レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
お腹のヒビキ
kamoniru.jpg
 
小雨がぱらつく中、散歩がてら買い物に出ました。今日は、ここ数日の中でも一番の暖かさ。空気にも潤いがあるせいか呼吸がとっても楽です。自然と胸が開き肩が下がりますね。
 
「歩く」という行為は、エネルギーを全身に巡らせるもっとも自然で効果的な動き。人の身体は動くことで全身にうまくエネルギーが巡らされるようにできているんだな・・・。そう実感してからは、日常の中で「歩く」ことを大切にしています。季節の空気の色を肌で感じながら、内側のエネルギーに耳を澄ませる。わたしにとって「歩く」とはそういう時間です。
    
このところの習慣として、朝6時に目覚めると30分ほど、そのまま寝床の中でレイキをします。目覚めた時の感覚で、自分にレイキすることもありますが、たいていは隣に眠る夫にレイキをさせてもらいます。
  
今朝は、おもしろい反応がありました。わたしは、夫のお臍と背中に手を当てて(片手は背中と布団に挟まれている状態です)、かなりぼ~っとしていました。ほとんど薄れ行く意識の中、ふと、不思議な感覚に気がつきました。
 
いやに薄っぺらいものに手を当てているな・・・。
  
恰幅の良い(^^;)お腹を前後から両手で挟んでいるはずなのに、厚みがほとんど感じられず、まるで板を挟んでいるような質感なのです。
  
不思議に思って本人に聞いてみると、「背中側は暖かいけど、お腹の方は重たい感じがする・・・」と。
  
なるほど・・・。そう言われてみれば、お腹側のエネルギーがずっしりと重くて背中側にくっついている感じ。それが厚みのない板のような感覚としてこちらに伝わってきたのかもしれません。
   
そのまま、30分ほどレイキしていると、エネルギーがふんわりと立ち上がってきてこの板のような感覚はなくなりましたが、おもしろい体験でした。
  
(翌日の朝は、もう板のような感覚はなく、悪寒を感じるような「冷え」が目立ちました。)
   
実は、夫は軽度の花粉症です。腰、肩胛骨、肩など、いろいろな場所にフォーカスしてレイキをしてきましたが、今年は、花粉症の症状もかなり改善しているようです。例年のように鼻水が止まらないという現象はまだ起きていないようですよ^^。 
 
写真は、この頃、夕食後にいただくカモミールティ。藍色のマグに、その黄金色がとってもお似合いです。
スポンサーサイト
【2010/02/26 17:19】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
8ヶ月
rei0225.jpg
 
8ヶ月を過ぎました。年が明けてしばらくしてから、お顔と頭皮の乾燥が激しかったReiちゃんですが、春の気配を感じはじめたころから少しずつ状態が良くなっています。
  
ちょうど、離乳食が始まった時期と、寒さと乾燥が厳しい季節が重なり、Reiちゃんの体は大変でした。この頃ではレイキをすると、背中もおなかも全体的にヒビキだらけという感じでしたが、今日は、幾分その気配が収束に向かいつつあるのを感じました。
   
背中全体を上から腰、股関節まで、おなか側はお臍を中心に、そして両脇からも・・・。トータルで一時間ほどヒビキが抜けるまでじっくりとレイキをしたのですが、冷えている感覚は随分少なくなり、どこも素直な熱感が顕著でした。
   
寝起きということもあり、最初、Reiちゃんはかなりご機嫌斜めで泣いてばかりでしたが、しだいにレイキの心地良さに身をゆだねてくれるようになりました。
  
レイキを受けながらニコニコしてこちらに手を伸ばしてわたしの髪をつかもうとしたり、時には手をあてているわたしの手をトントンたたいたり・・・。本当にかわいいReiちゃんです。
  
若さというギフト満杯の生まれたばかりの命に触れさせてもらえるのは、この上ない喜びです。こうして、純粋な命の輝きに触れさせてもらうたび、わたしたちは皆本来そういう存在だということを思い出させてくれます。
  
