レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
みどりの気持ち
ajisai.jpg
 
ひとりのんびりと気の向くままに風の城の手入れをしています。
 
洗濯の合間に表に出ると、その風の心地よさに絶句。背中に陽を受けながら表を掃いた後は、花がらを摘んだり、枯れた葉をとりのぞいたり、水をやったり・・・。

このところの寒暖の差は、みどりたちにも堪えたことでしょう・・・。今日はたくさん水をあげるね!
 
柔らかな風の中、光とともにゆらぐみどり達と過ごしていると、いつのまにかその息遣いにすっかり癒され、その傍らを離れがたくなります。

陽のあたるその場所に少しの間腰掛けてみました。
 
背後には、若葉が元気いっぱいで蕾もつき始めた鉢植えのバラ、隣には、かなり古株のアイビーやゼラニウム、目先に見えるのは、父に分けてもらった柏葉アジサイ、新芽が出始めたばかりのシマトネリコなど・・・。みどりたちが刻む思い思いの時間が美しく調和しひとつになってわたしを包み込んでくれます。
 
今日はここでみどりたちと一緒にランチでもしようかな。

こうして緑たちの息遣いを感じるひととき。いまや私にとってはなくてはならない大切な時間です。緑と鉱物の館・・・なんてキャッチフレーズがつけられるくらい、もっともっと仲間を増やしていきたいですね。それには時間と手間がかかりますから、わたしの成長にあわせてのんびりじっくりと「風の城」をつくりあげていきたいと思います。
 
風の城でレイキ講座を受講してくださった方が素敵なブログを始められました。
その名もLiving@the heaat 
「いま・ここで幸せを感じることが幸せ」と知った日、ハート・チャクラが覚醒しました。自分の外に探していた幸せは、自分の中にありました。いま・ここでハート・チャクラからあふれる白く温かく柔らかなエネルギーをあなたと共有したい。
このサブタイトルはまさに私の心の言葉でもあります!
 
「覚醒」した時の興奮と衝動はすさまじいものです。そういう時にこそ、そのエネルギーを発散し、喜びを共感できる仲間が必要になります。 
 
風の城が、本当の自分に目覚め始めた人たちの、喜びを分かち合い、増幅し、さらなる自己への発見の旅路への活力を得られるような、そんな場所でもありたいと思うのです。
スポンサーサイト
【2010/04/26 11:47】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(4)
キラキラ
takaraduka.jpg
 
先ほどまで、とある場所でたくさんのキラキラを浴びてきました。
 
今では、歌に、踊りにとそれぞれの得意分野でご活躍の元タカラジェンヌお三方の今夜はディナーショーだったのです。みなさん、生粋の舞台人。登場するやいなやその華かなエネルギーに心を奪われました。とびきりの笑顔で歌いながら、宙を舞うその指先からは、まるで星の輝きがキラキラと降り注ぐよう・・・。
  
そう、このキラキラがたまらないのです。誰にでもあるスポットライトがあたる瞬間、人はそういうエネルギーを発するのでしょう。踊りたい、歌いたい、表現したい、という魂の欲求の現れが素直に感じられるのがライブの素晴らしさです。
  
今夜、いただいたこのキラキラ。きっとわたしの魂の最高のごちそうになったことでしょう!!!

そしてまた新たな何かを生み出すエネルギーとなるに違いありません。
 
素晴らしい夜をありがとう。
心より感謝をこめて・・・

この日ご一緒させていただいたゆっこさんのディナーショーレポートです。わたしとはまた別の角度からのレポートをお楽しみ下さい。
【2010/04/24 00:47】 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(2)
関係性
donatu.jpg
 
近頃では、軽い体調チェックという感じのHshimaへの朝レイキ。少し前まで気になっていた「冷え」がなくなり、腹部なども温かく、なめらかで活動的なエネルギーが満遍なく広がっている感じです。自然、レイキをする時間も短くなっています。
  
出勤時、スーツを着たhshimaにブラッシングをする時も、エネルギーの質感がずいぶんすっきりしているのがわかります。そして、一緒に食事をしたり、何気ない会話をかわすときの表情もなんだか一皮むけたように穏やかなのです。
 
本人は口にしませんが、彼自身の「在り方」もずいぶん変わったのかもしれません。
  
結婚して約10年。きっかけは職場の上司の紹介でした。上司の大学時代の音楽仲間で、たがいに大阪出身でしたが、当時Hshimaは神奈川に、その上司は愛知県で勤務していました。最初から愛知県と神奈川という遠距離だったわけですが、わたしは、初対面の時に、「この人と結婚できたらいいな」とすぐに思いました。
  
