レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
レイキと赤ちゃん
Reiちゃんです。生後4ヶ月半。ぷるんぷるんの赤ちゃん肌にとっても「乾燥」が応える季節のようです。顔や頭皮の一部がカサカサに!とりわけ額と頭皮の境目付近は皮膚の表面がぽろぽろになっています。そして左頬が若干赤みを帯びています。
 
これは、内臓の調子があまりよくないのかな・・・。
  
なるほど・・・。身体に手を当ててみると、いつもよりひびきが顕著です。肝臓のあたりには、痛みとぴりぴり感。腎臓のあたりには局部的に濃い感じの熱感があります。
  
まずは、Reiちゃんを膝に乗せて背面全体を両手で被うようにしてレイキしました。Reiちゃんはわたしの方を向いています。これで、肝臓も腎臓もカバーできます。
  
しばらくして肝臓のあたりは落ち着いてきたのですが、腰の辺りが根が深そうです。そこで、今度は腰と腹を両手で挟み込んでレイキをしました。ぴりぴり感や熱感などのひびきの他に、思いの外冷えている感じがありました。
 
この2ポジションで、間に休憩を挟みながら1時間はレイキをしたと思います。
 
すると、頭皮と額の境目のライン上に乾燥していた皮膚がきれいになり、頭皮上にところどころ見えた乾燥もなくなっていました。左頬の赤みもかなり解消し、左右のアンバランスはほとんどなくなり、ぷりっと小顔に!
  
お肌は内臓の調子を表わすと言います。履歴がまだほとんどない赤ちゃんだと、レイキをするとすぐに効果が出るので、症状と手を当てるポイントの関係性が非常にわかりやすく勉強になります。
 
また、ひびきがあるな~とおもってレイキをしていても、赤ちゃんがうんと伸びをしたり、身体をよじらせたり、あくびをしたりすると、大抵の場合それでひびきもスっとなくなります。
  
大人の場合でも、あくびが出たりすると一瞬ひびきが抜けるのですが、また奥からどんどんひびきが出てくる事がほとんどです。(軽い症状や急性のものはそうとは限りませんが)
   
今回も、Reiちゃんがおもいっきり身体をえび反りしたら、その後はすっとひびきが抜けてしまいました。
   
過保護にする必要はないけれど、普段からレイキの手で赤ちゃんの身体の調子をチェックしたりケアできればこんなに心強いことはありません。
  
ちょっと練習すれば誰でも「ひびき」がとれるようになります。たくさんのママたちにレイキを子育てに役立てて欲しいものです!
 
レイキを身につけたいママたち。是非、風の城にいらしてくださね~
スポンサーサイト
【2009/10/29 18:21】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
記憶
昨日の夜のこと。ベッドで横になりながら、夫の腰にレイキをしていた。ひびきの感じは昔に比べてうんとよくなったけれど、まだまだ。ひびきの探索には事欠かない。
  
それでもエネルギーの状態は以前のような荒々しい感じはなくなっている。頻繁にレイキをしていくと、エネルギーの状態が変わっていく。個人差はあるけれど、きめ細かくまろやかになっていく傾向がある。
 
う~ん、寒気がするな・・・。こういう冷えはため込まない方がいいんだよね・・・。
  
夫の「ひびき」に耳、(いや体と言った方がいいかもしれない・・・)を澄ませながら、いつの間にか現実と眠りの狭間に意識が滑り込んだ。
 
「ぶ~ん」という何か電動機械が動くような音が近づいてきたかと思うと、同時にいろいろな声が聞こえてきた。細かい内容は覚えていないけれど、しあわせとは真逆の情景のようだった。
 
心地はよくなかったが、おそらくわたしが体験した過去の記憶だろうという気がして、息をころして耳を澄ませていた。真っ暗闇でわたしには何も見えない。聞こえてくるのは情景の音と人の声。その中には自分と思われる声もあった。
 
はっきり覚えているのは「そうするしかなかったのよ」という女性の声。空爆か何か・・・背後には戦争の音がした。その女性が誰なのかははっきりしないが、身内か親しい間柄なのだと思う。何も見えないのに、その人のイメージだけは浮かんだ。お手伝いさん風の下半身をすっぽりと覆うロングスカートとエプロン姿だった。
  