このところの体の変化のせいか、まるで生理の時のようなけだるさを感じて、夕方には横になって一時間ほどレイキをしながら仮眠をとるという日が続いていたのですが、Reiちゃんにレイキをさせてもらいながら、わたし自身もエネルギーアップ。今日は、仮眠をとることなく元気に夕食の準備ができました。久しぶりに「気」のはいったおいしい料理ができましたよ!
【2010/02/25 19:34】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
crose9224.jpg
 
4年前の今頃、ちょうど荒川静香選手がトリノ五輪で金メダルを獲得しました。目覚めてすぐに彼女の優勝のニュースを聞き、自分のことのように嬉しくて、わたしは心躍らせながら出勤しました。
  
そうか・・・。その頃はまだ仕事をしていたんだ・・・。オリンピックのフィギュアを見ながら、当時のことを懐かしく思い出しました。
 
その頃、独身時代にお世話になっていた会社で週に4日アルバイトをしていました。没頭していたバレエのレッスン代や発表会に出る為のお金が欲しいという動機ではじめた仕事でした。レッスンと家事に支障のない仕事という意味では理想的な職場でした。また、職場の人間関係も申し分ありませんでした。
  
荒川選手の金メダルから半年後。わたしは、自宅で「しあわせな空間」を作って何かしたいという漠然とした「夢」を抱きつつも、「レイキ」だけでそれを実現していけるのだろうか・・・という不安もあり、なかなか次の一歩を踏み出せないでいました。
   
でも、この同じ日常を続けていては、決して実現しない。このままでは可もなく不可もなくという感じで時間だけが過ぎて行く。
   
それに、もうここは私が居る場所じゃない。この場所にとどまり続けるということに対する「違和感」だけは確かでした。わたしは悩みながらも、その「違和感」だけを頼りに会社を辞めました。
   
独身時代に正社員として働いていた会社にアルバイトとしてお世話になった事で、正社員のときには見えなかったことをたくさん学びました。大会社の本社ビルを支えるためには、見えないところで汗水流して働いている人たちがたくさん居ました。それはアルバイトとして、正社員の立場では関わることのない現場を目にして初めて分かることでした。
  
正社員とアルバイト。同じ会社の中で、両方の立場を経験してみて初めて、それぞれの視点からは見えるものがこんなにも違うことに驚きました。正社員ではなくアルバイトという一歩引いた立場から大きな会社のシステムを眺めることは、わたしにとって新鮮な体験でもありました。
   
思い返せば、この時、会社を辞めたことが今の「風の城」に繋がっているな・・・。としみじみと思います。
  
オリンピックで活躍する選手を眺めながらふとそんな事を思い返しました。わたしはスポーツは見るよりやるのが好き。スポーツ観戦はめったにしないのですが、フィギュアだけは別。近頃のフィギュアは以前にもましてバレエ的な要素が取り入れられ、スポーツというよりは氷上の美の舞。とりわけ磨きあげられた一流選手の舞は見逃せません!
 
どの選手も、ベストを尽くせますように!!!明日の「渾身の舞い」楽しみにしています。
  
「きれいだよ!こっちを向いて~」写真はうつむき加減のクリスマスローズに手を添えたところです。
【2010/02/25 09:27】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
変わり目
panji0222.jpg
 
この間「立春」を迎えたと思ったら、もう「雨水」。2月も半ばをすぎ、本格的な「春」がもうそこまで来ています。
   
冬の間じっとしていた植物たちにも、新しい芽が顔を出し始めました。室内のウンベラーダや、南側の軒下で春を待つバラの鉢植え・・・。ミモザには、もうずいぶん前から花芽がついていてかなり色づき始めています。そして、その足下には、クリスマスローズの小さな花がたくさん顔を出しています。冬の間も元気に花を咲かせてくれるパンジーは、幾分背丈が伸びて葉の色も艶やかになってきました。
  
季節とともに移り変わる植物の姿からは、「自然とともにある」という生き方を教えられます。
 
厳しい「冬」を乗り切るため、彼らは小さく身を固め息を潜めてその時が過ぎるのを静かに待ちます。そして、春の到来を感じるとともに、その封印を解き、少しずつ活動を開始していくのです。
   
わたしはと言えば、まるで「省エネモード」ともいわんばかりに、冬の間はきゅっと小さく堅くしまっていた体がゆるみ始め、新しい季節に向けての準備が始まっているようです。
   
冬の間は、鉄のストーブに薪をくべるように、エネルギーの浪費を押さえ体を温めることに集中していたエネルギーが、春の訪れとともに分散していくのを感じているのかもしれません。道理で、冬は色々なものをため込むわけですね。適度な脂肪が暖かいコートになるわけです!
   