友人を大切にし、自分のことよりも他人を優先するする寛容な人柄、決断力のあるところに、出会ったころから惹かれていました。こだわりが強く、当時は、まだうまく自分の思いを昇華させることができないでいた私にとって、そんな彼の姿はとても新鮮でした。なにより、一番の決め手は、わたしが初めて「甘えられる人」だと思えたことです。今では、Hshimaの今生の目的のひとつは、わたしのボディガードなのではないかと思うくらいです^^;。
  
そんな彼と一緒に暮らしていく中で、しだいにわたしも変わっていきました。何年か前、突然意識のふたがあいたのも、彼というエネルギーのバイブレーションのおかげではないかと思っています。
 
そしてまた、彼も変わりました。他人を優先するあまり、自分の要求を口にせずがまんしてしまうところがあったのですが、今ではかなり自分の気持ちを素直に表現してくれるようになりました。これは、「自分の気持ちを素直に表現する」わたしの性質が影響を与えたのかもしれません。
  
我が家は、車で最寄駅まで5分くらい。歩けば15分はかかります。ものすごい雨が降っている時でも、電話もせず、ずぶ濡れになりながら歩いて帰ってきたりしたものですが、今では、雨降りの時には「迎えに来て」と素直に言えるようになりました。雨降りならば駅まで迎えに行ってあげたいというわたしの欲求とうまく合致するようになり、めでたしめでたしです^^。
  
これは、ほんの一例ですが、長く暮らす間に、たがいの良いところが影響しあって、お互いに成長できているように思います。そして、たがいの心が癒されるほど、互いを自分と同じように大切にできるので、ともにいる心地よさが増幅していくという、好循環になっていきます。

あれ???・・・。なんだか、Hshimaへの感謝状みたくなってしまいましたが・・・。

わたし個人としても、風の城の運営にとっても、なくてはならないHshimaなのであります。
 
写真はクリスピークリームドーナツです。近頃は、だいぶ店舗が増えて買いやすくなりました。楽しげな雰囲気のこのドーナツ。川崎にお店ができた時に、Hshimaが買ってきてくれました。以来、ときどき食べたくなる不思議なドーナツです。
【2010/04/23 09:28】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(5)
観音
kannon.jpg観音
(2007/11/08)
真砂秀朗

商品詳細を見る
  
新しい風を求めてネットの海を漂ってみました。
とある場所からたどりついたその世界は・・・
「真砂秀朗」という音と光の曼荼羅。
  
その笛の音に身ゆだねれば、大いなる風に乗り、ゆるりゆるりと空を飛ぶわたしの心。
眼下に広がるのは、昔話の里山の風景。
そこではこの世の春を祝ってやおよろずの神々が歌い踊る・・・。
   
今、真砂さんの「観音」というアルバムに魅せられています。
 
次回のレイキ交流会では、この「観音」さまとともに皆様をお迎えいたしましょうか・・・
 
音だけでなく、光をも描くことができる真砂さん。
その絵画の世界も魅力的です。

ポストカードをヒーリングスペースMaeveにも飾らせていただきました。

masago.jpg

 
真砂秀朗さんの音と光の世界。作品はこちらからご覧いただけます。
【2010/04/22 10:39】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2)
4月は風の旅人
Citron(DVD付)Citron(DVD付)
(2009/08/05)
松田聖子

商品詳細を見る

では、松田聖子さんで「4月は風の旅人」・・・

あるショップに入ったら聞こえてきたラジオの声。
一瞬耳を疑ったが、昔の恋人に再会したかのようなこの幸運にわたしは歓喜した。
 
いくつもの季節が過ぎて
また春が来た・・・
 
この道のむこうに何があるか知らない
ほら蝶が飛んでいく
4月は風の旅人 ・・・
    
凛とした澄んだ声。
透明感のあるその音色が力強くこだまする。
 
聖子ちゃんといえば、その昔わたしは大好きで一時期はディナーショーに行くほど愛していた。
 
といってもわたしの大好きな彼女の世界は、黄金時代といわれる松本隆の作詞による歌の世界。
この歌詞にこの歌声ありという、唯一無二、最高のカップルであった。
  
今でも時折、当時の彼女の声を聞きたくなることがあるが、もうずいぶん耳にしていなかった。
松本隆と別れて以来、セルフプロデュースの道を突き進む彼女の作品は、もうわたしの心の琴線を鳴らさない。けれど、自分の道を生きたいように歩む彼女の姿を時々テレビで見かけると、元気そうで安心する。
 