「そうするしかなかったのよ」
この台詞を彼女は何度も口にしていた。もしかしたら、私が勝手にリフレインさせていただけかもしれない。悲痛な叫びだった。
   
いつまで続くのだろう・・・。戦闘音を聞きながら息を潜めていると、しばらくしてその情景はもう聞こえなくなった。気がつくと、夫の腰に当てていた両手がすっかりしびれていた。
   
いろいろな状況の中で、そう生きることしか選択肢のなかった時代。その時の苦しみやしがらみは忘れて、自分を生きろということなのか。
 
もっと自由に! もっと大胆に!!!
 
真っ白なカンバスに、何でも描いていいんだよ。
 
そう告げられたような気もする・・・。
【2009/10/28 13:16】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
朝レイキ
akinohi.jpg
 

朝のひととき。目覚めてはいるけれど、もうすこしこの温もりに包まれていたい・・・
 
布団から出る時間がだんだん遅くなってきました。今朝は目覚めたのが6時。まだ布団から出たくないな・・・。
  
そこで隣の夫にレイキをしました。時間としては25分くらい。左肩を痛めているので、肩を両手で挟んでじっくりレイキしました。
 
夫は、会社の活動で実業団ソフトボール部の応援団に所属しています。プラカードを持って一般のお客さんを先導したりするので、その左肩に疲労がたまるようです。このところ週末や連休は応援が重なりその疲労がピークに達していました。
 
鈍痛があるというので、その部分にはちょこちょこレイキしていましたが、それでもじわじわと奥の方からひびきが出てきます。熱感を増しながら、痛みが出ては消えるというサイクルを3回くらい経過したでしょうか。その間にも、フワッ、フワッと手を当てている部分が緩んでくるのがわかります。
  
今朝のレイキの後、左肩を動かしながら、だいぶ楽になったと言っていました。前夜、就寝時にベッドの中で腰によくレイキをしておいたのも良かったのでしょう。
  
夏の間は朝のお布団レイキはすっかりご無沙汰でしたが、これからはお布団での朝レイキが心地良い季節です。
 
お互いベッドの中ですから、リラックス度としては最高。こちらのレイキの流れも良いし、受け取る方のレイキの吸いっぷいもお見事!さむい時期には、朝のお布団レイキが、わたしにとっては至福のひと時です。
【2009/10/28 08:21】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
「赤」の季節
そぼ降る雨にこの寒さ。うっかりすると心の芯まで冷えそうです・・・。
 
そこで登場したのが、我が家の冬のアイテム。アラジンストーブ。
 
アラジン ブルーフレームヒーター 39シリーズ BF3906-K ブラックアラジン ブルーフレームヒーター 39シリーズ BF3906-K ブラック
()
日本エー・アイ・シー

商品詳細を見る
 
 
黒いボディのガラス窓から覗く青い炎のゆらぎ。長らく大きく変わることのないデザインは美しく愛嬌があります。小さくても味があるその姿を見かける度、おもわず頬が緩んでしまうのです!
 
吹き抜けのある玄関ホールで焚いておくと、小さな我が家全体の空気が次第にやわらかく温もりを帯びてきます。本当にかわいいヤツです^^。 
  
そしてもうひとつ。寒い季節の必携といえば、そう、川井郁子さんのバイオリンの音色であります。うちでは断然、秋冬に登場回数の多いアーティストです。
   
新世界(初回限定盤)(DVD付)新世界(初回限定盤)(DVD付)
(2008/07/23)
川井郁子

商品詳細を見る


アルバム「新世界」の音色が、それまでにも増して艶やかで柔らかなのは、多忙ながらも幼子とともに過ごす「母」としての日々の積み重ねのせいでしょう。美と逞しさが共存するだけでなく、「生」への愛おしさが満ちあふれています。
 