何があったという訳でもないのに、近頃、仙骨や、腰、股関節の付け根などに違和感を感じたり、また、その部分にレイキをすると意外に熱感があったりするのは、季節的な体の変化のせいかもしれません。ちなみに、ここ数日は、目に至るエネルギーラインにレイキが作用しているのを感じています。個人的には膀胱経との絡みかな・・・と思っているのですが。
 
そして・・・。眠たいです^^;。
   
みなさんは、この季節の移り変わりをどんな風に感じていらっしゃるのでしょう。こんな時は、心身ともに不安定になりがち。つらい時は、たくさんご自分に手を当ててあげてくださいね!
【2010/02/22 11:40】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
自力整体教室~3月~
今朝、目覚めるとあたり一面雪景色。こんな日はお家でぬくぬくとしていたものですが・・・。
今日は、自力整体の日。今月は会場の都合で溝の口教室がおやすみなので、南町田まで足をのばしてきました。
    
ご一緒させていただくだけで、そのしあわせの波動にこちらの方までワクワクと嬉しくなる・・・。このところ一段とパワーアップされたゆっこ先生のもと、気持ちよく自力整体をさせていただきました。
  
・・・と、自力整体での心地良いひとときを綴っていたところ、Hshimaがおもしろい記事をみつけました。それは、ピアニスト上原ひろみさんからのメッセージ
  
このメッセージを読むと、彼女が感じている「エネルギー」とは何なのか・・・ということがよくわかります。それは「愛」と表現することもできるでしょう。演奏をさせていただけるならばどこへでも!という音楽に真摯で純粋な彼女の姿勢は、どこの国に行っても人々の心をわしづかみにします。彼女はたぐいまれなる才能を生かし、並々ならぬ努力をして得た「ピアノ」という世界共通語で人々の心を愛と希望と喜びで満たして行くのです。
   
目には見えないけれど、確かにそこにある「何か」。わたしたち人間が発するものでもあるその「何か」は、言葉になるよりも早く、人の心から心へと波紋のように広がっていきます。
   
昼間のゆっこ先生と、上原ひろみさんのメッセージに共通なもの。それは、「自らの道を生きる」という魂の喜びに満ちた愛という名のエネルギーのバイブレーションなのではないかと思うのです。
  
・・・と話がそれました^^;。
 
ゆっこ先生の自力整体教室、3月のご案内です。
 
溝の口教室
毎月2回 木曜日 午前10:00~11:30
高津市民館(溝の口まるい11F)
1回2,000円

3月の開催日
3月11日(木) 10時~11時30分
3月18日(木) 10時~11時30分


溝の口会場は、会場がとれた場合のみ開催となります。参加希望の方はお手数ですが、4日前までにご予約ください。ご予約の人数により中止させていただくことがございます。 
   
藤林先生は、田園都市沿線でいくつか教室をもたれています。気さくで朗らかな先生です。そのほかの教室についてはこちらをご覧ください。
  
お問い合わせ・お申し込みは藤林先生まで。
  yufmura@yahoo.co.jp
【2010/02/18 20:36】 | 自力整体教室 | トラックバック(0) | コメント(2)
ギャッベ
gabe2.jpg

 
風の城Newヒーリングルームオープンに向けて着々と準備を進めております。岩塩ランプに引き続き、ヒーリングに一役買ってくれそうな温かなギャッベを見つけました。ギャッベとは、砂漠の国の女性たちの手による草木染めの絨毯のことです。
  