彼女は、今も、そしてこれからもずっと、自分の感じるままに表現し歌いたいのだと思う。自分の心に嘘がつけない彼女の純粋さが、わたしは好きだ。
  
かつての黄金時代の聖子ちゃんは、彼女一人の意思ではなく、音楽界の選りすぐりのメンバーたちが結集し作り上げた「松田聖子」という作品だったのだ。
  
その黄金時代の、まさに最後の作品といえるアルバムCitronの中の1曲が、「4月は風の旅人」。
 
ラジオから流れるその懐かしい歌声は色あせることなく、時を経た今も稀有な輝きを放っている。
 
今、古いアルバムを引っ張り出してこの歌をずっとリピートしている。ただ聖子ちゃんの声の響き、歌の世界が大好きで何度も何度も聞いたころが懐かしい。あの頃、世界はわたしにとってグレーだったけれど、聖子ちゃんの歌声だけはわたしの心を光と輝きで満たしてくれた。
 
いま、またこの歌を聞き返してみると、過去と決別し、期待と不安を胸に新たな世界への旅立ちを決意する一人の女性の姿が浮かび上がる。もう20年以上も昔、当時の私に、この歌の意味など響くはずもなかった。
 
とあるショップでの不意の再会が、「今、あなたは新たな局面に立っているのだよ」というサインをもたらしたようだ。

あうらさんが、ブレスレットとメッセージカードをブログにアップしてくださいました。なんだかとってもお似合いの「お二人」です
【2010/04/17 19:42】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2)
タオ、気の体を癒す
タオ、気のからだを癒すタオ、気のからだを癒す
(1999/03)
遠藤 喨及

商品詳細を見る
  
このところ、hshimaの「顔」が変わってきました。体重はほとんど変わっていないはずですが、頬から顎のラインにかけてすっきりし、目もとが涼しげになったように感じます。もちろん、本人に伝えても、「そうかな~?そんなに自分の顔を気にしてみたことがない」そうですが^^;。 
  
先だっての春の体の大掃除のおかげでむくみがとれた分、顔がすっきりしたのかもしれません。この大掃除中、体力的にも相当大変だったようで、会社に「マイお茶」を持って行くようになりました。携帯用の小さなステンレス製の魔法瓶に、熱々の「おんせん茶」入れていくのですが、愛妻弁当ならぬ「愛妻お茶(?)」はなかなか良い具合です。
  
この「おんせん茶」。たまたまいただいて以来愛飲していて、風の城のお客様にもお出ししています。案外、このお茶の効果もあったりするのでしょうか???なんだかホッとして安心する味わいで、不思議とやめられない「おんせん茶」なのです。(ケンコーコムでもお買い求めいただけます)
   
昨晩は、hshimaのおなか周りの冷えが気になりました。添い寝しながら腰にレイキをしていると、まるで、腹部の胴回りに冷たいヴェールがかかっているようでした。体が緩んだせいで、それまで抱えていた古いものが顕在化してきたのかもしれません。お臍を中心にお腹を前後から挟んで、両脇からもしっかりとレイキをしておきました。この冷えが落ち着くまでレイキをしていると、上は顎の噛みあわせのあたり、下は足先まで、腹部の冷えの影響が体全体に波及していることがよくわかりました。
  
ヒビキの感度を高めていくには、とにかくレイキを実践するに限ります。人の体でも、自分の体でも手をあてていくほどに、ヒビキの感覚が研ぎ澄まされ、エネルギーの状態がよく分かるようになります。それは、自分の心の泉に映るエネルギーの波形に耳を澄ませるようなものです。
  
良くも悪くも、人は心に映るものを増幅させる力があります。喜びやしあわせを大きく輝かせ、悲しみや辛さ、痛みや不幸はなるべく増幅させないよう、心の鏡を磨いておくことは、癒しにかかわる人たちだけでなく、健やかで幸せな人生を歩みたいと願うすべての人にとって大切なことです。ネガティブなものが増幅される時、それは、自らの心の問題が浮き彫りにされているということです。「悪いものをもらった」と考えるのではなく、自分の心の問題に向き合うチャンスだととらえます。そういう時こそ、心の鏡を磨く絶好のチャンスなのです!そして、そのチャレンジを終えたとき、もう、その問題では揺さぶられない新しい自分がいるのです。
 
清らかで静寂な湖面ほど、くっきりと現実を映し出します。
    
冒頭にご紹介した本は、指圧の専門書ですが、その心や姿勢は、レイキのヒビキを感じる世界に深く共通するものです。また、経絡の解釈や感覚など非常に参考になります。わたしは、「経絡を2メートル先に延ばす感覚」という表現にピンときました^^。この本のおかげで、自分が体感しているエネルギーラインへの理解と信頼が深まり、自力整体を行った時の効果も格段にアップしました。「ヒビキを感じる感性」への理解を深めたい方、経絡にご興味がある方にはお勧めです!
【2010/04/16 09:09】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
風の城 レイキフェア
0411kadan.jpg
 