そんな郁子さんの音色はわたしにとっては「赤」のイメージ。凍った心も溶かすほどの、強く優しくしなやかな「赤」です。
 
わたしの大好きな「赤」が一番映える季節は・・・
  
やっぱり冬!
赤いセーターを着られるのが待ち遠しいです。 
【2009/10/26 09:24】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
レイキ交流会~11月~
 風の城 レイキ交流会のご案内です。
                 
日時 : 11月14日(土)14:15~16:30
場所 : 風の城
集合場所・時刻 : JR南武線久地駅 14時
参加費 : 2,000円(お茶・ケーキ付き)
   
秋の深まりとともに冬の足音すら感じさせる今日この頃です。すっかり日も短くなり、太陽のエネルギーが取り込みにくくなっています。朗らかな秋の日には、日光浴で心も体もキラキラに!
  
風の城も冬時間になります。レイキ交流会の開始時間を30分早め、久地駅への集合時間を14時に変更させていただきました。
  
風の城のレイキ交流会は、どなたでもご参加いただけます。レイキをする方、レイキを受ける方、両方の体験ができます。レイキの良い練習の場所として、また、レイキとの出会いの場所として、交流会をご活用ください。  
 
内容などの詳細はこちらをご覧下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
   
お申し込みはメールにて承ります。交流会に関するご質問などもお気軽にどうぞ!
 kazenoshiro777@gmail.com
                
(新しいメールアドレスです。今までのものも使えます。)
  
小田急線をご利用の方にはご足労をおかけいたしますが、交流会の際には南武線久地駅までお越し下さい。(登戸駅での小田急→南武線への連絡はちらも参考になると思います。)
    
※ 終了時間は目安です。
参加人数等により延長になる場合がございます。
 
【2009/10/23 09:45】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(0)
akaimi.jpg
  
秋という「気」のせいでしょうか・・・。基本的にワクワク元気のわたしですが、妙に心が落ちついて大人びた気分なのです。まぁ傍目には、どこが~?と笑われそうですが・・・^^;。
  
ということで、もちろん走る気分にもならず、その気になるまでジョギングはお休みです。かわりに、いつもは駆け抜ける公園をゆっくりのんびり味わってきました。
 
平日の昼間だというのに案外盛況で、小さいお子さん連れのご家族、年を重ねられたご夫婦など・・・。ポカポカ芝生の上でちょっと早いお弁当を広げていました。
  
ほかにも、課外授業なのか、赤白帽をかぶった小学生たちが木の実をさがしにきていました。子供達の元気な声に先生の号令。懐かしいな~。
  
少しずつ色づきはじめた木の葉の下で、老若男女、さまざまな人達が自然の中で伸びをしていました。そんな光景をバックに、ときどき散り行く落ち葉の黄金色が、時を止めるかのように静かに輝きます。
  
わたしはといえば、携帯でうまく切り取れそうな光景を見つけてはベストショット(おおげさ!)を撮るために楽しく悪戦苦闘したり、日の光で温まった石の上で少し瞑想したり、はたまた芝生の上で寝そべって日光浴・・・。
  
一人で好き放題!!!持参した本はまたしても役に立ちませんでした。
  
やっぱり人は自然が大好き。こうして癒されたくて緑のオアシスに集まってくる。こんなに自然にお世話になっているんだもの。普段からもっと自然と仲良く、そして地球に優しい心でみんなが生きられたらいいですね!
【2009/10/22 11:45】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0)
石とレイキ
エネルギーの高まりを感じる時、それが新月であるということがあります。そういう時、うまい具合にイベントが入るとより一層気分が高まります。
  
昨日はちょうどレイキ交流会でした。それぞれにレイキを愛する方々に集まっていただき、何とも心地良い一時を過ごさせていただくことができました。今もまだその余韻に包まれて、わたしの心は日だまりのようにポカポカです。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
 
交流会では、お互いにレイキをしあったり、一人の人を数人でレイキしたりしますので、短時間でも効率良くエネルギーアップが図れます。また、複数の方の体に手を当てることができますので、いろんな「ひびき」を体感するチャンスでもあります。
 