インテリアショップなどの店頭でも何度か見かけたことがあり、その素朴な風合いに以前から惹かれていました。いつか、玄関マットでも買えたらいいな・・・と。
  
それが、今回、なんとリビングサイズの大きなギャッベを購入してしまいました。きっかけは、風の城のお客様からの一通のメールでした。すでに、お気に入りの一枚をお持ちの方なのですが、「風の城にぴったりなものが見つかるんじゃないか・・・」とお思いになられ、信頼のおけるお店(Kavir)を教えてくださったのです。
 
何の気なしにそのサイトを訪れてみると・・・。
 
「あ!これはわたしの好きなあの絨毯!」
 
そこには、素朴な風合いのなかにも、心が豊かになるような暖かみのある作品がいっぱい。素敵だな~と色々見ているうちに、運命の作品に出会ってしまいました。その名も「踊るカシュガイ族の女性のギャッベ」。暖かみのある赤色に、踊る人が小さく描かれ、水辺をイメージさせるような青色が織り込まれています。
  
もう見た瞬間にとりこになってしまいました。眺めているだけで心躍るわたしにとっては特別なギャッベ。小さな部屋にはちょっとサイズは大きいのですが、もうこれにあわせてお部屋をレイアウトするしかありません!
   
たくさんの人の手を経て本日到着したギャッベはとても丁寧に梱包されており、心温まるお手紙まで添えられていました。Kavir(キャビール)のスタッフの方々は、本当にギャッベとそれを生み出す人々のことを愛されているんだな~と胸が熱くなりました。
 
ドキドキしながら広げてみると、思ったより重量感があり、ふかふかでとっても温か。まさに砂漠の国の女性たちの心の織物。ダイナミックな自然のエネルギーと、織り手の心の温もりが相まってとってもパワフルです。ともに居るだけで心豊かになる砂漠の国からの贈り物。
  
小さなお部屋がこの絨毯ひとつで一気にエネルギーアップです! 
 
心が豊かになる楽しくてあったか~いギャッベの世界はこちら・・・ Kavir
【2010/02/17 18:34】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
岩塩ランプ
salt lamp
 
風の城には、普段ほとんど使っていない部屋がひとつだけある。クローズされたその空間は、小さな和室で、年に一度か二度遊びに来る母親の寝室となっている。普段のヒーリングやレイキ講座は2階のリビングで行っているが、こじんまりした空間でのヒーリングもいいんじゃないかな・・・。
    
ということで、このところ密かに、小さな和室を趣あるヒーリングルームにするには・・・。といろいろと想いを巡らせている。そんな中、ネットで見つけ出したアイテムは、ソルトランプ。ヒマラヤ山脈の地下に眠る天然の岩塩結晶から、ひとつひとつ現地の職人さんの手作りだ。
    
幸いその通販サイトには実店舗があった。福生市にあるその名もオーロラ。あと一つ、候補のお店があったのだが、今回はオーロラの放つ不思議な気配にすっかり引き寄せられてしまった。
  
aurora.jpg
  
お店の中は、ちょっとした洞窟を想わせるユニークな空間。いろいろなタイプの岩塩ランプが展示されていたが、やっぱり実物はいい!自然のものなので、ひとつひとつ色や光の漏れ方、大きさ、形も全部違う。通販で送られてきたものとの「ご縁」もいいけれど、今回は、どうしても一目見て決めたかった。
   
そんなわたしが引き寄せられたコーナーは、なんと50パーセントオフのアウトレットコーナー。その中にひとつだけ、そのたたずまいになんとなく惹かれたランプがあった。お店の人に聞いてみると、「色も形も美しいのに、このランプには深刻なひび割れがあるんです。」とのこと。
   
大きな天然石となるとお値段が張って購入したくても二の足を踏んでしまう。それに比べれば岩塩ランプのお値段はかわいいもの。ネットで見てアウトレット品があると知ってはいたが興味はなかった。
   
お店の方は親切で、最後の最後までこの深刻なひび割れを心配されていたが、「まぁ、岩塩ランプを作るにあたり、相当の震動があるはずだし、それで割れてないのだから自宅に置いておく分にはまず大丈夫でしょう・・・。」と楽観し購入を決めた。なぜだか他のランプにしようという気がおこらなかったのだ。
  

自分でも、不思議な心境だった。値段が半額というのは確かにありがたいのだが、「訳あり」なのに購入をやめようとしないのはなぜなんだろう・・・。
   
帰り道、ありがたくも「助手席」で、この出会いにたどりつくまでの流れに思いを馳せていると・・・。ひとつの答えが導かれた。
   
「ほころびも傷も含めて丸ごと愛しなさい」
  
なるほど!
    