実は、今、風の城では夏至の日まで(除く4月27日~5月7日)レイキフェアを実施中です。風の城にてレイキ講座を受講された方、または、一度でもレイキヒーリングを受けられた方は風織のレイキヒーリングが3000円でお受けいただけます。おひとりおひとりのエネルギーの状態を感じながら、必要な場所にじっくり丁寧にレイキをさせていただきます。(ヒーリングのお時間は通常一時間程度ですが、その方の心身の状態により多少の前後がございます。)この機会を是非ご利用下さい
 
おかげさまで先日のAngelDayを境に、身も心も軽やかに、意識も冴え渡っています^^。皆様方をはじめ、いろいろな方面からのお力添えに心より感謝いたします。
 
ここに来て、一気に心の温度が上がったのも、腰にあった「冷え」がかなり溶解してきたせいでしょうか。気がつくと腸骨の上あたりにちょっと刺激されるとものすごく痛かった凝りがなくなっていました。思い返してみれば知らず知らずの間に、わたしの心はこの腰の冷えに影響を受けていたように思います。
   
もちろん、それまで、その腰の凝りに潜む重たい波動に自分が影響されていたなどという認識などみじんもありませんでしたが、この開放感とよろこびに満ちあふれた心の温度!いったいどうしたことだろう・・・。
 

過去の自分の体感を思い返してみると・・・。そうだ!心のどこかで感じていた「あのシンとした重たい波動」から解放されたのだ、ということに気がついたのです。その「シンとした重たい波動」こそが腰の冷えの正体だったのです。
    
いや~!これまた面白い体験でした。「冷え」が身心に及ぼす影響については、ヒビキの感覚から十分認識しているつもりでしたが、「冷え」がなくなることの快感と、体の「冷え」が心に及ぼす影響に関してものすごくリアルに体験させていただきました。
  
今は、わたしの腰は、それまでよりうんと温かく、動く度になめらかなエネルギーの揺らぎを感じます。こうなってみて初めて、「冷え」というエネルギーの停滞からくる居心地の悪さに、心も影響を受けていたことが分かります。
 
レイキや自力整体を通じて、日々自分の体を観察していると、時々こういう面白い体験があります。わたしにとって癒しとはそういう体験の積み重ねです。だからこそ、面白くてやめられないのでしょうね。
  
【2010/04/14 18:02】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0)
レムリアン水晶
remuria0407.jpg
 
レムリアライトヒーリングを受けた翌日に出会ったこのストラップ。握るととても心地が良く、とくに、小さな水晶(一応レムリアン水晶らしい)がわたしを引きつけてやみません。自宅の鍵につけて愛用しています。
  
購入した時は、そのシンクロが楽しくて気軽な気持ちで買い求めたのですが、ともに過ごす間に、「レムリア」のことが気になって気になって・・・。このたった一粒の水晶の音色が体にずっしりと響き渡るのです。
 

カミーノ ― 魂の旅路カミーノ ― 魂の旅路
(2001/06/22)
シャーリー マクレーンShirley MacLaine

商品詳細を見る

「レムリア」という言葉は、以前シャーリーマクレーンのカミーノを読んだとき目にしたのが初めてでした。当時はそれ程気にはならず、その後、「レムリアンシード」という言葉を聞いたりもしましたが、ネットで調べた程度で購入には至りませんでした。
  
Marikoさんのヒーリングで、わたしの中に眠るレムリア時代の記憶を示唆していただいたことで、封印されていた何かが動き出したのかもしれません。
  
そのせいでしょうか・・・。レムリアライトヒーリングの直後から、意識が確実に変化しました。自分の波動が格段にアップしたことを感じます。それまでも、何度となく自分のエネルギーが変わる瞬間は体験していましたが、これほどまでに明確にすっきりと感じられるものなのかと驚きをかくせません。
   
レイキが、冬の日だまりのような存在であるとするならば、レムリアライトヒーリングは、暗闇をサーチライトで照らすように、自身の課題を一気に浮かび上がらせ、認識させ、その人の成長を加速させるともいえるでしょう。
   
ヒーリングを受けて数日たちますが、心の泉にうつる風景はより鮮明になり、体の感度もアップしています。
 
そして、おもしろ半分で手に入れた、たったひとつぶのレムリアン水晶が、これほどまでに、私にレムリアのことを考えさせるということにも興味を抱いています。
【2010/04/10 17:42】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
偽伝写楽
bl.jpg
 
天使のララプレゼンツ(←ここのところ重要です^^;)偽伝写楽を見てきました。
 
スピーディな展開と軽快なリズムであっという間の2時間40分。ロック調のライブ演奏と鮮やかな照明に浮かび上がる江戸の町の風情。シンプルなセットながら、生き生きとした人々の暮らしぶりが伝わってきます。時代劇が好きだったころの昔の自分を思い出して懐かしくなりました。
  
