いを増し、その旺盛な緑の息吹が街の空気の色を変えている。人の体も最も緩むこの時期、木々たちの姿もまた大らかで伸び伸びと開放的に映る。
 
ハンドルを握りながらも、拡大した眉間のエネルギースポットから流入する木々たちのエネルギーを味わいながら、うっかりすると眠ってしまうほどの心地よさに包まれる。目頭の力が抜け、自分のまなざしも優しくなっているようである。
 
もうすぐReiちゃんの満一歳の誕生日。今日は少し早いお祝いだ。カンガルーというベーカリーショップのカフェにママとReiちゃんわたしと3人で出かけた。パン屋の二階にあるそのカフェは風が抜ける場所。開け放たれた窓から窓へと抜ける風の色が心地よく、何度でも行きたくなるお店だ。道路に面した窓からは借景の緑が美しい。少し暗めの店内から眺めると、光と風が描く極上の絵画のようだ。
 
お家では、感情豊かに元気いっぱいのReiちゃんだが、こういう時、意外なほど静かで大人を困らせない。そのかわり「ママのお膝」という特等席が絶対条件だけれど。すっかり大きくなったReiちゃん。手も足も立派で、これから1歳を迎える子供とは思えない。どうやら体格は良い方らしい。
 
この頃では、眠っている隙を狙ってレイキをさせてもらうのが定番だったが、今日は珍しく、わたしの腕の中でレイキを子守唄に眠ってくれた。今は、「ママの後追い」が激しく、ちょっとでもママの姿が見えないと、もう大変。つたい歩きとハイハイでママがいるであろう場所を目指してReiちゃんの旅が始まる。
 
ちょうどこの時、ママは用事があって部屋にはいない。頼れる大人はわたし一人。ママを探して泣き始めるので、抱き上げてみたけれど効果はない。身をよじらせてママのところに行こうとするので、好きにさせてみた。


Reiちゃんは、泣きながらハイハイをしてママの元へと通じる扉に向かうがその扉は閉じられている。そこでどうにもならないと思ったのか、今度は引き返してきてわたしを見上げる。もう一度抱き上げると今度はわたしに寄り添うように抱きついてきた。大好きなママがいない不安、悲しみをわたしにぶつけてくる。

「うんうん、今はしょうがないんだよ。」そう心で諭しながら、泣きたいだけ泣けばいいと思った。わたしにできることと言えば、ただ寄り添ってレイキをすることだけ。Reiちゃんの体に添えている両手からのヒビキを感じながら、泣き声となって発散されるすさまじい生のエネルギーに耳をそばだてた。


すると、しだいに瞼が重たくなったのか、泣くことをやめたReiちゃんから、おいしそうに親指を吸っている音がする。眠ってしまったようだ。


わたしも、よく泣く子供だと言われた。そして、親指しゃぶりを長い間やめられなかったわたしの左手には、今でもうっすらとその跡が残っている。
【2010/06/12 07:36】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
ティブレイク
Blue sky~Kotaro Oshio Best Album~(DVD付)Blue sky~Kotaro Oshio Best Album~(DVD付)
(2006/09/29)
押尾コータロー

商品詳細を見る


今は、どんな音楽よりも、この押尾さんの風の色が体に染みる。
 
先日初めていった美容院でも、このアルバムが流れていた。ご主人にお伺いすると、この日の朝、なんか良い音楽がないかなと思ってお店に置いたままになっていたこのアルバムをセットしたのだとか!前日までは、まったく別の音楽が流れていたのだそう。
 
このお店には、わたしの興味をひくものがいろいろとある。まず、受付カウンターには我が家と同じ「キスする二人のAngel」の置物。観葉植物や肌触りのよさそうな床。そして、大きなガラス窓の向こうに広がる空。降り注ぐ光。
 
そして、お店においてあった数必術の本。365日すべての誕生日について、秘数や占星術などを駆使してその日うまれた人の性格の傾向について述べられている。11月11日。この日を探してみると・・・


誕生日大全誕生日大全
(2005/11/01)
サッフィ クロフォードジェラルディン サリヴァン

商品詳細を見る
 

もう、まったくその通り。嬉しかったのは、この日生まれた人の特性として「癒しの力がある」というキーワードを見つけたこと。癒しにかかわる身であるから、こんな一言はとても嬉しい!主人や妹、父、母・・・と次々とページをめくっていくと、面白いことに、主人と母はわたしのようにその性格や行動の傾向についてぴったりと言い当てられている。ところが、妹と父については???なのである。
 
この二人に関しては、後天的な要素が強いのか、あるいは、これから開かれるべき重要な扉があるのか・・・。それともわたしがまだまだ二人のことを理解できていないのか。ちなみに、父と妹は性格がよく似ている。


主人に関しては、「パートナーに対する理想が高く、あなたが望むような相手をみつけるのはほとんど不可能です。ただし、選んだパートナーに対しては忠実でありつづけます」というくだりがあって、思わず納得してしまった。わたしは、主人が大好きで結婚したけど、彼は、そんなに好きでなくても選んだ相手を大切にできるタイプ。このことを話したら、「理想が高い」に関しては本人は否定をしていたけれど。


今日は、雨。ふと飲みたくなったジンジャーティをいただきながら、今こうしてPCに向かっている。この記事を書いたら、掃除の続きをしよう。
【2010/06/09 10:17】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
交流会
musashisakai.jpg


少し湿度が高いけれど、今日も気持ちのよい風に背中を押されながら、この街を歩いています。こうして、立て続けに武蔵境に通うことも稀ですが、これから先生のところのレイキ交流会。交流会は2グループあり、わたしは小さい方のグループを担当させていただきます。