この日は、積極的に「ランプを買いに行こう~!」というよりは、「岩塩ランプを買いに行かないというのは違う気がする」というちょっと曖昧な気分だった。それでも、この曖昧な勘を頼りに出かけてみると、お店は米軍基地の真ん前!それまでにも米軍飛行機が空をかすめたり、広大な米軍基地の側を何度も通り過ぎた。なんだかいつもと違う流れ・・・。心地良さばかりではなく、現実世界の「ほころび」さえもしっかりと見せつけられているかのような勢い。
  
早速、風の城の玄関ホールで点灯してみたら・・・。なんてかわいいんでしょう!!!お店にいた時には気がつかなかったけれど、ランプの側を通る度、そして眺めるたびに心がプルプルっと喜ぶ。そして、もちろん和室にもぴったり。岩塩ランプがひとつあるだけで、心温まる豊かな空間に早変わり!
 
間接照明をすべて岩塩ランプで・・・というのも素敵かもしれないね。
【2010/02/11 17:49】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
立春
aissam.jpg
 
昨日今日と、なんて温かでまろやかな風なのでしょう。一歩表にでれば、その風の感触に、体がほっとして心が安らぎます。
  
日のエネルギーが乏しくなり、厳しく暗い冬。体も省エネモードで、余分なエネルギーを奪われまいとキュっ小さく小さくなっていた、そんな季節ももうすぐ終わりを告げようとしています。突然寒くなったり、体にとっては調整が大変な時期はまだまだ続きますが、そんな時期だからこそ、よけいなことに惑わされず(エネルギーの浪費をせず!)、体が無理なくこの時期を過ごせるように心穏やかに過ごしたいものです。
    
年中レイキを使っていると、そうした季節に応じて変わる「自然のエネルギー」に敏感になります。これからは、温かくなるごとにエネルギーも柔らかく伸びやかになってきます。暑い盛りにはそのエネルギーは全開し開放的な夏となります。夏のレイキは、エネルギーが自在に行き交う開放感を味わえるところがいいですね。
  
季節に応じた「エネルギー」を感じながら、無理なくその時その時を過ごすこと。効率や利便性を求めるあまり、いつの間にか失ってしまった「自然」の感覚でもあります。蘇り行くこの感覚が、わたしにとっては新鮮で面白く、飽きることがありません。
   
ただ「手を当てる」ことから始めたレイキがもたらしてくれたもの・・・。それは、計り知れない「自然の恵み」なのかもしれません。
  
波乗りを楽しむみたいに、自然のエネルギーの「波」とうまく付き合っていきたいですね!
【2010/02/10 09:57】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
ある日の交流会
cak.jpg
 
ある日の交流会の様子をHPにアップしました。風の城の交流会の雰囲気を少しでも感じていただければ嬉しいです。(ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。)
   
普段の暮らしの中で、ご家族やご自分にレイキをするというのも素晴らしい体験ですが、交流会では、「レイキをしてもらえる」ということが何と言っても心地良い体験ではないでしょうか。
  
慣れてくれば、別に手を当てなくても「レイキとともにある」という心地良さが生まれてくるものですが、実際に他の人から「手をあててもらう」という行為は、また格別です。
 
風の城のレイキ交流会は、特別なことは何もありません。彩りを添えてくれるケーキや、(風織の気分により、和菓子になることもあります!)集まってくださった方々とともに、レイキを通じて心地良いひとときを過ごしていただく。ただそれだけです。
  