描くのが楽しいから「写楽」。「描きたい」という魂の欲求のままに絵筆をとる「写楽」の姿は、それはそれは美しくまばゆいほどの輝きを放っていました。その自由で純粋な心の色に共感しているだけで、とても心地良く楽しいひとときでした。
 
今日が初日だそうです。ミュージカルでのソニンちゃんは初めてみましたが、迫真の演技で素晴らしい花魁ぶりでしたよ。声も魅力的でしたね。
 
純粋すぎる程ともいえる感性には危うさがつきもの。好きなことを表現していくことと、それを仕事にしていく上で必要な心のバランスについて考えさせられる、今日の舞台でした。今のわたしに絶妙なタイミングで見せていただいたように思います。素晴らしい機会をいただきありがとうございました。
 
劇場の帰り道、ふと煌々と明るい店舗が目に留まりました。近寄って見ると石屋さんでした。(普段裸眼で過ごしていますが、わたしは目が良くありません。)
 
夜も遅くのんびりはできませんが、感動ついでになにかちょっとしたものでも持ち帰りたいな・・・。そう思いながらさっと店内を見回して、ラブラドライトの小さなスフィアが気に入りました。台座とともにレジに持って行くと、店員さんは中性的な雰囲気が魅力的な若い男性です。左腕にスモーキークォーツとガーネットのブレスレットを2本重ねづけしていたのがとてもお似合いでした。
 
レジをしながら、「この商品を買うと全額寄付されるんですよ!」と差し出したのは、手作りの風合いがかわいらしいストラップ。
 
そして、とどめのひとことが、「ストラップについているちいさな水晶はレムリアン水晶なんですよ」。
 
そう、昨日の今日です。レムリアと言われれば・・・。もう、買うしかありませんね^^;。

はい、ちゃっかり、この小さな小さなレムリアン水晶も連れて帰りましたよ。

この素晴らしい夜の記念になりますね!
 
写真は観劇前にいただいた揚げテンペとグリル野菜のセットです。表参道の街もちょっと中に入るとおしゃれなカフェがあるのですね~。
【2010/04/08 00:09】 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
レムリアライトヒーリング
Muse.jpg
 
Marikoさんのレムリアライトヒーリングを受けました。この時のわたしの感想を、Marikoさんがご自身のブログにアップしてくださっています。是非、ごらんになってみてくださいね。
  
写真のブレスレットはMarikoさんがAngelDay当日にご購入くださったものです。「レムリアの波動を感じる・・・」とこのブレスレットを手にしながらわたしに教えてくれました。nicoさんのメッセージとともにこちらもブログでご紹介いただきました。「翡翠」という石をメインに使った作品です。年があけてしばらくして、ふいに翡翠に触りたくなって繋いでいるうちにすぐに形になったブレスレットです。
 
そのせいかどうかはわかりませんが、以前「レムリアンヒーリング」をnicoさんから受けた時よりも、レムリアのエネルギーに対する親和性が増しているような感覚がありました。nicoさんのレムリアンヒーリングを受けた時の記録はこちらです。
 
Marikoさんからのレポートでは、ハイヤーセルフのイメージなどは前回のnicoさんの時と共通しているのですが、わたしが成長し、強く大きくなった分、いただいたメッセージも今のわたしに寄り添うような力強いものでした。
 
自分のエネルギーの感覚と、直感や体感でかなりのことを受け取っていると思っていますが、それでも自分の感性だけでは限界がある場合もあります。今回もまたMarikoさんにサポートしていただくことで、光や風、せせらぎや波の音に不思議なほどのリラックスを感じる自分のことや、家族のこと、将来のことなど・・・。より具体的に、あるいは別の視点から言葉にしていただいて自分に対する理解が深まりました。そして、まだ自分ではそれほど自覚できていない可能性をも示唆していただきました。
  
Marikoさんのレムリアライトヒーリング。まだHPにはアップされていないようですが、ご興味のある方はMarikoさんに問い合わせしてみてくださいね。
 
Love&Freedome


PS. 先程、買い物に歩いて出かけてきたのですが、鳩尾が緩んでエネルギーの通りがよくなり、脊椎のひとつひとつがつみあがっていく感覚や、胸椎の背中側のウィークポイントが活性化されているのを感じ、とっても気持ちがよかったです
【2010/04/06 17:06】 | ヒーリング | トラックバック(0) | コメント(2)
溝の口 自力整体教室
ゆっこ先生の溝の口、自力整体教室、4月は22日(木)のみの開催となります。 