そして、皆さんのレイキ体験をお話いただけることも楽しみのひとつです。昨日は、ちょっと面白いお話を聞くことができましたのでご紹介させていただきますね。
 
数日前のこと。歯の治療(神経を抜いたそうです)で麻酔が切れた後、痛みが出てきたのでグリーンのフローライトを小袋に入れたまま頬に当て、両手で包むようにしてレイキをしていたそうです。
  
いつのまにか眠ってしまい、目覚めるともう痛みはすっきりとなくなっていました。すぐに夕食の支度にとりかかることができたのですが、後になって小袋から石をとりだして見ると・・・
  
何とグリーンのフローライトが粉々に砕けてしまっていたそうです。
 
まさに、自然の不思議!わたし自身これほどの体験はないのですが、レイキを始めたばかりのころ小さな水晶にお世話になったことがあります。
 
ある日、レイキのセッション中にあくびが止らなくなり、体から出ようとする何かにあくびの方がおいつかなくなってしまいました。呼吸もままならない程になり、苦しさも増してきます。どうしたものか・・・。戸惑いながらも、当時我が家に一つだけ有った小さな水晶の丸玉を握ってみました。
 
すると、す~っと何かが石に吸収されて呼吸が随分楽になるのが分かりました。おかげで、その後は石を握ったままヒーリングを続けることができました。
 
その時は、確かに石が何かを吸ってくれているという感覚が有りましたが、幸い割れてしまうと言うことはなく、今でも部屋の片隅でキラキラとわたしたちを見守っていてくれます。
  
おそらく、フローライトの件は、その石の限界を超えてしまったのでしょう。
  
「もう僕がんばったよ・・・。さようなら・・・
 
割れるということは、そんな石からのメッセージだったのかもしれませんね。
  
次回の風の城 レイキ交流会は11月14日(土)を予定しています。日も短くなってきたので開始時間を30分ほど早めるつもりです。詳細はまた改めてご案内させていただきますね。
【2009/10/19 08:20】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(4)
自力整体教室~11月~
 藤林先生の自力整体教室のご案内です。
  
わたしも月に1回は参加させていただいている自力整体教室です。矢上先生のDVDで自宅で行うのも良いですが、時々、教室に参加させていただくのはとっても良い刺激になります。
 
ゆっこ先生の誘導は親切でわかりやすく初めての方でも安心ですよ!
 
エネルギーラインを調えて、心身ともに軽やかに。
一緒に自力整体を行いながらお互いにエネルギーアップしましょう。
   
溝の口教室
毎月2回 木曜日 午前10:00~11:30
高津市民館(溝の口まるい11F)
1回2,000円

11月の開催日
11月4日() 10時~11時30分
11月19日(木) 10時~11時30分


溝の口会場は、会場がとれた場合のみ開催となります。参加希望の方はお手数ですが、4日前までにご予約ください。ご予約の人数により中止させていただくことがございます。 
 
藤林先生は、田園都市沿線でいくつか教室をもたれています。気さくで朗らかな先生です。そのほかの教室についてはこちらをご覧ください。
  
お問い合わせ・お申し込みは藤林先生まで。
  yufmura@yahoo.co.jp
【2009/10/17 07:44】 | 自力整体教室 | トラックバック(0) | コメント(0)
生後4ヶ月
091001m.jpg
 
地に沈みゆく大気の気配に、深まり行く秋色を肌で感じる今日この頃です。
  
さて、ひさびさのReiちゃんです。ふっくらプリプリ!昔の西洋絵画の赤ちゃん天使のように愛らしくすくすくと育っています。
 
そんなReiちゃんですが、昨日は顔が少しむくんでいました。お肌もちょっと乾燥気味で、ほっぺが赤くなっています。左側の頬はそれが顕著で若干腫れもあります。もしかして水分の排出がうまくいっていないのかな・・・。
  
気温も下がり汗をかかなくなりました。水分の排出は尿がほとんどになるので、腎臓に負担がかかっているかもしれません。
 
そこで、腰の辺りに手を当ててみると・・・。
若干のぴりぴり感があり、しだいに熱感も出てきました。案の定、左側の方がひびきが大きく、同時に左頬に手を当てると、腰のひびきも増大します。これは関連があるなと思い、そのまましばらく頬と腰にレイキをしました。ひびきが治まるまで結局30分くらいはレイキしていたでしょうか。
   
