レイキのある暮らし
風の城☆かおるのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
創造のエネルギー
0703.jpg


傍らに、緑のあることの、なんと豊かなことでしょう。


今年は、真夏の暑さを少しでも緩和したいと願い、二階の窓辺に朝顔を這わせてみました。


ここは、ちょうど、レイキ講座や、レイキレッスンで、みなさまと過ごす窓辺。真夏の午後のひと時が、すこしでも快適になればうれしいです。


そしてまた、ちょうどキッチンの真正面なので、台所仕事をしていると自然と視界に入ってきます。


彼らと目があう度、すっと心の軸が正されるというか、自然のリズムにチューニングされる感じがとても心地よいです。


こうして、ブログを書きながらも、ついつい彼らを眺めてしまうんですよ(笑)。


先日の風のつどいにご参加いただいた方から、こんなメールをいただきました。その一部をご紹介させていただきますね。


土曜日の練習会に参加させていただた時にやはり何かが変わったようで、つい先日まで仕事場でも電車でもエアコンの寒さに身体の芯まで冷えていたのが、うそのように手足が暖かくて驚いております。

参加させていただいて本当によかったです。ありがとうございましたm(_ _)m



うれしいですね!


実は、はじめてこうした練習会にご参加されたということで、この日は、レイキサークルの時から、お体が暑くて仕方がないご様子でした。


そのあと、ペアでのレイキも、一斉レイキのときも、とにかく暑くて、ヒビキを感じるどころじゃないといった具合でした。誰に手をあてても、どこに手を当てても、お体の暑さばかりが感じられたようです。


特に、具合が悪いとか、心地の悪い暑さではないようでしたので、そのまま継続してご参加いただきました。


わたし自身は、レイキをしたりされたりという体験の中で、ここまで暑いと感じたことはないのですが、おそらく、レイキをすることで、ご自身の体がレイキにものすごく反応していたのでしょう。


レイキはわたしたちの治癒力を加速します。


ちょうど、体が変化のエネルギーを必要としている時に、みんなで集まってレイキをしたので、まってましたとばかりに、体がエネルギーを吸収して、必要な変化を起こしたのでしょう。


程度の差こそあれ、レイキは、いつでも、わたちが宿している自然な力を見せてくれるなと思います。


それは人間の意図の及ばない、宇宙の創造とも言えますね。


わたしが、何年やってもレイキに飽きないのは、この創造が面白いからにほかなりません。


レイキは、わたしたちを存在たらしめている創造のエネルギー。


こんな表現も、最近のわたしのお気に入りです。


スポンサーサイト
【2013/07/04 13:32】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
あたらしい「受容」のかたち
20213.jpg



それは、一粒のしずくが水面におちて広がった瞬間、波紋を描くと同時に、柔軟な水面に吸収されて、ひとつになったように感じられました。


これは、昨日、「痛み」に対する意識を変えた瞬間におこった、わたしの中でのできごとです。


体感で受け取ると同時に、わたしの中に、そのイメージがくっきりと浮かび上がり、とてもドラマティックな体験となりました。


実は、波紋というのは、わたしが大好きなイメージです。


わたしたちはだれもが

喜びの波紋を描く最初のひとしずく


これは、わたしが、もう何年も前に意識の蓋が開いた直後から抱いているわたしたちの「在り方」としてのイメージです。


「在る」というよろこびのバイブレーションがひとりひとりから波紋のように広がって、この地球を覆いつくしてしまったらどんなに美しいことだろう!


と今でも本気でこの未来を思い描いています。


そこに、今回の体験で、広がるという波紋の性質の他に、吸収するという水面の柔軟性を見ることができました。


痛みとひとつになった時の、あの、エクスタシーと言ったら・・・。


あの瞬間、わたしの「痛み」は、わたし自身のふくよかな「水」によって、やわらかに受け止められ、まるで溶けあうようにその「水」とひとつになった。


なめらかで、あたたかで・・・。そして弾力のある水。そうか、わたしたちは、そういう「水」でもあるわけだね。


この新たな「受容」のイメージに、いま、とてもワクワクしています。


この時の「痛み」の体験は、くわしくは、こちらに綴っています。よろしければ、ご覧くださいね。


【2013/02/22 12:54】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
ひとりひとりがマスター
0215.jpg


もう、救世主なんて必要ないんじゃないかしら?


スピリチュアルな情報は、こんなにも満ち溢れているし、あとは、ひとりひとりがそれを「生きていく」ことだけ。


もう、暗闇ばかりをみつけて、ああでもない、こうでもないとそこにとどまっている時代は終わったのです。


これからは、光を感じて、光を実践し、光を生きる。


そういう時代にどんどんなっていくと思います。


ひとりひとりが、自身のマスターとなり、本来の自分と繋がって生きて行く。今のこの地球のありようが、わたしたちひとりひとりの心の映し鏡だとすれば、こんなに早くて確実な方法って、実はないと思うんですよ。


以前は、こんな事を心の中でひそかに思い描いていたのだけれど、今は、こういうことを話しあい、実践する仲間もできてきて、時代が確実に代わっていることを実感しています。