 午前10:00~11:30
高津市民館(溝の口まるい11F)
1回2,000円

藤林先生は、田園都市沿線でいくつか教室をもたれています。気さくで朗らかな先生です。そのほかの教室についてはこちらをご覧ください。  
お問い合わせ・お申し込みは藤林先生までお願いします
  yufmura@yahoo.co.jp

 

エンジェルデイの自力整体では、初公開の実技も教えていただきました。その後の集中レイキでは皆様いつもよりも気の流れが良いことを感じられたようですよ^^。
 
わたしはといば、エンジェルデイを経過し、大きく変化した心のエネルギーは体へも波及したようです。
 
今朝も体温は37度近くありました。(体感との関係性や、体の観察のために毎朝体温を測っています。また高温期であっても、わたしの場合36度9分から上はめったにないことです)5時半過ぎに自然に目が覚めました。
  
毎朝、洗顔時には、軽くぬるま湯で洗い流した後、美容液をのばしながら顔を触ってみます。親指をくちの中にいれて、残りの4本の指で頬を滑らせるようにしてみるのですが、この時に、口の中にいれた親指の感覚が左右で案外違うのです。このところずっと、やけに右側の口の中の方が広い感覚があったのですが、今朝は、その左右差が少なくなっていました。
  
骨盤の左右のアンバランスが、わたしにとってより良いレベルに調整されたのかもしれません。
  
昨晩の入浴時には、その日の体の具合について思いを巡らせながら湯船の中でレイキをしました。
 
目覚めの体温が37度を超えていたこと。その日レイキ交流会の時に、レイキサークル、ペアレイキで手をあてていただいた時、背中に身震いが走ったこと。夕方うがいをした時にほんの少し喉に違和感があったこと。
  
また、交流会では、目がおつかれの方が多かったので、自分も肝臓を中心にレイキをしてみると、脚の親指など主に肝のラインに重なるようにエネルギーが流れ、軽く冷えているものが流れだし調整されたような感覚がありました。
 
そして、今朝の目覚めの良さと温かな体。この数日で心のエネルギーが体へ波及する様子を短期間でも明確に感じ取ることができました。エンジェルデイのおかげですね

【2010/04/06 08:41】 | 自力整体教室 | トラックバック(0) | コメント(2)
メッセージ
song_of_angel.jpg
 
「純粋な子供の心を育むように、自分にも、そして、みなさまにも向かい合っていきたいです。」と二つ前の記事で綴りながら思い出しました。
  
実は、数ヶ月前、マザーテレサのキーホルダーを拾いました。道路沿いの自宅のブロック塀の上にそっと置かれていました。鍵がついていたので、念のため警察に届けておきました。
 
同時にマザーテレサのことが気になって調べてみました。ちょうど、今年は生誕100周年ということで彼女の映画祭が行われているようでした。こちらのサイトで映画祭の内容や彼女の姿を眺めているうちに一つの言葉が浮かびました。
 
「すべての人の母となりなさい」
 
う~ん。壮大ですね。わたしにとってはちょっと荷が重過ぎやしないか・・・。たじろぎながらも、この言葉の大らかさは気に入っていました。
  
そして昨日。エンジェルデイでnicoさんがわたしのために携えてきてくれたもの。それは美しいマリア様のカードでした。初々しく優しげなその横顔はわたし好みのマリア様です。その前に合った時、わたしに渡すつもりだったのに家に忘れてしまったと聞かされていたあのカードです。
 
いただいたそのカードをバラのポストカードの合間に差し込んで眺めていて、ふと繋がりました。


「純粋な子供の心を育むように」というのはまさに慈愛に満ちた母親の眼差しです。わたしにとってはそれこそが「すべての人の母となる」ということ。
 
マリア様とマザーテレサがそろって私に伝えてくれたメッセージ。ようやく今ここに完成いたしました^^。


冒頭の絵画はウィリアム・ブーグローの「song of agels」という作品です。
【2010/04/05 20:28】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
ギフト
0319panji.jpg
 
今朝は、高温期といっても37度を少し越えた体温でした。目覚めは悪くはなかったのですが、午前中、動作が緩慢で午後の仕事がなければ、横になっていたい感じもありました。
  
それでも、ゆっくりと体を動かしつつ、昨日受け取ったギフトを整理してことばにし、予定通り家を出ました。今日は、わたしが時折お手伝いさせていただいている香りの森のレイキ交流会です。
 
小雨模様の中、家から駅まで、ところどころで桜の息吹に癒されながら、武蔵境に向かいます。電車を降りて先生のお宅にいくまでにも、ちょっとした桜並木があるのですが、雨の中健気にわたしを迎えてくれました。夏には心地良い木陰を作ってくれるこの桜並木。短い区間ですが、好きな道です。
 