すると、むくんでいた顔はすっきりと小顔になり、お肌の状態もしっとりしてきました。左の頬の腫れもすこし引きました。
  
体も小さいですし、生後まだ4ヶ月。ちょっとレイキしてあげれば、大人のように疲労の蓄積がない分、回復が早いです。
 
この時は、よほどレイキが心地良いと見えて、わたしの膝の上で目をぱちくりさせながらおとなしくレイキを受けているReiちゃんでした。その様子がちょっとおかしくもありましたけれど・・・。さすがに、最後にはウトウトしていました。
 
こういうちょっとした変化に気がついた時に、すぐに手を当ててみる。たいしたことがなければそれで良いし、あれ?と思ったらよく手を当ててみればいい。ひびきが抜けてしまえば終わりです。もしも、どうにもおかしいようなら専門家の助けを借りれば良いのです。
 
そして、何より、そういう気遣いが赤ちゃんにとっても「愛されている」という安心感として伝わります。
これは、大人子供関係なく、レイキを通じて関係性が改善されていく要因のひとつでもあるでしょう。
  
この翌日には、Reiちゃんの頬は、更に頬の赤みがひいてお肌がきれいになったそうですよ。
【2009/10/14 22:55】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
レイキ交流会 ~10月~
 風の城 レイキ交流会のご案内です。
                 
日時 : 10月18日(日)14:45~17:00
場所 : 風の城
集合場所・時刻 : JR南武線久地駅 14時半 
参加費 : 2,000円(お茶・ケーキ付き)
   
自然の風が心地良い季節になりました。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋・・・・と、いろいろなことにやる気がわいてきます。皆様にとっても実り多き秋になりますように!!!
 
風の城では、レイキ交流会を開催しています。レイキをする方、レイキを受ける方、両方の体験ができます。レイキ実践者の方の良い練習の場所として、また、レイキが初めての方には「レイキとの出会い」の場所として、交流会をご活用ください。

レイキが好きな方、レイキに興味がある方でしたらどなたでもご参加いただけます。レイキが初めての方も大歓迎です。
  
レイキを通じて楽しい一時を過ごしましょう。
    
内容などの詳細はこちらをご覧下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
お申し込みはメールにて承ります。交流会に関するご質問などもお気軽にどうぞ!
 kazenoshiro777@gmail.com
                
(新しいメールアドレスです。今までのものも使えます。)
 
小田急線をご利用の方にはご足労をおかけいたしますが、交流会の際には南武線久地駅までお越し下さい。(登戸駅での小田急→南武線への連絡はちらも参考になると思います。)
 
受付は終了いたしました。次回は11月中旬を予定しています。
【2009/10/14 09:45】 | レイキ交流会~風のつどい~ | トラックバック(0) | コメント(6)
愉気
tousontei.jpg
 
台風一過の翌日、またしても大磯を訪れました。今回は車ではなく、川崎から50分程、のんびりと各駅停車の旅です。普段は出かけるにしても短時間での乗り換えが多く、一時間近くも同じ電車に乗るなんて遠いな~と思っていたのですが、読む気満々で持ち込んだ本も役には立たず、心地良いまどろみの中、あっという間に大磯に着いてしまいました。
  
駅のホームに降り立ったとたん、あの大磯の風がわたしを迎えてくれました。今や駅はどこも同じ顔になりつつある中、「大磯」の駅舎は小さいけれども味があります。毎日こんな駅の顔を見て出勤するのなら楽しそうだな~。・・・なんて、よそ者の気楽さですね。
  
目指すは、桃の家さん。写真は目印にと覚えて置いた藤村邸です。ここで開催されている整体の集まりに参加してみました。
  
そもそも「整体」に興味を持ったのは、手当てに関する文献を探す中でのことでした。レイキに関する良書はそんなにもあるものではなく、レイキでなくとも「手当てに関する情報はないものか・・・と色々探していくうちに野口整体にたどり着きました。そこでは手を当てることを「愉気」といいます。
 