わたしは、レイキというものに無限の可能性を感じています。「霊気」として日本で始まり、世界に広まったレイキ。今では、いろいろなレイキが世界中で実践されています。
  
わたし自身、レイキというものを、「あらゆるものをバイブレーションさせている」根源的なエネルギーと理解しています。といっても、普通は見ることも聞くことも触ることもできないものです。それをわたしの体感としてお伝えするならば、「木漏れ日の揺らぎの中、自身の中を流れゆく自然の風」です。
 
この「自然の風」は決して無理強いはしません。堅く閉ざされた窓をこじ開けるということもありません。その代わり、自ら心を開けば開くほど、その風はどんどん流れ込こみ、わたしたちをサポートしてくれます。
  
そんな「自然の風」の心地良さを風の城で体験していただく。それが交流会の目的のひとつでもあります。そして、わたしが皆さんに一番持ち帰っていただきたいもの。
 
それは、「しあわせなきもち」なのです。
 
2月28に日(土)の交流会の募集は締め切りました。
次回は、3月27日(土)です
【2010/02/08 09:58】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
フーレセラピー
フーレセラピーという、マッサージを受けてきました。
 
フーレセラピーは、手ではなく足を使ったマッサージ方法で、入江さんという方が西洋と東洋の理論を融合させ、中国に古くから伝わる足を使ったマッサージにヒントを得て開発された日本ではまだ新しい技術です。
 
手とは違う、足裏を使った刺激は、期待以上の体感でした。
  
足裏でサッと筋肉の表面をなでられたり、時には適度な圧力で刺激をしてもらったり・・・。足裏という「面」での刺激は初めての体感でしたが、干渉されすぎない心地良さというのでしょうか・・・。手にはない、クッション性のある足裏独特の感触が妙に心地良いのです!
  
足での刺激ですから、セラピストの方は専用の足袋をはいて、立った姿勢で施術を行います。そうすると、寝ている私と、セラピストの方との距離が、通常のマッサージよりも離れることになります。マッサージを受けるとその刺激で、呼吸が深くなったり、咳き込んだり、あくびが出たりしますが、互いの距離が遠い分、気遣いなくデトックスができるのです。こういう気楽さもフーレセラピーの魅力の一つかもしれません。
 
足ならではの「ダイナミックな刺激」も気持ちがよく、ものすごく気分がリフレッシュされました。
  
足を使う施術は、セラピストさんの体への負担も少なく、歩くことの少なくなった現代人には返って良い刺激になるということです。(これは、その前に施術してもらった主人の時のセラピストさんの様子を見ていても感じました。)お互いに、癒し癒され元気になる!というのはレイキにも通じる世界観です。
   
時には、こういう「肉体」への刺激も必要だと感じました。完璧主義の自己完結型という傾向があるわたしにとって、他の人の視点からのアドバイスや見解はとても参考になります。
    
エネルギーというのは、「今」そう思った瞬間から変えることができますが、それまでの「今」の蓄積の結果でもある肉体はそうはいきません。肉体を刺激されるたび、左右のアンバランス、足首、膝、腰、胸椎など、そこに潜む問題(課題?)の根深さを見せるつけられるようでもありましたが、それまでの自分がいるから今のわたしがいるんだな・・・という感慨を深くしました。
  
初回ということもあって、体全体をざっくりほぐしていただいたという感じでしたが、その晩はよく眠れました。そして、キャッチフレーズ通りもみ返しが全くなく、一晩眠った今日は、軽やかな爽快感が体にみなぎっています。とりわけ胸がよく開き、エネルギーの通りが良くなりました。
   
フーレ&リフレ&レイキサロンあうら(高津区久末郵便局近く)では、フーレの他に、リフレクソロジーや、レイキもメニューに取り入れられています。もともとリフレサロンでのお勤めの経験もおありになり、腕(脚も)は確かです!
   