だって、わたしの身の回りにこれだけの方がいるんですもの。おたがいに見つめ合い、感じあい、刺激しあって、ポジティブに変化する方向性のパワーを増幅して高めていったら、闇のパワーはどんどん力を失っていくことでしょう。


もちろん、闇、そのものがなくなってしまっては、わたしたちの成長の糧は失われてしまうから、闇の在り方も変わってくるんじゃないかと思うのです。お互いのパワーを奪いあい足をひっぱりあうための闇ではなく、自身の学びのきっかけとしての闇。


そういう闇には、もう、争いを生んだり、奪い合ったりするパワーなんてないのです。


光に満ちれば満ちるほど、こころの小さな陰りも分かるものです。そうした陰りをポジティブに変化していくためのきっかけとしての「闇」。


そういう「闇」に気がつくたびに、意識を開いていけば、闇がどんどんポジティブに変化されます。


わたしたちは、みな、そういう力を持っています。


その力を、今生で発揮させ、この地球を愛と美のかがやく星にしていけるかどうかは、自分次第。これからの、この星の未来は、そういう人たちの数がどれだけ増えていくかにかかっているでしょうね。


もう、気づいてしまったんですよ。
わたしも、その一人だということに。
そして、この「変化」の時を「目覚め」の体験として味わう喜びを満喫するために、わたしは生まれてきたってね。


これが、わたしの魂の青写真であることは間違いないでしょう!


2/23(土)レイキ交流会~風のつどい~お申込み受付中です!初めての方も大歓迎。レイキを一緒に楽しみましょう!お申込み、お待ちいたしております


【2013/02/15 09:40】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
意図のパワー
risetta.jpg


夕食の準備中に、指先に軽いやけどをしました。鍋のふたの、すっかり熱くなってしまっていた部分を不意に触ってしまったのです。


その瞬間から、わたしの中にある、「やけどとはこういうもの」というビジョンが構築されるのを感じつつ、即座に冷たい水で冷やしました。同時に、これはレイキの仕事に障るな、とも思っていました。


ところが、そこで気がつきました。


そうか!ここでわたしが決めればよいのだ。


「そうはならないのだ」と。


そうひらめいた瞬間、わたしは冷やすのをやめ、レイキをすることさえせず、もうやけどのことは忘れてそのまま夕食の準備を続けました。


食事を終えて、そうだ、さっきのやけどは・・・と見ると、どこにやけどをしたかもわからないし、やけど特有のジンジンする感覚もありません。赤くなってもいないのです。


そうか、そうか、こういうことなのか。意図の力を使うということは。


今回の場合、やけどといっても軽度のものだったことで、「そうはならない」という現実を選択することへの抵抗がおきにくかったこと。仕事に触るので即座に治したい、という緊急性と必要性があったことで、心の底から純粋に「そうはならない」という現実を選択できたために、うまく行ったのでしょう。


長年レイキをしてきた体験から、わたしの中では、「病気になるもの自分なら治すのも自分。体は、治っていく順序を知っている。だから、わたしたちは、ただ寄り添ってレイキを流すだけで良い。レイキはその経過を加速する。」という観念が構築されています。


ゆえに、ヒーリングの最中に意図を使うということに関しては、まだまだ抵抗があるのですが、現実の中で上手にこの手の意図を活用してかれるようになると、レイキの中に上手く意図を融合していくことができる日がくるのかもしれません。


実は、以前からそんな日が来るのではないかと楽しみにしていました。


そして、将来的にはそうなるのではないか、とどこかで思っている自分がいます。


写真は、二子玉川のカフェリゼッタです。大好きな場所のひとつです



【2013/02/08 21:30】 | レイキ | トラックバック(0) | コメント(0)
魂のよろこび
0608kouen4.jpg


あたたかで、やわらかで、希望に満ちた時間でした。


発せられる輝くことばの数々。そこには、世界を愛するという生き方の態度を選択した、魂の喜びがありました。


数年来レイキをやってきて、わたしが、こつこつと、心と体で覚えてきたことが、ようやく今、すこしずつではあるけれど広がりはじめているように感じています。


大切なことは伝えようとして伝わるものでもなく、グラスの水が満ちてあふれていくように自然に伝わっていくものなのですね。


そのためには、自分という器を満たして満たして満たしていく。わたしにできることはただ、それだけ。


いま、力が抜けてとてもいい感じです。


頼れるものは魂の羅針盤。
そのセンサーはわたしのハート。
ハートで感じる肌触りを大切に、これからも、わたしにできることをコツコツを続けていきたいと思います。


今日という時間をありがとう。あなたとともに過ごしたこの時間の肌触り。忘れずに生きていきたいと思います。

【2012/06/12 19:14】 | レイキ | トラックバック(1) | コメント(0)
次のページ
ご案内

kaoru

Author:kaoru
~風の城~

風の城のレイキ練習会

自力整体教室のご案内

ひまわりの会でおなじみ
ゆっこ先生の
自力整体教室はこちら
レイキとの相性抜群ですよ~☆

いいね!でご参加ください

Mail

レイキヒーリング・アチューメントに関するご質問などお気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

リンク

Moon Age

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。