野口先生が愉気する時の心の有りようを、「天心」とか「ぽか~んと青空を見上げるような気持ち」とか表現されていますが、これはレイキをする時の心と通じるものがあります。野口先生の著書を読む度にその世界観に興味が沸くものの、実際にはなかなか整体の世界に触れる機会はありませんでした。
 
そんな時、桃の家さんで整体の集まりがあると知りました。
  
その日は、この会の節目でもあり、「愉気」ということについてのお話や、その実習もありました。おかしなもので、手を当てることには慣れているはずなのに、先生の説明の通りに実際に「愉気」をしてみる段になると、普段レイキをする時の癖が出てしまいました。頭では分かった気になっても、体は正直です^^;。
 
この後は、整体の「操法」というものも初めて体験させていただきました。意外にも、「操法」をしていただいた後に先生からいただいた言葉は、「考えすぎ」。
 
こんなにも好き勝手に暮らしているのに!?
 
そういえば、先日もある方に、「よくそんな事まで考えるよね~。それじゃ疲れちゃうよ。」と言われたのですが、そのこととも通じているかもしれません。
   
自分ではそういう自覚がなかったのですが・・・。そういう自分では気づいていない部分を指摘されるのも良い刺激になります。
  
愉気と操法。この日の「生(なま)」の体験から得たものは、時間はかかるかもしれませんが意外な形でわたしの中で実を結びそうです。
 
帰りがけに桃の家さんのマドレーヌを見つけ、お土産にと思い二ついただきました。一つはマドレーヌ好きの夫へ・・・のつもりが、あんまり美味しくて、帰りの電車を待つ間に駅のホームで二つとも食べてしまいました。
 
香ばしくてサクサクしておいしさがギュッと凝縮されたような素晴らしいマドレーヌ。大磯の美味しい空気と一緒にいただくその味は最高でした!!!
【2009/10/10 17:30】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(2)
心を入れる

  
温かい飲み物が身に染みる季節になりました。うちでは、いろんな薬草がバランス良くブレンドされた「おんせん茶」を愛飲しています。(写真のマグの中はおんせん茶)
  
もともとは、義母が帰省する度にお土産にと持たせてくれたのがきっかけで、美味しいのでいただく度に飲みきっています。飲み安くほっとして体が喜ぶ感じの味わいです。
  
それから、もうひとつ。あるお宅で入れていただいた事がきっかけで飲み始めたのがジェイソンウィンターズティです。実際には、ウーロン茶ベースのものをいただいたのですが、わたしは本来のハーブの味が楽しめるリンクのタイプを愛飲しています。
   
たいていは、この2種類のお茶を気分に応じて飲み分けています。風の城にいらしてくださる方にもお出ししていますが、皆さんにも美味しいと好評です!?(わたしが目の前にいるせいかもしれせんが^^;。)
  
特に、ジェイソンウインターズティには、初めて口にした時になぜだか惹きつけられました。不思議に思ってその飲み物について尋ねてみると・・・
 
「ジェイソンウィンターズティ」と言って、世界の三大ハーブをまぜあわせて飲んだところ癌が治ったというものすごいお茶なのだ!!!
 
という面白いエピソードが聞けました。癌におかされたジェイソンさんが、体に効くものを・・・と世界中を探し求め三大ハーブにたどりついたらしいのですが、それぞれ別々に試しても効果はなく、ダメ元で3つをブレンドして飲んだところ癌が消えたということでした。
 
おそらく、そのお茶に込められた開発者ジェイソンさんの熱い想いが、わたしを惹きつけたのだろうと思います。このお茶を手にする度、命がけで想いを形にした彼のサクセスストーリーが頭をよぎります。(缶にはジェイソンさんの顔が印刷されています)
  
数あるお茶の中でも、縁あってわたしの元へとやってきた「おんせん茶」と「ジェイソンウィンターズティ」。意識した訳でもないのに不思議とわたしの暮らしに溶け込んでいます。そう思うと、なんだか愛しくてますますお茶をいれる姿勢も正されるというものです!
   