布を使って上手く和室をアレンジされたセラピールームは、ちょっとした非日常感もあって落ち着く空間でした。身につけた技術をフルに生かして、コツコツと時を刻んでいる・・・。セラピストさんご自身の、そんな「自然な」時の流れを感じさせていただいた味わい深いひとときでもありました。
  
実は、こちらのセラピストさんは、風の城のレイキ講座の、記念すべき最初のお客様なのです。出会って間もない頃、ヒーリングをさせていただく機会をいただき、その後レイキを身につけるにあたり「風の城」を選んで下さったという経緯があり、オープン当時のわたしは、ものすごく勇気付けられたのです!
 
ほんとうに、ご縁に感謝ですね。
【2010/02/07 11:33】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
打撲
今日は、先日の雪の日以来はじめて車を使います。車に残っていた雪がすっかり凍っていたので熱湯をかけて溶かしていた時のこと・・・
 
足下が滑って、右膝をコンクリートの上に打ち付けてしまいました。幸い、転倒はしなかったのですが、片手に熱湯を入れた鍋を持っていたので危なかったです^^;。
 
部屋に戻りすぐに手を当てました。打撲は、直後のレイキがものをいいます。
 
この時おもしろかったのは、最初に、風邪の時のような質感の咳が続いたことです。あれ~。いつの間に風邪ひいたかな・・・なんて思いながら、その後、20分ほどじっくりレイキをしました。
   
その間に、風邪のような質感の咳は、「ちょっとした咳」程度になり、最後は普通のあくびになりました。あくびや咳などは、喉を経過していく時の質感でエネルギーの状態を感じることができます。(ある時期から「あくび体質」のわたしにとってこういう観察は大事なのです!)
 
主として「冷たさ」などのヒビキを感じましたが、打撲によってダメージを受けていたエネルギーの乱れがしだいに整ってくるのを感じました。おおかたのヒビキがとれたところで、レイキはおしまいにしました。
 
この後、自力整体をしてからすぐに出かける予定だったので悠長にレイキをしてはいられなかったのです。
  
自力整体を行っていると、右膝への直接の刺激は一切ないのですが、一時的に右膝が熱感を帯びているのを感じました。必要としているところにエネルギーが流れて行く、ということがよく分かる出来事でした。また、直後にレイキをしたのが功を奏したのか、膝をつくなどの自力整体の動作も支障なく行うことができました。
    
打撲というのは、放っておくと青あざができたり、後から痛みがひどくなったりしますが、直後にレイキをしておくと、その後の経過が全然違ってきます。直後の怪我などは、レイキをすると経過が早くなる分、一時的に痛みが増す傾向があるようですが、これも「ヒビキ」の一部だと思ってなるべくリラックスして味わうようにすると良いレイキの練習になります。(怪我の程度が深刻な場合は、必要な応急処置をして、病院に行く間や、救急車を待つ間を利用してレイキをしましょう!)
  
また、ヒビキの具合によって、打撲というのが、案外、体にダメージを与えているということがよくわかります。打ち所が悪いと、後々、体を悪くすることもあるといいますから、手を当てるだけで良いレイキは、こういう時、本当に役立ちます。
 
外出中、朝の打撲のことはすっかり忘れていました。夜、帰宅して確認してみると、わずかに赤みはありますが、腫れもなく痛みは全くありません。レイキの時間としては、少し短めでしたが、その後にたまたま行うことになっていた自力整体をしたことも良いサポートになったのだと思います。
 
放っておいたら、今ごろは大きな青あざと、痛みがひどくなっていたことでしょう!
【2010/02/04 18:56】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
自力整体教室~2月~
ranan29.jpg

 
先日植えたラナンキュラスも、だいぶ我が家の花壇に馴染んできたようです^^。この花びらの重なりと、丸っこいところがかわいくて好きなのです。
 
今月の、溝の口の自力整体教室は、会場がとれなかったのでお休みになります。ゆっこ先生のブログで他会場での教室のご案内などされていますので、ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。
 
わたしは、2月18日の南町田教室に参加予定です!
 