交流会で皆さんと接する中で、気がついたことがありました。昨日までの自分とはまた違う、より自然に、そして素直に何でも話せるわたしがいるのです。初めてお目にかかる方、すでにご存じの方とも、皆様とのコミュニケーションは、どれも温かく柔らかで優しさに満ちたものでした。ここでもまた、皆様とのふれ合いは天使たちとの語らいのようでした。
   
昨日受け取ったギフトがエネルギーとして取り込まれ、こうして形になっていることに驚きつつ、その素晴らしさを存分に体感させていただいたひとときでした。
 
帰り道、パン屋さんに立ち寄りました。レジのお姉さんの笑顔とやわらかな声の温もりがわたしの胸に飛び込んできました。「すごいな、この方は、こうしてたくさんのお客様に笑顔で接しているんだな・・・。」とまたしても心が温かくなりました。

【2010/04/05 19:25】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
その夜
0404sakura3.jpg


AngelDayを終え、皆様を見送った後、片付けをしながら余韻に浸っていました。hshimaはバンド練習に出かけてしまい、夕食の準備を気にする必要もありません。
 
その夜は、感動で胸がいっぱいで・・・。癒しが起きたせいでしょうか。左側の腰の痛みが急に浮上してきました。少し横になってレイキをしたらすぐに痛みはとれたのですが・・・。夜ベッドに入り、胸に手を当ててみると、胸のエネルギーがものすごい勢いで渦巻いて活性化されているのを感じました。


真の感動は癒しを起こします。自分の直感に従い、多少の葛藤はあったものの実行してみたことで、ハートチャクラがとても喜んでいたのでしょう。レイキをしているとぐんぐんエネルギーを吸ってくれて・・・。いつの間にか深い眠りに落ちていました。
 
昨晩は、その日の感動を書き留めたくてブログに綴ったものの、言葉がうまく出てきませんでした。今朝、ゆっくりと家のことをしながら、いろいろと昨日のことを思い返してみると・・・。
 
まるで夢のような1日でした。魂には今も、昨日のよろこびが充ち満ちています。
  
なぜ、こんなにも魂が喜び興奮するのでしょう?それは、「やりたいことを自由にやる」というわたしの欲求が満たされていること。そして、それだけでなく、そのよろこびが皆様の透明な心に反射され増幅されて、わたしのもとに帰ってきているからでしょう。
 
こうして風の城にいらしてくださる方々は皆、わたしにとって「地上の天使」。これからも、純粋な子供の心を育むように、自分にも、そして、みなさまにも向かい合っていきたいです。
 
写真は、AngelDayの前に歩いた桜並木です
【2010/04/05 11:49】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
AngelDayを終えて
0404.jpg
 
普段のレイキ交流会とは違った形で、みなさまへの感謝の気持ちをこめて何か開催したいと、今年になってふとひらめいたエンジェルデイ。おかげさまで、本日、無事終了いたしました。
 
「自力整体+レイキ+石」と終わってみれば、予想以上に盛りだくさんで、楽しく充実したひとときでした。はじめての方のために、より丁寧でわかりやすいナビゲートをしてくださったゆっこ先生、私のブレスレットをリーディングしてくださったnicoさん、そして今日、風の城にいらしてくださった皆様、心より感謝いたします。
 
自力整体の最中。ふと、過去の自分のイメージが浮かびました。そこには、いつもいつも「特別な子」でいたかった窮屈な自分の姿がありました。「特別な子」でいたいがために、勉強もスポーツも、絵も、習字もピアノも・・・。何でもがんばる子供でした。「特別な子」になれば、親からも他人からもたくさん褒めてもらえるし、自分の中でも鼻を高くしていられたからです。でもそれは健全ではありませんでした。なんでも「がんばる」習性はいつしか、自分が何が好きで何がしたいか?ということが全く分からなくなっていたのです。
  
でも、今は違います。こんなに自由にのびのびと、心の底から伝えたいと思うことを表現し、発信しています。ここまでたどりつく道は長かったな・・・と目頭が熱くなりました。
   
自力整体はもちろん、風の城に集まっていただいた皆様のエネルギーも手伝って、わたしの中の小さな傷がまた一つ癒え、新たな何かが流れ出したような気がしています。
  
ブレスレットをお選びいただいて、該当するメッセージを受け取っていただく時間も素晴らしいものでした。みなさん、今のご自分にフィットするメッセージをそれぞれ受け取られていたようです。ひとつのメッセージをきっかけにして、みなさまがご自分の「今」、あるいはそれに対応する過去を語りながら、話が広がっていく時間は、まさに豊かさの分かち合いです。次回は、こういう時間をもっとゆったりとじっくり味わえるようアレンジできたらいいですね。
   