どんなに良いものでも「心を入れる」つもりで注がなければおいしいお茶にはなりません^^。
 
お茶を入れるとは、まさに「心を入れる」瞬間でもあるのです。 
【2009/10/06 08:27】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2)
いのち
kimonshiro-hand.jpg
 
久々に青空が見えた朝。早朝のジョギングを終え、軽い朝食をとった後、家の中のことをして外に出ました。外回りを掃くにはちょっと遅い時間ですが、日によって物事の優先順位が多少変動します。
 
箒を手に掃除を始めると、ミモザの木で、やけに黄色に変化したサナギに目が留りました。珍しいなと思って近寄ると・・・
 
そのサナギの先端が少し開いています。今まさに、蝶がサナギの殻をやぶり外に出ようとしているところでした。即座に携帯をとりに戻りたいところですが、ぐっと我慢して様子を見ていると、あれよあれよという間に殻を脱ぎ捨てあっという間に殻の外に出てきました。
 
羽はまだしわくちゃで小さく丸まったまま。今脱ぎ捨てたばかりのサナギの殻に、ヨロヨロと何とか留っています。いや~!こんなにも短時間で「スルリと」蝶が出てくるとは思いませんでした。携帯をとりに部屋に帰っていたら完全に見逃していたでしょう。
  
生まれたてってどんな感じだろう・・・。そう思って手を出かざそうとしたら、なにやら胴体の先端から数滴液体がたれました。人間でいうお小水なのか???なんなのか分かりませんが、危うくわたしの手に直撃するところでした。
  
すんでの所で難をのがれ、手をかざしてみると軽い痛みを感じました。まだ外界に出たばかりで、エネルギーの状態が安定していないようです。そうしている間に、しわくちゃだった羽がどんどんのびて綺麗になりました。この間、ほんの数分だったと思います。
  
さらに手をかざしていると、痛みはなくなり、エネルギーの粒子がだいぶそろってきた感じがしました。この写真のころには、手をかざすと、軽い熱感の中にも温かくずっしりとした重さのあるエネルギーが感じられました。
  
小さいけれども確かにある手の中の命の重さ。
  
エネルギーとか、気とか・・・。こういう感覚をどう表現したら的確だろうか・・・。ということをいつも考えているのですが、「エネルギーとは命」。
 
そんな表現も有るかもしれないと思った朝でした。
【2009/10/04 14:21】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(4)
大磯
ooiso.jpg
 
高田律子さんの作陶展に、導かれるようにして訪れた大磯町。古くは伊藤博文など要人の避暑地として有名だったそうです。立ち寄りそびれましたが、途中、藤村が晩年を過ごしたという邸宅も見かけました。
 
写真は、海岸の方へと続く風情在る石畳の坂道。海と山に挟まれたこの地の風は柔らかくおおらかで伸び伸びとしていました。藤村が最期の地としてこの町を選んだのも分かる気がします。
 
momonoya2.jpg
 
藤村邸のすぐ側にめざす桃の家さんはありました。門構えからして漂う昔懐かしさに少しドキドキしながら訪ねると・・・。そこには、古き良き時代の日本の佇まいがありました。古い民家をご自分達で手直しされたのだそうです。
 
窓際に並ぶのは高田さんの作品の、ほんの一部です。どれも高田さんらしさが伝わってくる上品で優しげな器たち。主張しすぎることはなく、使う人の日常に違和感なく溶け込んでくれる慈愛に満ちています。
 
桃の家さんでは、オーナーさん手作りのケーキと入れ立てのコーヒーをいただきました。こだわりの材料と真心のこもったケーキは、素材の持ち味が存分に生かされ、一口いただく度になんともいえない心地良さに包まれる味わいでした。今度は、お料理の方もいただいてみたいですね。
 
こちらでは整体の勉強会も開催されているそうです。 
 
大磯。新たに知ったこの町の新鮮な風の香りが、なにやら新しいムーブメントを起こしてくれそうな気がします。
【2009/10/03 19:13】 | たび | トラックバック(0) | コメント(0)
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。