平成22年2月22日の昨日は、かねてよりの希望で、浅草橋の天然石屋さんをはしごしてきました。幸い(?)この日は、目が合う石との出会いはなかったのですが、初めての街に繰り出したことで新たな自分を感じたひとときでもありました。
 
【2010/02/03 12:43】 | 自力整体教室 | トラックバック(0) | コメント(0)
レイキ交流会~2月~
 風の城 レイキ交流会のご案内です。
募集は締め切りました。次回は3月27日(土)開催予定です。
  
日時 : 2月28日(日)14:15~16:30
場所 : 風の城
集合場所・時刻 : JR南武線久地駅 14時
参加費 : 2,000円(お茶・ケーキ付き)
      
早いもので、もう2月ですね。春に向けて、心も体も何だかワクワク!風の城にも、新しい風が吹いてきたようです・・・。皆さんは、どんな「風」を感じていらっしゃいますか?
    
風の城のレイキ交流会は、どなたでもご参加いただけます。レイキをする方、レイキを受ける方、両方の体験ができます。レイキの良い練習の場所として、また、レイキとの出会いの場所として、交流会をご活用ください。  
 
内容などの詳細はこちらをご覧下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
   
お申し込みはメールにて承ります。交流会に関するご質問などもお気軽にどうぞ!
 kazenoshiro777@gmail.com
                
(新しいメールアドレスです。今までのものも使えます。)
  
小田急線をご利用の方にはご足労をおかけいたしますが、交流会の際には南武線久地駅までお越し下さい。(登戸駅での小田急→南武線への連絡はこちらも参考になると思います。)
    
※ 終了時間は目安です。
参加人数等により延長になる場合がございます。
【2010/02/02 18:39】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
ジョギング
huranneru b
 
フランネルという花です。花茎をうねらせながら花を咲かせるその姿が気まま。動きのあるその存在感が魅力的なかわいい花です。
  
ふと、「走りたい」と思いました。このところの心身の大掃除で、新たに(いや、再びというべきか)エネルギーの通い始めた「道」たちが活動したがっている。そんな感覚を得たのです。
 
ダイナミックに統合的に体のバージョンアップを図りたい時には、ジョギングというのがわたしのお気に入りです。
   
レイキや自力整体を通じて、エネルギーレベルでの問題に意識を向けて暮らしていると、わたしたちの体は、血や肉だけではなく、何だか得体は知れないけれども確かにある見えないものの通り道があるという実感が出てきます。東洋医学でいうところの「経絡」と一致する体感も多いのですが、体感的には立体かつ複雑に絡み合い、細かすぎて経絡図を見ても記されていない場合も多々あります。
  
おそらく、治療に役立つ「経絡」が優先的に発見されていった為で、まだまだ発見されていないエネルギーの道があるのでしょう。先だって読んだ本にも、現代人特有の症状を従来の経絡では解決ができず、新たに有効な経絡を発見した指圧師の方の話がありました。
  
ジョギングをする時に面白いのは、走り始めた瞬間に、エネルギーが一気にどこまで上がってくるかという観察です。この日は、走り始めて数歩ですぐに首周りまでエネルギーがあがってきました。3日に一度は走っていた去年の9月の時点では、それが胸の辺りまででした。(この時は、ジョギングの効果で、胸部のエネルギーの流れがものすごく活性化し、その結果、骨盤内部の古い問題の顕在化に至りました。)さらに、その前の年の冬は鳩尾のあたり、そのまた前の年は骨盤までという風に、ジョギングを重ねるたびに変化してきています。
  
これが、頭頂まで一気にスコーンと抜けたら気持ちがいいだろうな~。と楽しみにしているのですが、今年の秋冬あたりに実現できたら嬉しいですね!また、今回は、このところ再生されつつある腎膀胱経がよく働いているのを感じました。足腰は大切です!!!
   
こうして自力整体でエネルギーの道を整え、レイキでほぐし、ジョギング(+チベット体操)で仕上げをする。その時々の内なる要求に素直に応じていった結果、そんなサイクルがいつの間にかできあがってきました。
   
何事もひとつで万全という訳ではなく、それぞれの長所を目的に応じて取り入れ、総合的にバランスをとっていくことが大切なのかもしれません。
【2010/02/01 12:56】 | ジョギング | トラックバック(0) | コメント(4)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。