 
幸運にも(?)参加人数が奇数だったので、ペアレイキの時にはわたしも混ざってレイキをしてもらう機会に恵まれました。こういう時、普段は手の届かない背中をレイキしてもらうのはとても心地が良いです。
 
「冷えてますね!」
 
椅子に座っているわたしの股関節を背後から両手で手をレイキをしながら、相手の方にそう言われました。上半身(背中)の温かさに比べると、冷たいのだそうです。わたしは、じんわりと浸透するレイキが心地よく、体感としての「冷え」はなかったので意外な指摘でした。
 

確かに、今日は出かける前に、自力整体の真髄のDVDを前半だけ行い、上半身をほぐしたので、下半身への刺激が十分でなかったという面もあるかもしれません。流されるべきエネルギーが股関節のあたりに留まっていた可能性があります。また、このところの体の緩みっぷりから、どこに手を当ててもよくヒビキが出る状態であるのは確かなようです。
   
帰りの電車の中で、自分でも股関節に手を当ててみました。すると、局部的に熱感と冷えがミックスしたようなヒビキがよく出てきます。これからは、股関節にもちょっと気を配ってみようかな・・・。


わたし個人の感覚の傾向としては、胸や鳩尾、腎臓などにレイキをしてしまうのですが、こうして、他の方にレイキをしてもらうことで、新たな視点が開けたり、自分では気が付いていなかった疲れを認識できたりすので、交流会などでレイキをしあうのは、ご自身の健康管理のためにも非常に有効です。
 
みなさんも、交流会をぜひぜひ有効活用してくださいね!
 
風の城の交流会「風のつどい」は今月末は満席となってしまいましたが、7月は31日(土)に開催予定です。改めて、7月上旬にブログでご案内させていただきます。
【2010/06/07 16:53】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
風のつどい(水無月)
0602ajisai.jpg

今朝もさわやかな青空ですね~。

 
暮らしを彩る楽しみはいろいろありますが、わたしにとって、「風のつどい」もまたその楽しみのひとつです。ケーキの買い出しはhshimaに任せて、わたしはゆったりと皆さまをお迎えするための準備に時間を使います。


皆さまとの「笑顔」の対面を心に描きながら、部屋を整えたり、植物の手入れをしたり・・・。皆さまをお待ちする間、その日、風の城では、穏やかなときめきとワクワクに満ちた何とも不思議な時間が流れています。

 
その日の気分や天候によって、ウェルカム音楽を選ぶのもまた楽しいもの。先日は予告通り、この春先に出会った「観音」さま(真砂さんのアルバム)にお出ましいただき、昔懐かしい里山の風景を奏でていただきました。おかげさまで当日は、雲の多いお天気でしたが、ここ風の城では小春日和のようななごやかな時間が流れていました。

 
次回のレイキ交流会「風のつどい」のご案内です。どんな音楽で皆様をお迎えすることになるのでしょうか・・・。皆さまのご参加心よりお待ちいたしております。

※ あとおひとり様お席がございます。(6/5現在) ありがとうございます。満席になりました。

日時 : 6月27日(日)14:30~17:30
場所 : 風の城
集合場所・時刻 : 登戸駅14:00、久地駅14:20
参加費 : 2,000円(お茶・ケーキ付き)
     
集合場所(時間)は上記の2カ所です。ご参加いただく人数によりどちらかの駅に統一させていただく場合がございます。また、終了時刻は目安です。

「風のつどい」はどなたでもご参加いただけます。内容などの詳細はこちらをご覧下さい。
   
お申し込みはメールにて承ります。ご質問などもお気軽にどうぞ!
 kazenoshiro777@gmail.com



風の城に「風のテラス」がオープンしました。よかったらお茶でも飲みにいらしてくださいね(ってもちろんバーチャルです^^;)。
【2010/06/04 07:55】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(2)
天空のヘアサロン
jure.jpg


前から気になっていた「天空のヘアサロン」に行ってきました。自由が丘の街を見下ろすその場所からは空が一望でき、品川のビル群や羽田空港の方まで見渡せます。時には、ディズニーランドの花火まではるかかなたに見えるそうです。
 
一方が一面ガラス張りで光ふり注ぐその場所は、まさに「天空のヘアサロン」。そのガラス窓から空の風景を眺めたり、街ゆく人々の小さな姿を見下ろしたりと飽きることがありません。
 
実はこのヘアサロン、わたしのお気に入りのカフェFoRestのサロン部門です。

「明日の朝、電話をして予約がとれたら行こう!」

前日からそう心に決めていました。そして、幸運にも希望の時間に予約をゲット。いつもならこの日は、ママさんデ-を開催しているので予約が入っていることが多いのだそうです。ラッキーでした^^。


この日ヘアを担当していただいたのは、とても温厚な雰囲気の男性の方。お話をお伺いしていると、どうもこちらのオーナーさんのようなのです。(違っていたらゴメンナサイ!)なんでも、お料理も好きで、カフェの方のメニューにも日々の探究の成果が生かされているとか!道理でこちらのカフェメニューも美味しいはずです。


今までは、近所のヘアサロンに行っていたのですが、気分の変化とともに、美容院も変えたくなりました。この春は、わたし自身そうとうエネルギー変化があったようで、いろんなブロックがいくつも外れた結果、この場所にたどり着いたような気がしています。
 
オーナーさんは話題が豊富で腕も確か。今のわたしの華やいだ気分を一層もりあげてくれるヘアに仕上がりました。この「天空のヘアサロン」がわたしの定番になりそうです。
 
写真はForestのある日のデザート、確かハイビスカスとローズヒップのジュレです。爽やかでほんのり甘く・・・。みずみずしくて豊かな味わいでした。
【2010/06/01 09:48】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。