わたしの気まぐれと、宇宙の采配によるエンジェルデイ。次回は未定ですが、開催できること勝手に楽しみにしています!!!
【2010/04/04 20:44】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(4)
AngelDay
0401sakura.jpg
 
昨日に引き続き、今日は雨も加わり、春の嵐ですね。
 
昨日は、二子玉までちょっと買い出しに出かけました。この辺りは大通りからちょっと裏道に入ると、閑静な住宅街。個性的なお宅も多く、散歩も楽しめます。この日はちょうど、小川沿いの桜が満開。強風にあおられてもまだしっかりと咲いています。
   
柔らかな、桜という花のエネルギーを味わうには、人が繰り出す前の、早朝の澄んだ空気の中歩くのが一番です。エンジェルデイの日は花の見頃でしょう。是非とも早起きして、近所の桜並木を散歩しておきたいですね。
   
昨日の夕食時、hshimaの顔色が気になりました。若干、青い気がしたのです。そこで、寝際にヒビキをとってみると・・・。背骨に沿ったラインも目立ったヒビキはなく、その他の背中部分も気になる違和感はありませんでした。ところが、胴部の両脇に両手を添えてレイキをした時にだけ、下腹部や足先などうっすらと残っていた「冷え」を感じました。
 
今回のhshimaの不調は珍しく長く続いたので、色々と勉強になりました。同じ人でも、季節により、また体調によってもヒビキが違うので、継続して観察していくことで見えてくるものあるのです。
    
この春の「ゆらぎ」のせいでしょうか・・・。明後日(4月4日)のエンジェルデイにもお一人さま空きができました。本日中に、メールにてご参加申し込みいただければ、受付可能です。
詳細は、こちらをご覧くださいね。


ありがとうございます。お申し込みは締め切りました。
【2010/04/02 10:10】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(2)
春のゆらぎ
0331.jpg

 
hshimaもわたしも、ようやく「春のゆらぎ」を経過しつつあります。
 
温かくなってきたことと、高温期であることも手伝って、今朝は5時過ぎに目覚めました。こんな時は、絶好のレイキタイム。
  
体調が万全でないながら、昨夜は飲み会に出席したhshimaです。(彼は飲み会大好きなのです!)大好きなビールは乾杯にとどめ、後は熱燗でやりすごしたそうですが、ここはレイキで体調チェックです。頸椎や腰など素直な熱感はあるものの、ここ最近感じていたような「冷え」は一切ありませんでした。
  
やれやれ、これでだいぶ春の風邪も経過したでしょうかね。多少の「咳」は残るものの、本人曰く「へびの皮が脱皮したようだ」そうです。まぁ、すっきりして体が軽くなったと言うことでしょう。よかったです。
  
わたしも、3月に入り体がガタガタしていました。空気が柔らかくなったせいで胸が開き始め、それが骨盤に波及し、またそれが胸に影響を与えるという感覚がありました。昨日あたりから、そのエネルギーが首の方にあがってきて背骨全体が調整され、ようやく春の体に適応してきたのかなという感じです。
  
そして気がついたこと。それは、冬の間、体温を維持するために自然と増えていた食事の量を、「もう温かくなってきましたからそんなに要りませんよ。減らしてくださいね」という体からのメッセージです。
  
空気が春めいてきたころから、寝起きの顔のむくみが気になっていました。その理由のひとつが「食べ過ぎ」にあったかもしれません。骨盤のゆるみで顔がむくむのかな・・・と思っていたのですが、それにしては、時期が早いような気もしていました。
 
その時点から、少し食事を減らしていれば、春のゆらぎがもう少し楽に経過できたかもしれませんね。
 
これから、どんどん温かくなります。ここはひとつ、体に入れる食べ物は少数精鋭にして、いままで我慢していたちょっと高い食材にも手を出してみようかな・・・などとワクワクしています。おいしいものは大好きですから^^。
  
写真は、Reiちゃんのママの手料理です。なんと、Reiちゃんのための離乳食。小さなお皿にちょこんと盛りつけられたその風貌があまりにも美しく、ママの温か~い心がこもった様子に思わず歓喜の声を上げてしまいました。ほうれん草とにんじんとしらすだそうです。これをだしで炊いたおかゆとともに、Reiちゃんの口に運ぶのですが・・・。
  
ちいさな子の食事タイムは、ママの我慢のしどころですね。最初は、ニコニコおいしそうに食べているReiちゃんですが、しだいに集中力がなくなって・・・。
 
「かわいいね」と微笑んでばかりはいられない、ママの「忍耐力」が育まれる瞬間を目の当たりにしました。
  
がんばれ~ママ!!!  
【2010/04/01 08:17】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(4)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。